ニュース
» 2013年07月29日 23時19分 UPDATE

読売テレビの新提案? 漫才番組で“トリプルスクリーン”企画

テレビ、PC、スマートフォン、タブレットなどから3つのデバイスを組み合わせ、放送とネットコンテンツを同時に楽しめる。

[ITmedia]
ts_ishin01.jpg Webアプリ「クスッと!総選挙」

 讀賣テレビ放送(以下、読売テレビ)は、関西地区で8月1日の深夜1時30分から放送する漫才番組「漫才維新〜2013 ytv漫才新人賞選考会 ROUND 1〜」において、“トリプルスクリーン”企画を実施する。テレビ、PC、スマートフォン、タブレットなどから3つのデバイスを組み合わせ、放送とネットコンテンツを同時に楽しめるという。

 1つのめのスクリーンは、テレビ画面だ。「漫才維新〜2013 ytv漫才新人賞選考会 ROUND 1〜」は、結成10年目までの若手漫才師を対象にした「ytv 漫才新人賞決定戦」の予選会(ROUND1)を放送するもの。今回はアイロンヘッド、尼神インター、インディアンス、学天即など15組が出演する。

 2つめのスクリーンはWebアプリ。番組の放送中に読売テレビの番組ホームページを開くと「クスッと!総選挙」に参加できる。出場者のネタ中に「クスッ」と笑ったら、画面上の「クスッと!」ボタンを押下。他の視聴者のクスッと合計回数も表示される。

 最後のスクリーンは、ニコニコ生放送の“裏実況”だ。人気漫才師で、昨年のytv 漫才新人賞受賞者でもある「銀シャリ」の2人が、今年の出場者に生コメント。裏実況は漫才維新のホームページからリンクされている「読売テレビニコニコチャンネル」で視聴できる。

ts_ishin02.jpg 「読売テレビニコニコチャンネル」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう