ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パケットビデオ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パケットビデオ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AWS Public Sector Summit 2018(2):
GameChangerは、クラウドとゲーミングで小児入院患者の生活を変える
Amazon Web Servicesが開催したAWS Public Sector Summit 2018で、クラウドを通じ小児入院患者の今と未来を変えようとしている人たちに出会った。(2018/7/2)

ビジネスも細く長く?:
ドコモ加藤社長、そばを打つ 体当たりリポートで「すきじかん」を積極アピール
「そば打ちかぁと思ったけど、想像以上においしかった。ほかのスタッフも言ってました。お世辞半分かもしれないけど……」(2015/10/2)

お風呂スマートテレビにサウンドバーを増設してみた――デノン「ENVAYA Mini」導入記
デノンのBluetoothスピーカー「ENVAYA Mini」を見て直感した。「これは良いお風呂サウンドバーになる」。さっそく実践してみた。(2015/1/15)

パケットビデオの「Twonky」がドコモの「TV BOX」に採用――さまざまな環境で「NOTTV」を視聴可能に
パケットビデオのメディアソリューション「Twonky」が、NTTドコモの「TV BOX」に採用。これにより「NOTTV」のコンテンツを非対応端末でも視聴可能となる。(2014/5/21)

実売5万5000円の“レグザサーバー”入門機、「D-M430」が登場
東芝がレグザサーバーの新製品「D-M430」を発表した。録画機能を地上波6チャンネルの「タイムシフトマシン」に絞った入門機という位置づけだ。(2014/2/6)

ソニーがiPad用「RECOPLA」をアップデート、アプリ上で「ワイヤレスお出かけ転送」指示に対応
ソニーは7月16日、iPad版「RECOPLA」の新バージョン「ver.1.4.0」をリリースした。(2013/7/16)

緊急地震速報でテレビがオン、NTT西の新「光BOX+」
西日本電信電話(NTT西日本)は、家庭用セットトップボックス「光BOX+」の新製品を6月下旬に発売する。非PCユーザーに「パッシブなネット利用」を提供するという。(2013/6/19)

ソニーがAndroid版「RECOPLA」をアップデート、「ワイヤレスおでかけ転送」に対応
RECOPLAからの指示でAndroidタブレットに「ワイヤレスおでかけ転送」できるようになった。(2013/6/5)

ソニーが「RECOPLA」をアップデート、iPadで視聴するときも「もくじでジャンプ」が可能に
ソニーがiPad用「RECOPLA」の新バージョン「1.3.0」を公開した。新たにiPad上で番組を再生する際にも「もくじでジャンプ」が利用できるようになった。(2013/5/17)

「FLACと同様の使い勝手を目指した」、DSDのネットワーク再生を推進するバッファロー
バッファローがDSDをDLNA仕様に準拠した方式で配信できるNASを開発し、「春のヘッドフォン祭」で参考展示した。その仕組みとメリットについて、開発担当者に話を聞いた。(2013/5/13)

6月には対応プレーヤー第1弾も登場:
DSDファイルをDLNA再生、バッファローとパケットビデオが推進
バッファローは、米PacketVideoと共同でDSDをDLNA仕様に準拠した方式で配信できるNASを開発した。オーディオメーカー各社に同機能の採用を働きかける。(2013/5/8)

ソニーのBDレコーダーが“番組持ち出し”対応機器を拡大、iPhone/iPadやAndroid端末をカバー
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーから録画番組を転送し、外出先などで楽しめる“番組持ち出し”の対応機器を拡大する。iPadやiPhone、Android搭載のタブレットやスマートフォンが対象。(2013/4/26)

石野純也のMobile Eye(1月21日〜2月1日):
春モデル発表――ドコモとKDDIで対照的なスマホ/タブレット戦略
ドコモとauの春モデル発表された。フルHDディスプレイ搭載機4機種など多数のモデルを発表したドコモとは対照的に、KDDIが発表したのは「INFOBAR A02」のみだが、端末ラインアップについては両社ともターゲットを絞る構えだ。また、2社のタブレットへの取り組みも考察した。(2013/2/2)

“フルHDスマホ”とBDレコーダーでもっと便利に、ひかりTVのAndroid STBも連携
NTTドコモは、新しいフルHDディスプレイ搭載スマートフォンと各社BDレコーダーとの連携動作確認作業を進めている。DLNA/DTCP-IPアプリ「Twonky BEAM」もバージョンアップ。(2013/1/22)

「Kindle Fireよりお求めやすい」 ドコモ、1万円切るタブレット「dtab」で「家庭にdマーケットを」
「Kindle Fireより少しお求めやすいかなと思っている」――ドコモはWi-Fi専用Androidタブレット「dtab」を9975円で発売。「dマーケット」を家庭内で手軽に利用してもらう狙いで、Amazon「Kindle」のビジネスモデルと「狙いは同じ」と加藤社長は明かす。(2013/1/22)

「RECOPLA」&「TWONKY BEAM」の合わせ技、iPad miniで録画番組のストリーミング視聴を試す
ソニーが「RECOPLA」(レコプラ)をアップデート。新たに録画番組のストリーミング視聴が可能になったiOS版について、「Sony Tablet S」版と比較しながら検証していこう。(2012/12/17)

番組メタデータも使える:
iPhone/iPadでも録画番組のストリーミング視聴が可能に、ソニーが「RECOPLA」をアップデート
ソニーが「RECOPLA」(レコプラ)を12月中にアップデート。iPad 2以降やiPhoneでも録画番組のストリーミング視聴が可能になる。(2012/11/29)

ミルモ、Android向け音楽、動画配信プラットフォームを発表
ミルモが、Windows Media DRMとPlayReadyに対応したAndroid端末向けの音楽、動画配信プラットフォームを発表。また、音楽と動画の再生プレーヤー「millmo Media Player」の提供を9月3日に開始した。(2010/9/3)

ドコモ、PacketVideoを100%子会社化
ドコモがPacketVideo株式を取得し、既存持ち分と合わせ100%子会社化する。(2010/8/3)

ドコモ、米パケットビデオを子会社に
NTTドコモが米パケットビデオ・コーポレーションを買収。ネクストウェーブ・ワイヤレス、ネクストウェーブが保有する同社の発行済み株式の65%を約98.7億円で取得する。(2010/8/2)

DRM対応のAndroid向け電子書籍アプリが登場――ミルモとパケットビデオが開発
ミルモとパケットビデオが、Android端末向け電子書籍アプリケーション「millmo Book Player」を共同開発すると発表。今春にも提供開始する。MobileWorld Congress2010で披露する。(2010/2/16)

ドコモ、米PacketVideoを関連会社化――動画・音楽サービス強化で
NTTドコモと米PacketVideoが業務・資本提携することで合意。ドコモはPacketVideoの発行済株式の35%を取得し、関連会社化した。(2009/7/6)

セキュリティ専門家が警告:
Android G1のWebブラウザ利用は危険――パッチ適用まで
Googleによると、オープンソースのGoogle Android OSの脆弱性は既に修正され、T-MobileではT-Mobile G1スマートフォンのユーザーにパッチをプッシュ配信する予定だ。この脆弱性は、ハッカーカンファレンス「ShmooCon」で明らかにされたもの。(2009/2/16)

BitTorrent、RapidShare、eDonkey……:
台湾製の“最強NAS”「QNAP TS-409Pro」を試す(後編)
国内メーカーにはたどり着けぬ極地がある……モラルとニーズとのせめぎ合いの果てッ、QNAPは今NASを超えた!! などと口走りながら、後編ではいよいよ「TS-409Pro」の真価に迫る。(2008/8/14)

906i・706iシリーズの10機種にパケットビデオの映像・音楽ソフト搭載
(2008/5/27)

MediaFLO Conference 2008:
PCやスマートフォンでもMediaFLO――対応デバイス、続々
3月19日に開催された「MediaFLO Conference 2008」では、関連各社がMediaFLOの最新デバイスを披露。QWERTYキーを搭載したMediaFLO端末や、PC、スマートフォンに接続して利用する端末などが登場した。(2008/3/21)

PacketVideoの「Universal pvPlayer」、ソフトバンクモバイルの「920P」に採用
(2008/2/29)

MediaFLOの最新動向が分かる――Qualcomm、「MediaFLO Conference 2008」を開催
Qualcommは3月19日、同社が開発した携帯電話向け放送プラットフォーム「MediaFLO」の最新動向を発信するイベント「MediaFLO Conference 2008」を開催すると発表した。FLO Forumの社長や、日本でMediaFLOを推進するメディアフロージャパン企画、モバイルメディア企画の社長が最新動向を解説する。(2008/2/27)

11月3日〜11月9日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
TCAが2007年10月末日時点での携帯契約数を発表し、ソフトバンクモバイルが6カ月連続で純増首位を獲得。ソフトバンクは2008年3月期中間決算も好調だった。Googleは携帯向けプラットフォーム「Android」を発表。Symbianは日本でSymbian Summit Tokyo 2007を開催した。(2007/11/12)

「Android」が目指す携帯電話の未来――Googleのモバイル向けプラットフォームとは
Googleがオープンソースのモバイル向けプラットフォーム「Android」を発表した。開発ディレクターのアンディ・ルービン氏は「“Android”はモバイルとPC、2つのインターネットをつなぐ掛け橋になる」と話す。(2007/11/6)

「オープンであることが新しい」――Android開発ディレクター・ルービン氏
米Googleが11月5日に発表した携帯向け包括的プラットフォーム「Android」。その開発ディレクターを務めるアンディ・ルービン氏が都内で行われたVideoConferenceに登場。Androidの詳細を説明した。(2007/11/6)

パケットビデオの映像・音楽再生ソフトがドコモの905i/705iシリーズ14機種に採用
(2007/11/1)

7月7日〜7月13日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ドコモがシニア層をターゲットにした「らくらくホンIV」を発表。同社はスーパー3Gの実証実験をスタートしたことも明らかにした。KDDIは昼間安い「法人エコノミープランWIN」と1回線でも最大半額の「法人MY割」を発表し、ソフトバンクも追随した。(2007/7/16)

MS、Windows Home Serverを実演――OEMパートナーも発表
MSはWindows Home Serverの披露に合わせ、OEM提携先を発表。また同サーバ向けアプリケーションを提供するベンダーなどを明らかにした。(2007/5/16)

パケットビデオとクアルコム、MediaFLOデバイスを公開
(2007/4/23)

パケットビデオ、「パケットビデオ・エクスペリエンス」を発表
(2007/3/28)

パケットビデオ、DVB-Hのチャンネル変更時の遅延解消機能を追加
(2007/1/15)

パケットビデオ、モバイル・デジタルTVソリューションを公開
(2006/11/14)

パケットビデオ、独TwonkyVisionを買収
(2006/10/18)

最新のFOMA端末6機種にパケットビデオの「Universal pvPlayer」を搭載
(2006/10/13)

TI、モバイル向けPVR技術をデモ
TIはモバイル機器でもPVRやピクチャー・イン・ピクチャーを実現する技術を開発した。(2006/9/8)

PacketVideo、Windows Mediaベースの音楽サービスを実現
PacketVideoはドコモと協力し、Windows Mediaを利用した音楽サービスを実現。DRM対応Windows Media Audio形式の楽曲をF902iSで再生できる。(2006/6/15)

勝手Vライブも出てくる?──申し込み不要でVライブ配信が可能に
NTTドコモは、同社の動画配信サービス「Vライブ」について、申し込みや月額利用料を必要としない配信プラン「Vライブ オープンタイプ」を提供開始する。7月3日から。(2006/6/8)

NokiaのSeries 60端末でWindows Mediaを〜パケットビデオ
(2005/3/31)

PacketVideoのマルチメディア・ソフトウェアがFOMA F700iに採用
(2005/3/28)

PacketVideoのマルチメディア・ソフトウェアがFOMA「D901i」に採用
(2005/2/17)

PacketVideo、Nokia端末向けテレビ電話ソフトを発表
(2004/10/27)

ソニーの携帯音楽サービス「StreamMan」にパケットビデオ技術採用
(2004/6/24)

パケットビデオとシステムプロ、携帯端末向けマルチメディア・ソリューションで協業
(2004/6/1)

パケットビデオとTI、協力関係をOMAP 2に拡大
(2004/4/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。