ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電気代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電気代」に関する情報が集まったページです。

省エネ機器:
電力損失を95%削減、工場への送電に「超伝導ケーブル」を実証導入
NEDOと昭和電線ケーブルシステム、BASFジャパンが工場の省エネを目的とした超電導ケーブルシステムの実証試験に取り組むと発表。民間プラントで実際の系統に三相同軸超電導ケーブルを適用した実証試験は世界初という。(2019/6/17)

エネルギー管理:
デマンドレスポンスの費用対効果を最適化、新しい制御技術の開発に成功
北海道大学、名古屋大学および東京理科大学は、発電コストの変動に着目したデマンドレスポンスの解析・制御技術を開発した。系統安定化手法の1つとして期待されているデマンドレスポンスの費用対効果を最大化できるのが特徴だという。(2019/6/14)

太陽光:
卒FIT後の自家消費をサポート、NTTスマイルが「ちくでんエコめがね」を発表
NTTスマイルエナジーが住宅太陽光発電の卒FITに向けた新サービス「ちくでんエコめがね」を発表。住宅オーナーはスマートフォンやタブレットから、太陽光の発電量、蓄電池への充放電量、売電量と家庭内電力消費量データを基に、太陽光発電の自家利用状況を確認することができる。(2019/6/13)

IoTセキュリティの手法を開発:
スマートメーターのセキュリティ対策、カナダの大学が手法を開発
ブリティッシュコロンビア大学の研究チームは、スマートメーターとスマートグリッドのセキュリティ対策を向上させる2種類の手法を考案した。この手法により、製造前の時点でIoT機器をセキュアにできるという。(2019/6/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
そのスマートスピーカー、待機電力はどれくらい? スマホで見て分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカーが普段どれだけの電力を消費しているのか、ワットチェッカーを用いて測定した。果たして未使用時に電源をオフにする意味はあるのだろうか。(2019/6/7)

NHK問題、なにが軸なのか
放送法の改正により、NHKテレビ放送の常時同時配信が認められた。これが意味するのは何か? 考えてみた。(2019/6/7)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
元妻が住む家のエアコンを遠隔操作で嫌がらせ、商品レビューで告白 スマートホームの注意点とは?
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/6/3)

ビットコインが1年前の価格を回復 97万円まで上昇した背景
4月から始まったビットコインの価格上昇が止まらない。一時、97万円まで上昇し、1年前の価格を回復した。この背景には、米中貿易摩擦などの政治的混乱、新たな資産クラスとしての見方、1年後に迫った半減期などがある。(2019/5/28)

ビットコインには本質的な価値がある?  JPモルガンがバブル警告
ビットコインに否定的だったJPモルガンが、「ビットコインは本質的な価値を超えて急上昇している」とコメント。計算能力や電気代などの数値を使い、ビットコインの製造原価を計算することで本質的価値を導き出したという。(2019/5/24)

知られざる進化の歴史:
セブンティーンアイスが大躍進 34年で激変した自販機の“設置戦略”
自動販売機で売られているセブンティーンアイス。自販機の設置台数が過去最高を更新している。成長を可能にしたのは時代の変化にあわせた“設置戦略”だ。(2019/5/24)

電力供給サービス:
関西電力、法人向けに「第三者所有」の太陽光事業を展開
関西電力が法人向けに太陽光発電のオンサイト設置サービスを提供開始。初期投資ゼロで太陽光発電設備を導入しながら、自家消費による電気料金の削減や、CO2排出量の削減などに活用できるサービスだ。(2019/5/21)

東京最古の銭湯:
銭湯不況時代なのに、なぜ「あけぼの湯」に人は集まるのか
東京都内から銭湯が消えつつある。そんな “銭湯不況時代”でも流行る「あけぼの湯」の魅力とは。あけぼの湯の運営を担う嶋田照夫さんに話を聞いた。(2019/4/28)

西村博之が語る「令和ニッポンの処方箋」【中編】:
ひろゆきの提言(2)――予測が難しい時代にハズさない「未来の読み方」
ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。第2回目は予測が難しい時代に、ハズさない「先読み」のコツ――。(2019/4/25)

人工知能ニュース:
店舗スマート化を進めるトライアル、小売業専用のAIカメラを独自開発
福岡県を中心に大型スーパーマーケットを展開するトライアルホールディングスが、子会社のRetail AIが独自に開発した「リテールAIカメラ」を披露。併せて、トライアルのフラグシップ店舗である「メガセンタートライアル新宮店」(福岡県新宮町)にリテールAIカメラを1500台導入してスマートストア化すると発表した。(2019/4/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタ ハイブリッド特許公開の真実
トヨタは、得意とするハイブリッド(HV)技術の特許(2万3740件)を無償で提供する。しかし、なぜ大事な特許を無償公開するのか? トヨタの狙いと、そしてどうしてトヨタが変わらなければいけなかったかと解説する。(2019/4/15)

KDDIもスマホ決済参入 乱戦状態で体力勝負の様相
KDDI(au)は、スマートフォンを使った決済サービス「auペイ」を9日から開始すると発表した。auのサービスでたまったポイントをauペイにチャージすると10%増額したり、利用者の支払額の最大26.5%を還元したりするキャンペーンも行う。乱立するスマホ決済では後発となるが、キャンペーンや提携を活用した店舗網の拡大などで巻き返しを図る。(2019/4/5)

電力供給サービス:
電力自由化から4年、消費者の「スイッチング意欲」は停滞傾向に
2019年4月で電力自由化から4年、ガス自由化から3年になるが、消費者の認知度や意識はどう変化したのか――。電通が2018年12月に全国を対象に実施した「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を公表した。(2019/4/2)

アイリスオーヤマが「スポーツ施設」市場に本格参入、人工芝や内装設備などで初年度30億円を目指す
アイリスオーヤマは、スポーツ施設の市場に本格的に参入する。人工芝やスタジアムチェア、LEDビジョンなどの販売に注力し、2019年度は30億円の売上を見込む。これまでLED照明で培ってきたノウハウに加え、スポーツ施設向きの商品ラインアップを見直し、ワンストップソリューションで提供していく。(2019/3/29)

太陽光:
初期費用ゼロの住宅太陽光を展開、関西電力と京セラが新会社設立へ
関西電力と京セラが住宅向け太陽光発電事業を展開する新会社を共同出資で設立。ユーザー側に発電設備などの設置初期費用がかからない、第三者所有モデルの住宅太陽光発電サービスを2019年秋から展開する。(2019/3/28)

見える化で分かったもの:
スマホで家電の電気代を見える化して分かったこと
ラトックシステムのBluetoothワットチェッカーを使って、手当たり次第に家電の電力使用量をチェックしたところ、最も電気食いだった製品が分かった。それは……?(2019/3/23)

見える化で分かったもの:
あの家電の電気代や消費電力量は? それ、スマホで見られます
あなたは自身の電力使用量を把握している? 電力の見える化と電気代の把握に最適なのがラトックシステムのBluetoothワットチェッカー「REX-BTWATTCH1」だ。便利な使い方を2回に分けて見ていこう。(2019/3/22)

長野県、RPAとAIでバックオフィス業務を効率化 作業時間削減やミス低減で行政事務の品質向上――富士通と共同実証
長野県は、富士通のRPAツール「Axelute」と公共工事の設計・積算業務支援ソフト「ESTIMA」を活用し、行政事務を効率化する実証実験を実施。RPAでは作業時間を最大88%削減するなどの効果を確認した。職務を単純作業から付加価値の高い作業へシフトさせ、行政サービスの品質向上を目指す。(2019/3/20)

電力供給サービス:
東京電力とイーレックスが再エネ販売で新会社、“大手と新電力”の提携が加速する背景とは
電力自由化による市場環境の激化で、大手電力と新電力の提携が加速している。東京電力と“老舗新電力”のイーレックスが特別高圧・高圧向け小売事業を行う新会社を設立すると発表。「RE100」加盟企業などに向けて、再生可能エネルギー由来100%の電力プランも展開する。(2019/3/19)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「Amazon Go」は正解なのか、リテールの革新は道半ば
確かにすごいらしいんですが、めっちゃお高いらしい。(2019/3/12)

スマートホーム:
「0円太陽光」でTEPCOホームが提携拡大、東芝子会社がパネルを納入
初期費用ゼロ円の住宅向け太陽光発電サービス「エネカリ」を展開するTEPCOホームテックが各社との協業を広げている。新たに東芝エネルギーシステムズが同サービス向けに太陽光発電システムの納入を開始すると発表した。(2019/3/11)

体当たりッ!スマート家電事始め:
「ロボホン」はシャープAIoT戦略の“キーマン”に
シャープが通信機能を搭載するモバイル型ロボット「RoBoHoN」の新製品を発売した。少し安くできた理由とそこに込められたシャープの戦略、そして新機能の詳細まで紹介していこう。(2019/2/28)

封筒に赤字で「必ずご確認ください」 → 開けてみたら中身は広告 関西電力のDMに「不誠実」と批判、担当者の見解は
関西電力を取材しました。(2019/3/7)

逆風の新電力も:
電力の小売り全面自由化から3年…… 切り替えに地域差
家庭で使う電気をどの会社から買うのか消費者が選べるようになった電力の小売り全面自由化が始まってから4月で丸3年。大手電力が自社の供給区域外への進出を図り、ガス会社など異業種の参入も加速し、販売競争は激化。電気料金やサービスをめぐる工夫を促した半面、新規参入した事業者の「新電力」の中には厳しい経営環境に置かれている企業も出ている。(森田晶宏)(2019/2/27)

スマートホーム:
太陽光×EVで“電気代ゼロ”目指す、神戸都市開発が「完全自立型住宅」を発表
注文住宅事業を手掛ける神戸都市開発(神戸市)は、太陽光発電と電気自動車を活用してエネルギーの自給自足を図る「完全自立型住宅」を発表。太陽光発電とEVの蓄電池を活用して「電気代ゼロ」を実現するという。(2019/2/26)

使用感を徹底レポート:
PR:「月刊総務」編集長&若手営業が体験!  “才色兼備”なEIZOディスプレイは実務にどう役立った?
総務・人事部門向け専門メディア「月刊総務」の豊田健一編集長と若手営業担当者が、デザイン性と高機能性が特徴のEIZO社製ディスプレイ「FlexScanシリーズ」を体験。日々の業務にどう役立ったのか?(2019/2/26)

太陽光:
家の電気を太陽光で賄うと「バンザイ」、太陽光発電とつながるシャープの新型ロボット
シャープがモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の新モデルを発表。HEMSを通じて連携すると、住宅太陽光発電の発電量を教えてくれる他、太陽光発電や蓄電池からの放電で家の消費電力を賄えている時には、バンザイの動作で喜びを表現する。(2019/2/22)

太陽光:
住宅太陽光発電ユーザー、5割以上が「卒FIT後は自家消費を選択」
グッドフェローズが住宅太陽光発電ユーザーを対象に実施した「太陽光発電と卒FITに関するアンケート調査」の結果を公表。その結果によると、5割以上のユーザーが「再生可能エネルギーの固定買取価格制度」による買い取り期間の満了後(卒FIT後)、売電ではなく自家消費を選択すると回答したという。(2019/2/21)

「LINE Pay」20%還元、次はビックカメラやZOZOTOWN、電気料金も
モバイル決済サービス「LINE Pay」で20%還元の新キャンペーン。ビックカメラやZOZOTOWN、九州電力・東京電力エナジーパートナーの電気料金支払いも対象だ。(2019/2/20)

太陽光:
初期費用ゼロ円の太陽光サービス、エクソルとTECPOホームが拡販へ
エクソルが初期費用ゼロ円の住宅向け太陽光発電サービスの販売で、TEPCOホームテックと協業。両社の販路を活用して、住宅太陽光発電の普及に取り組む計画だ。(2019/2/4)

INSIGHTS SHARE:
これをやったら「働き方改革」はうまくいかない サイボウズチームワーク総研、青野氏に聞く「成功に欠かせないポイント」
個人が「働き方を選ぶ」とは、どういうことなのか。現在「100人100通り」の働き方を掲げているサイボウズの青野誠氏と、ライフスタイルやイベントに合わせて働き方を決められる「orangeワークスタイル制度」を導入したブイキューブの今村亮氏に、そのヒントを聞いた。(2019/1/31)

広島×産業×IT(後編):
広島に行けばなにか新しいことができる――広島県が目指す「イノベーション立県」への第一歩とは
「イノベーション立県」を目指す広島県。地域や企業の課題を解決するために行っている3つの取り組みとは。(2019/1/30)

電力供給サービス:
初期費用ゼロの太陽光発電サービス、中部電力が家庭向けに提供
中部電力が「第三者所有モデル」の住宅太陽光発電プランを発表。ユーザーは設備に関する初期費用ゼロ円で住宅に太陽光発電を導入できる。(2019/1/29)

電力供給サービス:
再エネを生かす「変なエネ」、ハウステンボスが家庭向けに販売
ハウステンボスは再エネ比率が高い家庭向け電気料金プラン「変なエネ」を発表。エネルギーベンチャーのみんな電力と提携し、2019年2月から販売を開始する。(2019/1/29)

関係者は口を閉ざす:
電気代も支払えず 米大手マイニング企業Giga Wattがついに事業停止か
2018年11月に破産を申し立てていた米大手マイニング企業Giga Wattがついに全ての事業を停止するという。CCNが報じた。(2019/1/15)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

太陽光:
2019年度のFIT価格は4円引き下げ、500kW未満の太陽光発電
政府が2019年度における事業用太陽光発電(10〜500kW未満)のFIT価格の方針を固めた。2018年度より4円低い14円/kWhとなる見込みだ。大幅な引き下げの根拠となるコスト分析の結果も公表している。(2019/1/10)

「もうえぇで!」 シャープの空気清浄機、ボタン連打で関西弁話す「隠しコマンド」発見→公式Twitterも反応
目の付けどころがシャープやな。(2019/1/5)

「こたつホース」って知ってる? 東北発祥の暖房器具にTwitter民「名前まんま」「見たことない」
なんと便利な暖房器具……!(2019/1/4)

3割のユーザーが攻撃に遭遇:
新たなマルウェアやランサムウェアの検知数は2017年比4割増、カスペルスキー
カスペルスキーが発表した2018年版のサイバー脅威の動向レポートによると、悪意あるファイルの1日当たりの検知数は2017年と比べてわずかに減ったものの、新たに検知したマルウェアやランサムウェアは2017年と比べて40%以上増加し、攻撃が先鋭化した。(2018/12/28)

Mostly Harmless:
NVIDIAの株価は、なぜ急落したのか 3つの要因とは
NVIDIAの株価は、2018年10月あたりから下落傾向に。その理由を探ってみると、約1年前にはGPUの需要アップの主要因だったはずのビットコインのマイニングやAIの研究開発分野をはじめ、IT業界に起きつつある風向きの変化が関係しているようです。(2018/12/28)

シャープ、海外生産を加速 国内は開発拠点に
シャープは26日、半導体事業の分社化を発表した。開発部門を国内にとどめ、生産を海外や外部企業に移す流れの一環となりそうだ。すでに冷蔵庫やテレビは、コスト高などから国内での生産終了を表明。(2018/12/27)

AI使い、スマート家電からスマートホームへ
パナソニック、シャープといった家電メーカーが、IoT家電の投入を本格化させている。インターネットに接続するだけでなく、連携する人工知能(AI)が、利用者一人一人の生活を学習して暮らしを助けるよう高機能化が進められている。異なるメーカー同士の機器連携も進む。(2018/12/27)

自然エネルギー:
「パイナップル発電」で電力コストとCO2削減、伊藤忠がフィリピンで
伊藤忠商事がフィリピンの食品子会社を通じて「パイナップル発電」に取り組む。商品の製造過程で生じるパイナップル残渣からバイオガスを生成して発電を行う。電力コストの削減とCO2排出量の削減につなげる狙いだ。(2018/12/27)

太陽光:
蓄電池で自家消費を促進、“卒FIT太陽光”を見据えたサービスを実証
九州電力と三井物産は“卒FIT”を迎える住宅太陽光発電が登場することを見越し、蓄電池を用いて電力の自家消費を促し、住宅の電気料金を低減するサービスの実証実験を開始する。(2018/12/11)

「暖かい風が出ない」 大雪からエアコンを守る方法
12月11〜12日、関東地方では雪が降る可能性。大雪で起こり得るエアコンのトラブル、その原因と回避方法を、ダイキン工業が紹介。(2018/12/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。