ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「実況」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実況」に関する情報が集まったページです。

スズメvs.スズメの負けられない戦い! スズメのサッカー実況動画に「天才」「何回も見ちゃう」の声
誰が誰だか……。(2021/3/7)

「ゆるゆるウンチは結構強敵」「おしり拭きをリロード!」 子育てをゲーム実況してみた動画が共感と笑顔呼ぶ
基本クエストがランダムで高難度クエストに変わるタイプ。(2021/2/20)

ドキドキが視聴者に伝わるゲーム実況向け“ゲーミング腕時計” ガーミンが開発 実際に試してみた
ガーミンジャパンのeスポーツ向けGPSウォッチ「INSTINCT Esports Edition」をレビュー。心拍数などを視聴者に伝えられる「STR3AMUP!」などを、実際にゲーム実況に使ってみた。(2021/2/9)

ゲーム実況界に激震 狩野英孝、「バイオ4」ゲーム実況でまさかのラストを迎えてしまう「前代未聞」「伝説の最終回」
4万人が見守る中、誰も予想していなかったラスト。(2021/2/4)

アナウンサーが赤ちゃんのお遊びを本気で実況→手に汗握る神試合に 「赤ちゃんだから口に入れたーっ!」
緊迫感をあおりつつ、きちんと注意喚起に着地させるあたりがすごい。(2021/1/28)

「ドラクエ」のゲーム実況、個人の収益化OKに スクエニがガイドライン更新 「変化を前向きにとらえた」
スクエニが、「ドラゴンクエスト」シリーズを使った実況動画の配信に関するガイドラインを更新。個人ユーザーによるYouTubeへの動画や画像の投稿を許可した。投げ銭機能や広告での収益化も認めている。(2021/1/14)

スクエニ「ドラゴンクエスト」シリーズの配信ガイドラインを改定 個人による動画の収益化を解禁へ
ガイドラインの冒頭では「『ドラゴンクエスト』はゲーム実況・配信を応援します」とも。(2021/1/14)

「こんなに見せてもらえていいのかな?」 手越祐也が大腸カメラ実況、人間ドックの様子と結果を全世界へ公開
見せちゃいます。(2021/1/12)

カプコン、ゲーム実況動画の個人向けガイドライン 広告収入や投げ銭で収益化OK
カプコンが、同社製ゲームの実況動画などの配信に関する個人向けガイドラインを公開した。(2021/1/7)

“VTuber言葉”デビュー配信でトレンドに 「スクールデイズ」一挙放送を自ら実況するという伝説を打ち立てる 「そっか覚醒してるんだぁ」
これは伝説だった……。(2020/12/26)

約44時間ぶりに脱出 関越道、大雪で立ち往生していたクルマ1000台を自衛隊が救助に Twitter実況ドライバーも無事を報告
一連の投稿を元に振り返ります。(2020/12/18)

オカシオ・コルテス議員、Twitchでの「Among Us」実況で20万ドルの募金に成功
米民主党のアレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員がTwitchでゲーム「Among Us」の実況を行い、約5時間で20万ドルの募金を集めた。同氏は10月の実況ではTwitch史上3番目の43万9000ビューを獲得している。(2020/11/30)

「桃太郎電鉄」新作、コナミとしては異例の「動画投稿し放題」 ゲーム実況に関するガイドラインを公開
「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」は11月19日発売です。(2020/11/18)

ニコニコ実況「torne」連携終了 BSやtvkも非対応に ユーザー「辛い」
放送中のテレビ番組などにリアルタイムにコメントを付ける「ニコニコ実況」が12月に刷新。レコーダー「torne」と連携する機能は終了する。(2020/11/17)

ニコニコ実況、Flash終了受けて「ニコニコチャンネル生放送」にリニューアル torne連携は終了へ
録画したtorneで午後ローを見るという楽しみが……。(2020/11/16)

「投げ銭は最高5ドルまで」 世界的な人気ゲーム実況者の決断に反響
「相応のリアクションをしなければ」と、高額な投げ銭が重荷になっていたそうです。(2020/11/5)

Cygames、ゲーム実況の配信ガイドライン発表 7タイトルは配信OK 収益化も条件付きで許可
Cygamesが、ゲーム実況動画などの配信に関するガイドラインを公開。「YouTubeパートナープログラム」などを使った収益化も認めている。(2020/11/4)

キズナアイ、日本中央競馬会の公式ナビゲーターに レースの実況や予想動画を配信
日本中央競馬会(JRA)が、バーチャルYouTuber「キズナアイ」を公式ナビゲーターに任命。競馬業界の活性化に向け、レースの実況や予想動画を公開する。(2020/10/14)

「ノベルゲームは実況控えて」 「CLANNAD」移植版の販売元が呼び掛け 営業上の損失に
ノベルゲームの移植や販売を手掛けるプロトタイプが、同社の製品を使ったゲーム実況動画の配信を控えるよう呼び掛けた。動画共有サイトなどで該当する動画の投稿が急増し、対応に要する時間が増えているという。(2020/10/7)

岡田眞善、お台場フジテレビへ向かうはずが東名高速で関西方面へ 140分におよんだ珍道中実況に「世にも奇妙な物語気分」
川崎→世田谷のフジテレビ→東名川崎→東名横浜青葉→お台場のフジテレビ。(2020/9/9)

ライブカラオケサービス「Twitch Sings」、2021年1月1日終了へ
Amazon傘下の実況サービスTwitchが昨年4月にスタートしたライブカラオケサービス「Twitch Sings」が来年1月1日に終了する。(2020/9/7)

白石麻衣、初のゲーム実況動画でうなる! 無邪気なリアクション連発にファン「ゲームじゃなくてワイプ見ちゃう」
「ん゛ん゛ん゛〜!」がかわいい。(2020/9/5)

Amazon Music、Twitchのライブ機能をアプリに統合
Amazon.comが、音楽配信サービス「Amazon Music」のモバイルアプリに傘下の実況サービス「Twitch」のライブ配信機能を組み込んだ。Amazon Musicのユーザーはアプリで登録しているお気に入りアーティストがTwitchでライブを配信すれば、アプリで視聴できる。(2020/9/2)

画像をアップするだけ、スマホ1台でバーチャル実況 「ツイキャス Vメイカー」公開
「ツイキャス」を手掛けるモイが、ユーザーの表情に合わせて動く顔アニメを生成できるスマホアプリ「ツイキャス Vメイカー」を公開。ライブ配信サービスと組み合わせれば、VTuberのようなバーチャル実況配信ができる。(2020/8/31)

実況動画をサクッと作れる動画編集ソフトが9月24日に発売 テロップや立ち絵の挿入作業がお手軽に
簡単にいい感じな位置でテロップが入ります。(2020/8/26)

NHK「批判は認識している」 戦時下を実況する「ひろしまタイムライン」が原典にない“朝鮮人”投稿で物議
「75年前、戦時中の中学生がTwitterをしていたら?」という企画。(2020/8/21)

日本上空にPonta出現 「ポンタな天気」「ポンタだ。ポンタがおる」
12日9時の実況天気図をご覧ください。(2020/8/13)

セガ、「にじさんじ」VTuberのゲーム実況を許可 著作物利用の包括的許諾契約を締結
セガが、バーチャルYouTuber事務所の「にじさんじ」を運営するいちからと著作物の利用に関する包括的許諾契約を締結。にじさんじのバーチャルYouTuberは今後、セガの作品を使ったゲーム実況が可能になる。(2020/8/3)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「ゲーム実況」の思い出をレポートする
感想「みーんな“ゲーム実況”やっててワロタ」(2020/7/23)

Switchの迷作「ファイナルソード」陣内智則の実況プレイが実現 「音うるさっ」「父親クスリやってんのか?」
顧客が本当に求めていたもの。(2020/7/15)

人気プロゲーマーNinja、Mixer終了に向けYouTubeで初ゲーム実況
人気プロゲーマーNinjaがYouTubeでは初のゲーム実況を行った。Microsoftのゲーム実況サービス「Mixer」と独占契約していたが、同サービス終了でその動向に注目が集まっていた。(2020/7/10)

Twitch、トランプ米大統領の公式アカウントを一時的に停止 動画内のヘイト発言で
Amazon傘下の実況サービスTwitchが、ドナルド・トランプ米大統領の公式アカウントを一時的に停止した。支持者集会の動画内で移民を蔑称で攻撃した部分がポリシーに違反した。(2020/6/30)

実況スタイル新しすぎるだろ! あばれる君、見たことない“顔出し”ゲーム配信が神回確定
その発想はなかった。(2020/6/27)

Microsoft、ゲーム実況「Mixer」を7月22日に終了 コミュニティを「Facebook Gaming」に移行し技術は「Teams」で生かす
Microsoftが2017年に立ち上げたゲーム実況サービス「Mixer」を7月に終了する。ユーザーは競合する米Facebookの「Facebook Gaming」に移行するよう促されている。Mixerで培った技術は「Microsoft Teams」に生かしていく。(2020/6/23)

Twitch上でAmazon Prime Videoの映画やドラマを同時視聴 日本でも提供
 米Amazon傘下のゲーム実況サービス「Twitch」が、配信者が「Amazon Prime Video」の映画やドラマをフォロワーと同時に視聴できる機能「Watch Parties」を日本でも提供した。米国以外のユーザーはコンテンツを視聴する機能のみ使用できるが、今後数カ月以内に映像の配信も可能になるという。(2020/6/17)

吉本興業と“にじさんじ”の配信者、任天堂タイトルのゲーム実況OKに 著作物利用の包括的許諾契約を締結
任天堂が同社の著作物の利用ガイドラインを改定。吉本興業やいちからに対し、著作物の利用を許可した。これらの事務所所属の配信者は、任天堂ゲームの実況動画などの投稿や収益化ができる。(2020/6/1)

任天堂、にじさんじの「いちから」や「UUUM(吉本興業含む)」などと新たに包括契約 公式の実況動画が可能に
任天堂がUUUM(吉本興業所属を含む)、いちから、ソニー・ミュージックマーケティング、東京産業新聞社(ガジェット通信)と新たに契約を締結。(2020/6/1)

杉浦太陽、YouTubeチャンネル「たぁちゃんネル」開設 杉浦家では「辻ちゃんネル」「たぁのんちゃんネル」に続き3つ目
「たぁちゃんネル」ではアウトドアや男飯、親子でゲーム実況なども予定しているとのこと。(2020/5/29)

人生で初めてコントローラーを握った川口春奈の「あつ森」実況動画が「下手すぎてかわいい」と話題に
なんか応援したくなる。(2020/5/28)

叶美香、「あつ森」でも姉・恭子のお世話に奮闘 今後は実況やファンの島へ遊びに行くことも
島にレッドカーペット敷かないと。(2020/5/18)

小学生が遊ぶゲーム、「あつ森」は3位 1位と2位は?
小学生が遊んでいるゲームタイトルや、よく見ているゲーム実況YouTuberは?──ゲームのオンラインコーチ事業を手掛ける和(和歌山県有田郡)は、こんな調査結果を公開した。(2020/5/12)

ゲーム実況サービス「Facebook Gaming」の単体Androidアプリ誕生(iOSは認可待ち)
Facebookがゲーム実況をスマートフォンで視聴するための単体アプリ「Facebook Gaming」をまずはAndroid版でリリースした。実況の視聴だけでなく、配信も可能な他、Facebookのカジュアルゲームもプレイできる。(2020/4/21)

「暇だったんだ」 英スポーツキャスターが“犬のご飯タイム”を実況して大人気に
わんこ同士のゆるい攻防戦が繰り広げられる。(2020/4/15)

伝説始まったな……! 狩野英孝、「勝手に斧振らないで!」連呼するホラーゲーム実況生配信が神回だと話題に
笑いの神に愛された男。(2020/4/14)

「島流しか!?」「幕府を開こうぞ」 すゑひろがりず、どうぶつの森“狂言風”ゲーム実況動画で天下統一を目指す
これはどうぶつの森なのか……?(2020/4/1)

芸人ヤマクエの「俺のゲーム愛を笑うな」:
「サワムラーで上級者に勝つにはどうすればいい?」 ポケモン初心者がガチ勢と本気バトル&感想戦してみた
サワムラーはガチポケ。【実況動画付き】(2020/3/29)

「ニコニコネット超会議」第1弾ネット企画を発表 初音ミク・EGOISTのオープニングライブや8日間連続ゲーム実況など
超歌舞伎・VTuber Fes・VOCALOID Fesは無観客開催に。(2020/3/25)

「どうぶつの森」をプロのアナウンサーがeスポーツ風実況 のどかな日常が「莫大な借金を抱えた男の戦い」に
「たぬきちによって背負うことになった十字架、借金の額は現在9万8000ベル。この多額の借金も日が暮れる前に返済することができるのでしょうか」……アツいっ。(2020/3/25)

新型コロナで公演中止のM.S.S Project、無観客ライブ配信にファンの“投げ銭”止まらず 「スパチャ1億」トレンド入り
新型コロナウイルスの影響でイベントの中止が相次ぐ中、4人組のゲーム実況&音楽ユニット、M.S.S Projectが無観客ライブをYouTubeで配信し、投げ銭機能の「スーパーチャット」で1億円超とみられる支援を集めた。(2020/3/5)

「Facebook Gaming」に実況者向け「チャットルール」ツール 違反コメントはリアルタイムで削除可能
FacebookのTwitch競合ゲーム実況サービス「Facebook Gaming」に、実況者がチャットを快適に保つためのルールを簡単に設定するツール「Chat Rules」を発表した。違反コメントはモデレーターがリアルタイムで削除する。(2020/2/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。