台湾製の“最強NAS”「QNAP TS-409Pro」を試す(後編)BitTorrent、RapidShare、eDonkey……(1/3 ページ)

» 2008年08月14日 18時00分 公開
[瓜生聖,ITmedia]

初心者からハッカーまで“遊べる”充実の機能

 前編ではNASとしての基本的パフォーマンス、拡張性、コストパフォーマンスの高さという観点からTS-409Proを見てきた。後編では「NAS」という言葉に収まらないポテンシャルの高さを紹介する。

 TS-409Proは、12-in-1サーバをうたう多機能なNASだ。一方、Linuxで構築されたLANTANKや玄箱のような、ユーザーが自由にいじることのできるNASキットは、機能を追加していくことで“無限大-in-1”と言うこともできる。ただし、これらの製品を使いこなすにはLinuxの知識が必須であり、コマンドラインべースのインタフェースは初心者にはハードルが高い。今回取り上げたTS-409Proは、一般的なNAS製品と、ハックを前提にしたNASキットのちょうど中間に位置しており、「QPKG」というパッケージを導入することで新しい機能を追加することができる。

 とはいうものの、実際にはQNAPユーザーによって(なかば公然と)さまざまなハックが進められているようだ。フォーラムではTSシリーズのDebian化や、NTFSの書き込みサポート、各種USB機器のドライバといったものから、RapidShareに対応したクライアントソフトウェア、モニタリングソフトウェアなどの開発や活発な意見交換が行われている。ただ、TS-409Proの“標準”搭載機能もかなり充実しており、普通の使い方であれば機能追加の必要性はあまり感じないかもしれない。

 TS-409の12の機能は、大きく分けて一般的なNASとしての機能、ホームサーバとしての機能、公開サーバとしての機能に分類できる。この3つを順に紹介していこう。

一般的なNASとしての機能

ファイルサーバ/FTPサーバ

 一般的なNASに求められる機能は不足なく備えている。Microsoftネットワーク、Appleネットワーク、NFSに対応し、Windows/Mac/UNIXの主要3プラットフォームすべてで利用可能だ。また、それ以外のOSに対してもFTPが用意されている。FTPサーバは転送速度制限、暗号化プロトコルのSSL/TLSもサポートしており、公開サーバとしての利用も考慮されている。

バックアップサーバ

 TS-409Proをバックアップサーバとして使うため、NetBak Replicatorというクライアントソフトウェアが提供されている。これは特定のフォルダ以下を定期的、あるいはリアルタイムでバックアップするソフトウェアだ。もちろん、Acronis True Imageなどのバックアップソフトの保存先として利用することも可能だが、これはバックアップサーバというよりはファイルサーバの機能とすべきだろう。

リモートレプリケーション

 リモートレプリケーションは、TS-409Proのデータ自身をネットワーク経由でQNAP社製NASやRsyncサーバにバックアップする機能だ。SSHのトンネリングをサポートしており、インターネット経由でも安全に二重化できる。レプリケーションのスケジューリングは即時実行のほか、毎日、週単位、月単位だが、複数のスケジュールを登録することが可能なので、週2回などの柔軟な運用も可能になっている。

プリンタサーバ

 プリンタサーバ機能はNASの機能ではないものの、一般に家庭用/SOHO向けNASでは搭載しているものが多いため取り上げた。前面背面合わせて全3ポートのUSBコネクタを搭載しており、3台までのプリンタを接続できる。プリンタ名は自動的にサーバ名+PR1/PR2/PR3となり、設定画面からの変更はできないようだ。

Microsoftネットワーク設定画面。TS-409Proと下位機種TS-409の違いはActiveDirectoryとNFSのサポート。家庭での利用ではTS-409で十分かも(画面=左)。FTP設定画面。SSL/TLSサポート、転送速度制限、パッシブFTPポート範囲など細かい設定が可能だ(画面=中央)。リモートレプリケーションはRsyncベース。活用範囲がさらに広がる可能性を感じさせる(画面=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月26日 更新
  1. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  4. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  5. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  6. スポットライトも内蔵! 屋外監視に適したネットワークカメラを試す (2024年05月17日)
  7. Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ (2024年05月24日)
  8. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  9. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
  10. 「LPCAMM2」でオンボードメモリがなくなるかも? Micronがプッシュする新型メモリモジュールのメリット (2024年01月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー