ITmedia NEWS >
ニュース
» 2013年04月19日 20時50分 公開

ヤマハが「NETWORK PLAYER CONTROLLER」最新版をリリース、「CD-N500」で「radiko.jp」対応

ヤマハは、同社製ネットワークプレーヤーのコントロールアプリ「NETWORK PLAYER CONTROLLER」の最新版をリリースした。

[ITmedia]

 ヤマハは、同社製ネットワークプレーヤーのコントロールアプリ「NETWORK PLAYER CONTROLLER」の最新版をリリースした。先に公開された「CD-N500」の新ファームウェア(Ver.2.00)でサポートした「radiko.jp」への対応がメインだ。

「NETWORK PLAYER CONTROLLER」でradiko.jpを操作する画面(イメージ)

 なお、同社は4月11日にiOS/Android版の「NETWORK PLAYER CONTROLLER Ver.4.10」を公開したが、iOS版で不具合が発生したため、18日に修正版となる「Ver.4.11」を急きょリリースした。iOSとAndroidで最新のバージョンナンバーが異なるのはそのためだ。

iPadの画面

 更新内容は下記の通り。

iOS版「NETWORK PLAYER CONTROLLER Ver.4.11」

  • DLNAサーバーにアクセスできない不具合を修正
  • radiko.jp操作対応(選曲、番組表・番組詳細内容閲覧、再生操作) ※CD-N500使用時のみ
  • 動作安定性向上


Android版「NETWORK PLAYER CONTROLLER Ver.4.10」

  • radiko.jp操作対応(選曲、番組表・番組詳細内容閲覧、再生操作) ※CD-N500使用時のみ
  • その他不具合修正


「CD-N500」。新ファームウェアで「radiko.jp」への対応を果たしたほか、AIFFの再生も可能になった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.