ニュース
» 2009年07月06日 16時06分 公開

ドコモ、米PacketVideoを関連会社化――動画・音楽サービス強化で

NTTドコモと米PacketVideoが業務・資本提携することで合意。ドコモはPacketVideoの発行済株式の35%を取得し、関連会社化した。

[ITmedia]

 NTTドコモと米PacketVideo Corporationが7月6日、業務・資本提携することで合意した。

 PacketVideoは、携帯電話向けマルチメディアプレーヤーの開発で知られる企業。同社の音楽/動画プレーヤー「CORETM」は、これまで90機種以上のドコモのFOMA端末に搭載されたという。

 両社は資本と業務の両面で提携することで、開発の効率化や製品供給の安定化、機能の向上を図り、ドコモの動画や音楽サービスを進化させるとしている。

 今回の合意に基づきドコモは、PacketVideoの親会社にあたるNextWave Wirelessから同社の発行済株式の35%を4550万米ドル(日本円で約43.7億円)で取得。パケットビデオはドコモの関連会社となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう