ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「資本提携」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「資本提携」に関する情報が集まったページです。

アステリア、ステーブルコイン「JPYC」を発行する日本暗号資産市場と資本業務提携
アステリアはステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」を発行する日本暗号資産市場と資本業務提携したと発表した。データベースやクラウドなどのデータ連携を行うアステリアの主力製品「ASTERIA Warp」用に、JPYCを接続できるアダプターを開発する。また今後、JPYCの利用促進を図っていくという。(2021/4/7)

官製値下げで窮地に:
いずれはNTTが買収も? 楽天・郵政タッグに透けて見える、「楽天モバイル」の“賞味期限切れ”感
楽天と日本郵政が資本提携も、提携による具体的なメリットが見えづらく、実質的には窮地の楽天モバイルに対する国からの資本注入ではないかと筆者は指摘する。当初は業界の閉塞的な状況を打破することを期待され、鳴り物入りだった楽天モバイルは、今後どうなってしまうのか。(2021/3/26)

モビリティサービス:
トヨタのバックアップでいすゞと日野が協力、「3社だからこそできる商用車の課題解決を」
いすゞ自動車と日野自動車、トヨタ自動車は2021年3月24日、商用車のCASE対応で協業するため新会社を設立すると発表した。また、いすゞとトヨタは資本提携に合意し、428億円を相互に出資する。(2021/3/25)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
楽天グループ、2423億円増資に潜む「見過ごせない問題点」
楽天グループと日本郵政グループが3月12日、資本業務提携に合意したと発表した。だが、この提携、手放しに評価してよいのかどうか。2423億円増資に潜む「見過ごせない問題点」を指摘する。(2021/3/18)

日本郵政と楽天、資本業務提携で協業を全面強化 楽天に1500億円出資 多方面で相互サポート
日本郵政と日本郵便、楽天が資本業務提携を結び、あらゆる分野で広く協業を深めると発表した。日本郵政は楽天に1500億円を出資。物流の分野では、日本郵政グループの資源をベースに楽天とデジタル化を進め、新会社設立も視野に事業展開を進める。(2021/3/12)

日本郵政と楽天が資本・業務提携 郵便局に楽天モバイルの基地局や申し込みカウンターの設置も
日本郵政、日本郵便と楽天が3月12日、資本・業務提携に合意したことを発表した。2者のアセットを組み合わせることで、オンラインとオフラインで新たな価値創造を図っていく。郵便局内のイベントスペースに楽天モバイルの申し込みカウンターを設置していく。(2021/3/12)

日本郵政が楽天に1500億円出資し提携強化 郵便局で楽天モバイル申込みも
日本郵政と楽天は3月12日、資本業務提携を行うと発表した。日本郵政が1500億円を楽天に出資し、出資比率は8.32%となる。2020年12月に発表した物流面での戦略提携に加え、モバイル分野、郵政グループのDX推進でも提携する。さらに、金融、ECの分野でも協業を進める。(2021/3/12)

and factoryがSkyfallと資本業務提携 マンガアプリ事業の拡大を目指す
マンガアプリを運営するand factoryは、広告事業などを手掛けるSkyfallと資本業務提携契約を締結した。マンガアプリ事業の収益拡大と、新規事業の創出を目指す。(2021/2/26)

家電メーカー進化論:
家族型ロボットへ出資した、日立GLSの目指す未来
日立グループで家電製品の開発販売を行う日立グローバルライフソリューションズ。同社は2020年12月に、家族型ロボットの製造販売を行うスタートアップ・GROOVE Xとの資本・業務提携し、また海外家電事業をトルコの家電大手アルチェリクとの合弁会社へ移管すると発表した。同社の目指す未来を取締役社長の谷口潤氏に聞いた。(2021/2/17)

中小企業マーケット開拓に意欲:
トライベック後藤洋氏に聞く ミロク情報サービスとの資本業務提携の背景とこれから
2020年12月にミロク情報サービス(MJS)と資本業務提携を発表したトライベック。マーケティング領域を軸に大企業のDX支援を手掛ける同社が国内中小企業に顧客基盤を持つMJSと組むに至った経緯と今後について聞いた。(2021/2/10)

ドコモ、家族型ロボット「LOVOT」開発のGROOVE Xと資本・業務提携
NTTドコモは、家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を開発・販売するGROOVE Xと資本・業務提携契約を締結。コミュニケーションサービスの創出や、ヘルスケア・メディカルケア分野での協業などを目的としている。(2021/1/20)

トレックス・セミコンダクター 代表取締役社長 芝宮孝司氏:
PR:“アナログの泥臭さ”が生きる低電圧出力が勝負どころに、設計力を底上げしタイムリーな製品投入を狙う
小型・低消費電力の電源ICに強みを持つトレックス・セミコンダクター。新しい中期経営計画の初年度となる2021年度は、主力製品のラインアップ拡充を図る他、資本提携したインドのアナログICメーカーとの協業による設計力の底上げと、半導体受託製造を手掛ける子会社フェニテックセミコンダクターの工場移管による高収益体制の確立を目指す。同社社長の芝宮孝司氏に、事業戦略を聞いた。(2021/1/13)

noteにBASEが出資 「クリエイター支援を強化」
noteとBASEが資本業務提携。noteで商品への思いを発信しているクリエイターにBASEで販売してもらったり、BASEのクリエイターにnoteを通じて集客してもらうなど、両サービスの活性化を狙う。(2021/1/12)

文芸春秋とnoteが資本業務提携 新人作家の発掘、育成で協力 
 出版大手・文芸春秋と、メディアプラットフォーム「note」を運営するnoteは10日、資本業務提携を結んだと発表した。noteが実施する第三者割当増資を文芸春秋が引き受ける。出資額は非公表。文芸春秋が資本業務提携するのは初めて。共同で新人作家の発掘や育成を目指す。(2020/12/10)

文芸春秋、noteと資本業務提携 社員交流も
文芸春秋がnoteに出資。共同でイベントを行ったり、社員同士が交流したりするという。(2020/12/10)

モビリティサービス:
トヨタがKDDIに522億円出資、通信大手3社で重なる協業範囲
トヨタ自動車とKDDIは2020年10月30日、新たな業務資本提携に合意したと発表した。中長期に渡って戦略的な提携を進める上で資本関係の強化が必要と判断。KDDIはトヨタを引受先とし、総額約522億円の第三者割当による自己株式処分を実施する。(2020/11/2)

トヨタ、KDDIに約520億円の追加出資 次世代の研究開発を強化
KDDIとトヨタ自動車が、コネクテッドカー技術などの研究やサービス開発、ビッグデータ活用に向けた新たな業務資本提携を結んだと発表した。(2020/10/30)

NTT 分身ロボベンチャーのオリィ研究所と資本業務提携 
次世代通信網の活動事例を具体化させることで、将来の利用者獲得につなげる。(2020/10/16)

マネーフォワード、「お金の健康診断」を提供する400Fと資本業務提携
マネーフォワードは10月15日、同社が運営する「マネーフォワードファンド」を通じて、「お金の健康診断」を運営する400Fに出資、業務提携を行ったと発表した。(2020/10/15)

製造マネジメントニュース:
トヨタがビジネスモデル変革で電通と協力、2021年に新会社
トヨタ自動車と電通グループは2020年9月16日、マーケティングの変革やモビリティビジネスの創出に向けて2021年1月に新会社を発足すると発表した。これに合わせてトヨタと電通グループ、トヨタ完全子会社のデルフィスは資本業務提携を締結。新体制の発足に向けて、各国の競争法当局の承認などを受けた後で電通グループがデルフィスに出資し、準備を進める。(2020/9/17)

ポプラ・生活彩家の140店舗が「ローソン」ブランドに転換
以前から資本業務提携を行っていました。(2020/9/10)

SHOWROOMとマイナビが資本業務提携 コロナ下の人材事業に動画活用
SHOWROOMとマイナビが資本業務提携。SHOWROOMのライブ配信技術とマイナビの採用ビジネスを結びつけ、コロナ下での新たなビジネスモデルを構築する。(2020/9/9)

「FGO」のディライトワークス、「ログレス」開発元と提携解消 「当初想定した成果を享受できない」
ディライトワークスが、Aimingとの資本業務提携を解消。当初はゲームを共同開発する予定だったが、市場動向における商品性などを再評価した結果「想定した成果を享受できない」と判断したという。(2020/7/30)

ドコモとMobility Technologies、配車アプリや決済サービスで提携
NTTドコモとMobility Technologiesは、7月13日に資本・業務提携契約を締結。配車アプリと「d払い」ほか決済サービスやdアカウントでの認証などで連携し、自動運転やデータ活用ビジネスなどにおける事業化も検討する。(2020/7/13)

NTTとNECの提携、通信安全保障との関連性は?
NTTとNECが2020年6月末に発表した資本業務提携と共同開発は、NECにとってのメリットこそ分かりやすいが、NTTはどのような恩恵を得られるのだろうか。背景には「通信安全保障」というキーワードが見え隠れする。(2020/6/30)

製造マネジメントニュース:
新たなメイドインジャパンで世界に、NTTとNECが資本業務提携
NTTとNECは2020年6月25日、革新的光・無線技術を活用したICT製品の共同研究開発とグローバル展開を目的とした資本業務提携に合意したと発表した。(2020/6/26)

NTTとNECが次世代無線技術で資本業務提携 「世界に出る最後のチャンスかもしれない」
NTTとNECが、5G通信や光通信技術を活用した製品の共同開発や、グローバル展開に向け資本業務提携を結んだと発表した。(2020/6/25)

NTTとNEC、資本業務提携「協議中」 5G通信設備など共同開発へ
NTTがNECに約600億円の出資を行うと、日本経済新聞などが報道。これに対しNECは「NTTとの資本業務提携については協議中」と声明を出した。(2020/6/25)

海洋堂がMSD企業投資と資本業務提携 「もっともっと面白い作品の製造開発を」
前日には「買収?」と心配するファンの声も見られました。(2020/6/23)

Tencent、「牧場物語」マーベラスの筆頭株主に 5G対応やグローバル展開を支援
マーベラスは、中国Tencent傘下の投資会社Image Frame Investment(IFI)と資本業務提携を結んだ。IFIは発行済み株式数の13.9%を約49億円で取得する他、主要株主が売り出す株式を約20億円で取得し、議決権の約20%を持つ筆頭株主となる。(2020/5/26)

プロジェクト:
住友林業と熊谷組が海外プロジェクトで初協業、コンドミニアムと商業施設の開発に着手
住友林業と熊谷組は2017年の業務・資本提携以来、8つの分野で分科会を立ち上げ、協業に向けて取り組んできた。このほど、両社がアジア地域で不動産開発事業に乗り出すために、合弁会社SFKGを設立し、第1弾としてインドネシアで、高層コンドミニアムと複合商業施設の開発プロジェクトに着手する。(2020/5/13)

製造マネジメントニュース:
CASE、MaaS時代の新たなソリューション確立を目指して資本業務提携
ウフルと豊田合成は、資本業務提携を発表した。豊田合成の「e-Rubber」を通じて得られる各種データを活用し、製品やサービスの価値向上を図るなど、CASEやMaaS時代に対応する新たなソリューションおよびサービスの確立を目指す。(2020/5/1)

吉本興業とUUUMが資本業務提携 吉本所属タレントの約800チャンネルがUUUMと共同運営に
強力タッグ。(2020/4/28)

UUUMと吉本興業が資本業務提携 芸人YouTubeチャンネル強化やYouTuberのテレビ進出も
吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネルを共同で運営する他、UUUM所属クリエイターのマスメディア進出などで協業する。(2020/4/28)

モビリティサービス:
トヨタNTTの“がっかり”提携会見、その背後にある真の狙いとは
2020年3月24日、トヨタ自動車とNTTが資本業務提携についての記者会見を開いた。主要な題目はスマートシティービジネスとなっていたが、両社の説明は具体性に欠け“がっかり”させる内容だった。今回の会見の背景にある狙いについて、自動車産業ジャーナリストの桃田健史氏が読み解く。(2020/4/3)

業界動向:
NIPPOと前田道路が資本業務提携、技術者交流や工場の効率化を推進
NIPPOと前田道路は、話し合いがしやすい環境づくりや技術者交流、工場の効率化などを目的に、資本業務提携の協議をスタートさせた。両社の協業により、道路舗装業界に巨大勢力が誕生することが見込まれる。(2020/4/1)

LINE、出前館に計300億円を出資 「LINEデリマ」「出前館」を統合、フードデリバリー事業を強化
LINEが出前館と資本・業務提携を結んだ。NAVER傘下のファンドと共同で計300億円を出資する。フードデリバリーサービス「LINEデリマ」「出前館」のブランドを統合するなど、共同で事業を推進する。(2020/3/27)

製造マネジメントニュース:
KDDIが日本交通のJapanTaxiに出資、タクシー事業者のDX支援で協力
KDDIと日本交通グループのJapanTaxiは2020年3月25日、資本業務提携を結んだと発表した。タクシー事業者のデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援に取り組む。(2020/3/27)

製造マネジメントニュース:
NTTがゼンリンに45億円出資、2020年度から構築する「高度地理空間情報データベース」向け
NTTとゼンリンは2020年3月26日、資本業務提携を結び、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の活用に向けた地図の高度化に取り組むと発表した。NTTはゼンリンが実施する自己株式の第三者割当を引き受けることにより、45億6960万円を出資する。ゼンリンに対するNTTの出資比率は7.32%となる。(2020/3/27)

JapanTaxiとKDDI、MaaSの移動体験高度化に向けた資本業務提携
KDDIとJapanTaxiは、MaaSの移動体験高度化に向けた資本業務提携を締結。両社はMaaSプラットフォームの構築や新たなタクシーサービスの創出、自動運転の事業化に向けた実証実験への参画に共同で取り組んでいく。(2020/3/26)

NTTとゼンリンが資本業務提携 3D地図の高度化で協業 サイバー空間に現実世界を再現へ
NTTがゼンリンと資本・業務提携を締結。ゼンリンが実施する第三者割当を引き受け、発行済み株式数の7.3%を約45億7000万円で取得する。以降は3D地図の高度化に向けて協業する。(2020/3/26)

製造マネジメントニュース:
「ソフトウェアファースト」で社会の一部となるクルマづくりへ、トヨタとNTT
トヨタ自動車とNTTは2020年3月24日、東京都内で記者会見を開き、業務資本提携を締結したと発表した。(2020/3/25)

「GAFAへの対抗になる」「対抗はウエルカム」 トヨタとNTTの“連合”、豊田社長と澤田社長が意欲
トヨタ自動車とNTTが「スマートシティー」の分野で資本・業務提携を発表。NTTの澤田純社長は「(トヨタとNTTが提携するという構図は)GAFAの対抗になり得る」と語った。他社異業種とも協業し、枠組みの拡大にも意欲を見せる。(2020/3/24)

トヨタとNTTが資本業務提携 スマートシティーで協業、世界へ展開
トヨタとNTTが、スマートシティーの分野で資本・業務提携する。自動運転、通信などの技術を組み合わせ、スマートシティーの基盤となる技術を開発し、世界各国の都市に展開していく。(2020/3/24)

ドコモとリクルート、会員サービスを連携へ ホットペッパー利用でdポイント付与 Pontaと“三角関係”に
NTTドコモが、会員・ポイント事業でリクルートと業務提携。10〜12月をめどに「dアカウント」と「リクルートID」の連携を開始する。だがリクルートはすでに、「Ponta会員ID」とリクルートIDの連携に対応済み。Ponta運営元はKDDIとの資本・業務提携を発表しているが、各社は会員サービスを今後どのように提供していくのか。(2020/1/30)

「ベヨネッタ」開発元のプラチナゲームズ、中国Tencentと資本提携 経営基盤を強化も「自主性に変化はない」
プラチナゲームズが中国Tencent Holdingsと資本提携。経営基盤を強化する他、ゲーム開発だけでなく自社タイトルのパブリッシング事業にも取り組むという。(2020/1/7)

“VRイベント会場”運営のクラスター、テレ朝・グリー子会社と協業 VTuberアプリ「REALITY」と連携へ
VR空間上にイベントスペースを立ち上げられるサービス「cluster」を運営するクラスターが、テレビ朝日、Wright Flyer Live Entertainmentと資本業務提携。イベント事業やコンテンツ開発などで協業する。(2020/1/6)

KDDIとローソンが12月20日から提携記念キャンペーン開催 「au PAY」利用で最大20%をポイント還元
KDDIとローソンが資本業務提携を記念したキャンペーンを開催する。全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100の買い物にスマホ決済サービス「au PAY」を利用すると、最大20%のポイントを還元する。(2019/12/19)

「au PAY」と「Ponta」が共闘 KDDI高橋社長「PayPayの対抗軸にする」と自信
KDDIが、ローソン、ロイヤリティ マーケティングと資本・業務提携すると発表。2020年5月をめどに「au WALLETポイント」と「Pontaポイント」を統一し、「au PAY」のユーザー増を目指す。(2019/12/16)

KDDIとローソンが提携 「au WALLET ポイント」は「Pontaポイント」に、1億人超の会員基盤が誕生
KDDIとローソンが資本業務提携契約を発表。2020年5月以降に両社のポイントサービスを「Ponta」に統一する考えを明らかにした。オンラインとオフラインを融合した「次世代型コンビニ」向けのサービス開発にも取り組む。(2019/12/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。