ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電気代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電気代」に関する情報が集まったページです。

「賃上げを予定している」企業は85.6%、2016年度以降で最高を更新
東京商工リサーチは「賃上げに関するアンケート」調査の結果を発表した。2024年度に賃上げを予定している企業は85.6%で、定期的な調査を開始した16年度以降の最高を更新したことが分かった。(2024/2/23)

AIが漫画を描いて、人間は確定申告に奔走――そうならないための付き合い方を考えてみた
「AIはゲームをするのが仕事で、人間は確定申告といった役割分担になるとディストピアですよね」――深津貴之さんはこう話す。そうならないための付き合い方とは。(2024/2/22)

調査レポート:
2024年の賃上げ予定企業、建設業では87.8%に 大企業と中小企業で実施率の差が拡大
東京商工リサーチによると、2024年度に賃上げを予定している企業は85%を超え、建設業では87.8%に達していることが分かった。一方で賃上げ率の中央値は前年度を下回り、建設業でも同1ポイント減の3%にとどまった。(2024/2/22)

EVに求める航続距離と充電時間は:
日米欧中におけるEVの消費者ニーズを調査
矢野経済研究所は、「日米欧中におけるEV(電気自動車)の消費者ニーズ」についてアンケート調査を行い、その結果をまとめた。この中から、「EVのイメージ」や「消費者が求めるEVの航続距離と充電時間」に関する調査結果を公表した。(2024/2/20)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:車両・設備の選定から施工まで、EV運用の課題をまとめて解決するサービスとは
世界的なカーボンニュートラル推進を受け、自動車業界では電動化への取り組みが加速している。その一方でユーザー側には、充電設備などの課題が山積している。EV運用の課題を解説するとともに、効率的な解決策を見て行く。(2024/2/16)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:動画で学ぶ脱炭素経営の潮流、非化石証書制度の概要や最新の市場動向を解説
脱炭素経営の取り組みが進む中、“二酸化炭素を排出しない”という環境価値を証書化した「非化石証書」を取り入れる機運が高まっている。非化石証書制度をはじめ、経営層や環境関連部署担当者が知っておくべき最新動向を解説する。(2024/2/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーこそDX人材になれ! 常識を壊す旭鉄工の経営
旭鉄工のDXは、製品やサービス、ビジネスモデルの変革、業務、組織、プロセス、企業文化・風土の変革を実現し、競争上の優位性を確立した。どのように進めたのだろうか。(2024/2/15)

つらい花粉症を和らげる秘訣は「対流花粉」対策――石井正則医師が伝える空気清浄機と床掃除の重要性
花粉症シーズンがやってきた。最近では、屋内外問わず「つらい」と感じる人が増えている。飛散量が例年並みと予想されている今シーズンをどのように乗り切ればよいだろうか。アイロボットジャパンの「住環境における花粉対策 メディア向けセミナー」でゲストスピーカーを務めた石井正則医師(耳鼻咽喉科)の話を聞いてみよう。(2024/2/8)

東急不動産、渋谷の複合施設に「スタートアップ区画」 敷金0円、電気代など無料
東急不動産が、渋谷の複合施設「渋谷サクラステージ セントラルビル」にスタートアップ向け区画を開設する。床面積は約60坪。什器・家具付きで、電気代や清掃費、引っ越し費用などの諸費用は東急不動産が負担。敷金も0円という。賃料も同社が補助する。(2024/2/6)

積雪時にエアコンから異音 → 実は故障ではなく…… ダイキンによる「雪の時のエアコントラブル回避法」がためになる
覚えておきたい。(2024/2/5)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラの運転支援「オートパイロット」って実際どうなの? 「モデル3」オーナーが感じた“能力の高さ”とは
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。(2024/2/1)

パナ、AI制御で電気代削減 2020年代後半に世界展開へ 業務用、サブスク検討
世界的な脱炭素の流れに加え電気代高騰で、業務用空調の省エネニーズが高まっており、電機各社には新サービスや製品を打ち出す動きが広がっている。(2024/1/31)

パナ、AI制御で電気代削減 2020年代後半に世界展開へ 業務用、サブスク検討
パナソニックホールディングス(HD)が人工知能(AI)で業務用空調を制御して電気代を削減するサービスを2020年代後半に海外展開することが30日、分かった。まずは今年4月から国内のオフィス・店舗向けにサービスを始め、米国や欧州などに広げていく。世界的な脱炭素の流れに加え電気代高騰で、業務用空調の省エネニーズが高まっており、電機各社には新サービスや製品を打ち出す動きが広がっている。(2024/1/30)

ZEH:
賃貸住宅で住戸ごとに接続できるEV充電設備を全国展開、積水ハウス
積水ハウスは、入居者売電方式の賃貸住宅「シャーメゾンZEH」において、住戸ごとに専用接続できるEV(電気自動車)の充電設備を設置する全国での体制を構築した。(2024/1/29)

電気代高騰は追い風 ワークマンやドンキの進化する「着るこたつ」
消費電力が大きいエアコンを使わず、温まることができる「着るこたつ」注目を集めている。各社が発売する着るこたつの特徴や消費者の反応、売れ行きをまとめた。(2024/1/25)

PR:机上がスッキリ! “仕事はかどる外付けディスプレイ” アイ・オー・データ機器の「BizCrysta」を編集部で使ってみた
(2024/2/6)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(7):
省エネで有価物も得られる新たな窒素循環技術の開発
窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回は筆者がプロジェクトマネージャーとして進めているムーンショット型研究開発事業の概要をご紹介します。(2024/1/24)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
「ゲーミング着るこたつ布団」が話題 ゲーマーの「寒くても暖房を付けられない」に着目
日本の伝統的な暖房器具である「こたつ」。最近では、従来通り机にセットして使うだけでなく、「着る」タイプも登場するなど進化を遂げている。こうした中、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」を手掛けるビーズ社の「ゲーミング着るこたつ布団」が集めている。開発秘話を同社に聞いた。(2024/1/23)

関西電力株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:空調の省エネで電気料金削減と脱炭素を実現、AIを活用した空調制御の実力
空調の省エネは電気料金削減や脱炭素に向けた有効な対策だが、それによって室内の快適性が損なわれてしまっては、業務に支障が出てしまう。そこで注目したいのが、AIを活用した制御によって、省エネと快適性を両立するソリューションだ。(2024/1/23)

関西電力株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:初期費用ゼロで脱炭素経営とコスト削減を推進、太陽光発電サービスの実力とは?
脱炭素経営の第一歩として太陽光発電設備を設置する企業が増加しているが、高額な初期費用や維持管理に伴う負担から、導入を断念するケースも多い。企業のこうした悩みを解消するサービスを紹介する。(2024/1/23)

PR:従業員にもサイフにも優しい これからのビジネスに必要なオフィス機器とは? 有識者に聞く
(2024/1/22)

ニトリ、留守番中のペットに水と餌をあげる「自動給水器」「自動給餌器」の販売開始
ニトリは留守中でもペットに自動で水や餌をあげることができる「自動給水器」「自動給餌器」の発売を販売を開始した。(2024/1/20)

知らないと損!?業界最前線:
ダイキンの“ピンポイント暖房”が売り切れ目前 開発者に聞いたヒットの理由
光熱費の高騰で暖房器具に省エネ性がより求められるなか、10月発売のダイキン工業「ハイブリッドセラムヒート」が注目を集めている。価格は6万円超だが、23年度の出荷分はすでに終了し、店頭在庫しか残っていない人気商品だ。開発経緯と人気の理由を企画担当者に聞いた。(2024/1/20)

メイドインジャパンの現場力:
新型冷蔵庫は整理整頓の促進で省エネ貢献、三菱電機 静岡製作所のモノづくり
三菱電機では静岡製作所において報道陣に冷蔵庫の新製品を発表するとともに、静岡製作所の冷蔵庫の生産ラインを公開した。(2024/1/18)

小寺信良のIT大作戦:
震災で意識高まる「家庭内蓄電」 太陽光の“卒FIT”にポータブルバッテリーメーカーが注目する理由
ソーラーパネルを屋根に設置した家庭が増えてきた。太陽光発電の設置を義務付ける自治体も出てきているが、固定買い取り制度(FIT)により優遇されてきた売電価格は年々減少傾向にある。そこで各バッテリーメーカーが注目しているのが、売電システムを自家消費システムへ転換する「卒FIT」である。(2024/1/18)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済の「請求書払い」、使っていますか?
スマートフォン決済アプリの隠れた競争要素として「スマホ決済」があります。しかし、口座振替やカード払いをしている私は使う機会がありません……。皆さんはどうですか?(2024/1/14)

太陽光:
太陽光発電のコスト動向が公表、FITに「ペロブスカイト区分」を創設する新案も
FITやFIP制度における買取価格などの検討を行う調達価格等算定委員会(第91回)で、国内の太陽光発電のコスト動向が報告された。また今後、ペロブスカイトなどの新たな太陽電池の普及促進を念頭に、新たな発電設備区分の創設を検討する方針が明かされた。(2024/1/12)

やさしいデータ分析:
[データ分析]相関係数 〜 気温と電気代に関係はあるのか?
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第13回。変数同士の関係の強さを表す相関係数の計算内容を仕組みから理解します。Excelを使って手を動かしながら、相関係数の意味や求め方、落とし穴などについて学んでいきましょう。(2024/1/11)

「タダ電」2度目の値上げ 無料範囲を月6500円分→月5000円分に 単価上昇、基本料金も
新電力プラン「タダ電」を運営するエスエナジーは、1月15日から値上げする。(2024/1/10)

ヒーターを揺らすワンコ、そのワケは…… 飼い主を見つめる寒がりワンコのおねだりがかわいい【スペイン】
「寒いからヒーターつけようよ!」(2024/1/9)

法制度・規制:
「再エネ賦課金逃れ」防止へ自己託送要件を厳格化、新規受付は一時停止に
太陽光発電などの自家発電設備の電力を、自社拠点内で融通する仕組みとして利用されている「自己託送制度」。政府ではこの制度の利用について、制度趣旨を逸脱した事業が多発していることから、要件を厳格化する方針を決めた。本稿では自己託送制度の仕組みから、厳格化される新たなルールの概要について解説する。(2024/1/5)

暖冬でも爆売れ、山善の「着る電気毛布」 数万件のレビューを分析して見えた改善点
電気代の高騰による節約意識の高まりから、節電タイプの暖房器具が注目を集めている。家電メーカーの山善が手掛ける暖房アイテム「くるみケット」もその1つだ。開発担当者の加美将希さん(同社家庭機器事業部)に話を聞いた。(2024/1/4)

Amazon初売りセール:
人気のディスプレイも対象に!? アイ・オー・データ機器が2024年初のAmazonセールに多数出品
2024年のAmazon初売りセールに、アイ・オー・データ機器が出品している。リモートワークや動画配信に便利なビデオキャプチャやストレージ類などに加え、ブラックフライデーセールで売り切れてしまったモデルも出品中だ。(2024/1/3)

ソフトバンク、スマホ・固定回線・電気料金の減免と支払い期限延長措置
ソフトバンクは、1月1日に石川県能登半島で発生した地震災害に伴う支援措置として、スマートフォン・携帯電話、インターネット・固定電話、ソフトバンクでんきそれぞれのサービスで料金の減免や支払い期限の延長を行う旨を公式Webサイトに掲載している。(2024/1/2)

KDDI、通信料金・電気料金の減免や支払い期限の延長など 無料でデータ復旧も
KDDIは1月2日、1日に石川県能登半島で発生した地震災害に伴う支援措置として、「通信料金などの支援措置」「受付手続きの緩和」「PC・スマートフォンなどのデータ復旧サービスの支援措置」「電気料金の支援措置」「携帯電話の貸し出し」を行うと発表した。(2024/1/2)

2023年に購入したプチプラ仕事アイテムはこれだ!
値段が安い(プチプライス)のに役立つアイテム。この2023年に使ってみて、特に仕事でも利用できるものをまとめた。(2023/12/31)

そういえばいつフィルター掃除したっけ? ダイキン公式が教える「エアコン掃除」の方法
やるか……エアコン掃除!(2023/12/27)

太陽光:
マンション屋上の太陽光発電で入居者の電気料金を割引、阪急阪神不動産が神戸市で
阪急阪神不動産が神戸市で販売する同社の分譲マンション「ジオ神戸三宮」において、太陽光発電で発電した電力を専有部の電気使用量から差し引き、各住戸の電気料金を低減するシステムを導入する。(2023/12/25)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
気になるテスラの「電気代」「整備費」 丸2年乗ったモデル3オーナーの、ランニングコストの総額は?
TeslaのModel 3に乗り始めてから2023年9月の時点で2年が経過しました。今回は消費電力や整備費用など、家計簿的な目線でこの2年を総括します。(2023/12/24)

知らないと損!?業界最前線:
アイデア家電サンコーの「着る暖房」が、6億の売り上げを稼ぎ出した舞台裏
「着る暖房」が注目を集めている。ここにきて一気に寒さが増してきたが、光熱費の高騰により暖房器具の選択は切実な問題だ。着る暖房はエアコンなどとは異なり、人だけを暖めるため省エネ効果が高い。着る暖房を数多く手がけるサンコーのプロダクトマネージャーに今季製品の新機能などを聞いた。(2023/12/23)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(6):
排水中の窒素化合物を除去/回収する技術の現在地
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。前回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術を紹介しています。今回は廃水処理用技術を説明します。(2023/12/20)

猫に暖房はいらない? 設定温度や留守中の注意点、寒さ対策を紹介
寒さに弱いというイメージありますよね。猫のいる家庭で暖房器具を使う際の注意点など紹介します。(2024/1/9)

Amazonホリデーセール:
PC周辺機器が最大33%もお得! アイ・オー・データ機器のセール情報をチェックしよう
Amazonホリデーセールが開催中だ。さまざまなジャンルのPC周辺機器を展開するアイ・オー・データ機器も出品しており、液晶ディスプレイやWi-Fiルーターといったアイテムを多数出品している。最大値引き率は33%で、そろそろ買い替え時、というものがあるのであれば、壊れる前に買い替えておこう。(2023/12/17)

SNSから人気拡大、ニトリ「スマホ毛布」 若者向けに開発も、意外なユーザーから支持
電気代の高騰による節約意識の高まりから、消費電力が大きいエアコンを使用しなくても温かくなれる商品が注目を集めている。こうした節電ニーズとスマホを組み合わせて生まれたのが、ニトリの「スマホ毛布」だ。(2023/12/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜクルマは高くなってしまったのか 高額化に恩恵を受ける人も
自動車の価格がどんどん高くなっている。製造コストや開発コストの増大に加えて、先進装備の充実や安全性向上も求められているからだ。メーカー、ディーラー、そしてユーザーにとって、高額化はどのような意味があるのか。(2023/12/15)

太陽光:
「ペロブスカイト太陽電池」の開発動向、日本の投資戦略やコスト目標の見通しは?
次世代の太陽電池として普及が期待されている「ペロブスカイト太陽電池」。その開発動向や市場創出に向けた日本政府の投資戦略などを紹介する。(2023/12/13)

プロジェクト:
HARUMI FLAG、板状マンション2690戸が完成 2024年に入居開始
東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の跡地で整備が進む大型複合開発「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」で、中層の分譲マンション(板状棟、2690戸)が2023年11月に竣工し、報道陣に公開した。2024年1月から入居が始まる。(2023/12/12)

法制度・規制:
「くらしGX」を実現へ――家庭・業務部門の省エネ・非化石転換政策の今後
政府では「暮らし」に関連する需要家分野のGXを「くらしGX」と呼び、重点分野の一つとして分野別投資戦略の策定を進めている。「省エネルギー小委員会」第43回会合では、こうした需要サイドにおける今後の省エネ・非化石転換政策について検討が行われた。(2023/12/12)

世界トップ級の日本語能力:
NEC責任者に聞く「生成AIの勝機」 マイクロソフトCEOとの会談で下した決断とは?
「生成AIをブームで終わらせたくない」と意気込むNECの吉崎敏文CDO(チーフ・デジタル・オフィサー)に開発方針などを聞いた。(2023/12/7)

家電テック:
エアコン掃除、自分でやっていいのはココまで!
今回のテーマは「エアコン掃除」。自分で掃除する部分と、業者に任せる部分をきっちり線引きします。(2023/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。