ニュース
» 2013年06月05日 12時46分 UPDATE

ソニーがAndroid版「RECOPLA」をアップデート、「ワイヤレスおでかけ転送」に対応

RECOPLAからの指示でAndroidタブレットに「ワイヤレスおでかけ転送」できるようになった。

[ITmedia]

 ソニーは6月5日、Android版「RECOPLA」のアップデートを発表した。同社製BDレコーダーに録画した番組を、RECOPLAからの指示でAndroidタブレットに「ワイヤレスおでかけ転送」が可能になった。

ts_recopla01.jpgts_recopla02.jpg Android版「RECOPLA」の画面。上部に「ダウンロード(おでかけ転送)ボタンが付いた

 同様の機能は、4月末にソニー製タブレット「Xperia/Sony Tablet」で実現済み。他社製Androidタブレットでも同時期からパケットビデオの「Twonky Beam」を使えば転送できるようになっていた(→関連記事)。

 今回もバックグラウンドでTwonky Beamが動くのは変わらないが、RECOPLAのユーザーインタフェースを使えるため、視聴時と同様に番組のソート(並び替え)や削除が行えるなど利便性が向上した。また、レコーダーの電源オン(Wake on LAN)やリモコン操作といった操作ができるのもRECOPLAだけだ。

 Android版RECOPLAの最新バージョンは“beta 2.3”で、同日よりGoogle Playで公開されている。対応OSはAndroid 4.0〜4.2。合わせてTwonky Beamも5月末にリリースされた“ver.3.4.3”にアップデートする必要がある。

 なおソニーによると、iPad版「RECOPLA」にも7月をメドに同様の機能を加える予定だという。

  • RECOPLA(Android版)
os_androidapp01.gif

  • Twonky Beam(Android版)
os_androidapp01.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.