ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「実況」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実況」に関する情報が集まったページです。

ねとらぼの中の人インタビュー:
「感動ポルノ」だけじゃなく、「炎上ポルノ」もあるよね―― ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」 〜たろちん編〜
編集部の中の人にいろんなことを聞く連載。第1回はゲーム実況のパイオニアである「たろちん」さん。(2019/7/7)

PC用全録テレビチューナーボード、ひろゆき氏の会社がクラウドファンディング開始
視聴ソフトと合わせることで2ちゃんねる実況スレのコメントを流しながらテレビ番組を楽しめる。(2019/6/28)

リストラされた父親が“JKゲーム実況者”に 娘に背中押されて立ち直る漫画
ゲームへの認識がパドルテニスで止まってるお父さん(50)、FPSに挑戦の巻。(2019/6/20)

「負けたら腕立て、勝っても腕立て」 ケイン・コスギさん、ゲーム実況者になっていた
テレビや映画で活躍するスポーツマンが、なぜゲームの世界に足を踏み入れたのか、ゲーミングマウスの新製品発表会に登壇した本人に話を聞いた。(2019/5/17)

TwitterやFacebook、ニュージーランド主催のネット上の暴力コンテンツ阻止誓約「Christchurch Call」に賛同
3月にニュージーランドのクライストチャーチで発生した銃乱射事件のFacebookでの実況動画拡散を受け、ニュージーランド政府がネット上の暴力コンテンツ排除を目的とする誓約「Christchurch Call」を発表し、Facebook、Twitter、Google、Amazon、Microsoftらが賛同した。(2019/5/16)

ゲーム実況グループ「幕末志士」坂本さんが活動再開へ 「自分を見つめ直し、生まれ変わった」
ファンからは「ていうか休止してた?」と突っ込む声も。(2019/4/19)

Twitch初のオリジナルゲームはカラオケ「Twitch Sings」
Amazon.com傘下のゲーム実況サービスTwitchが、同社初のオリジナルゲーム「Twitch Sings」を公開した。ライブラリにある曲を選んでカラオケで歌って実況する。無料だ。(2019/4/15)

iOS版「LINE LIVE」にスクリーン配信機能 スマホ1台でゲーム実況が配信可能に
Android版は今後実装予定。(2019/4/13)

FacebookのサンドバーグCOO、「ライブ動画の利用制限を検討中」
ニュージーランドの銃乱射事件の犯人がFacebookの「ライブ動画」で犯行を実況中継したことを受け、ライブ動画を利用できるユーザーの制限を検討しているとシェリル・サンドバーグCOOがInstagramの公式ブログで発表した。(2019/3/31)

Google、4Kゲームストリーミングサービス「STADIA」を年内立ち上げへ 独自コントローラも
Googleが、ゲームストリーミングサービス「STADIA」を発表した。Chromeブラウザやスマートフォンなどクロスプラットフォームでクラウド上の4Kゲームをプレイでき、YouTubeでのゲーム実況も可能。オリジナルコントローラを使えばGoogleアシスタントで音声で操作の質問ができる。(2019/3/20)

人気ゲーム実況配信グループ「幕末志士」の坂本さんが活動休止を宣言 「心がポッキリと折れました」
さまざまな騒動があったためとしています。(2019/2/24)

「カメラを止めるな!」初テレビ放送は監督実況、ノーカットで
話題の映画「カメラを止めるな!」が早くもテレビ放送される。「金曜ロードSHOW!」で3月8日。(2019/2/8)

「カメラを止めるな!」テレビ初放送は3月8日に、完全ノーカットで副音声は上田監督らの生実況
きたぁぁぁぁ!(2019/2/8)

PR:ゲーム実況のプロに聞く ゲーミングディスプレイの選び方
GODSGARDENに所属するプロゲーマーであり、ゲーム実況でも高い人気を博しているふり〜だ氏に27型ゲーミングディスプレイ「iiyama G-MASTER GB2760QSU」を試用してもらい、その感想を聞いた。(2019/1/21)

佐野ひなこ、バイオRE:2“Z版”でゲーム実況デビュー! 「需要しかない」「なんて嬉しいチャンネル」とファン歓喜
顔出しはうれしい。(2019/1/26)

田口尚平アナウンサー「ねむったー!」 スマブラSP名勝負「プリン対プリン」の動画に本職の実況がつけられ話題に
面白い動画に面白い実況がのったらそれは最高……!(2019/1/14)

任天堂、著作物の利用ガイドライン発表 実況動画に著作権侵害を主張せず「体験が広く共有されることを応援したい」
ファンアートについても言及。(2018/11/29)

初の専門アナウンサー事務所設立:
元大手民放エースアナ 甲子園を捨てeスポーツ実況に懸けた理由
大手民放のアナウンサーが「自分抜きで盛り上がるのは許せない」と初のeスポーツ実況専門の事務所を設立。今後は後進育成や「選手の生き様を語る」実況を目指す。(2018/10/24)

「テロップは全て人力でした」 史上初の「パワプロ風野球中継」 実現の陰にあった3つの壁とパワプロ愛
プロ野球の試合中継をゲーム「実況パワフルプロ野球」風に配信し、大きな反響を呼んだAbemaTV。実現までにはさまざまな苦労が――プロデューサーの押目隆之介さんに話を聞いた。(2018/10/21)

KDDI、札幌ドームでARグラスを用いたプロ野球観戦の実証実験
KDDIは、札幌ドームでARグラスグラス「R-9」を用いた野球観戦の実証実験に成功。スタッツ情報や中継映像、実況・解説音声のリアルタイム配信をARで表示するという新しい体験を提供する。(2018/10/4)

「本当に好きでゲームやってる感」 本田翼、初のゲーム実況動画が70万再生超え チャンネル登録者は45万人に
再生数、登録者は今も増え続けています。(2018/9/23)

なんて日だ! 本田翼、YouTubeでゲーム実況チャンネル開設
初回配信は9月22日21時から。チャンネル登録待ったなし。(2018/9/21)

メカ設計メルマガ 編集後記:
エアロダイナミクスの可視化を体感した!? 学生フォーミュラ
エンデュランスの実況で、やけにエアロ語りが熱かった件です。(2018/9/11)

Twitterの投稿からAIが映画をおすすめ 名作からとんでもないのまで出会えそうな「TSUTAYA AI」がスタート
コマンドー実況民はやっぱりコマンドーを激推しされるのでしょうか。(2018/8/30)

「任天堂から内定もらってた」「小学校で洋ゲーにハマった」 eスポーツ実況へ転身した元テレビ局アナウンサーに話を聞いた
決断の背景。(2018/8/4)

ここをキャンプ地とする(2泊3日) 深夜バスの王“はかた号”西日本豪雨に翻弄された28時間を伝えるTwitter実況が話題に
ほぼ往復分をまとめて体験するという珍事。(2018/7/9)

HIKAKINさんなど所属のUUUM、レベルファイブから著作物使用許諾受ける ゲーム実況、健全に
UUUMは、「妖怪ウオッチ」「レイトン教授」シリーズなどで知られるレベルファイブと、著作物使用に関する包括許諾契約を結んだ。「健全なゲーム実況動画を創り出す」としている。(2018/6/27)

「おおおおっしゃあああ!!」「打てー!」 松木安太郎さんがサッカー漫画『アオアシ』を試し読み実況する動画が熱血すぎる
音読したり声援を送ったり感想を漏らしたりと忙しいです。(2018/6/19)

朝日放送出身のアナウンサーがeスポーツ実況に特化した新会社設立 代表は過去にプロ野球、Jリーグの実況を担当
「RAGE」や「パワプロチャンピオンシップ」などで実況を担当。(2018/6/18)

Facebook、今度はTwitchのようなゲーム実況サービス「ゲーム動画」開設
Facebookが、TwitchやMixerのようなゲーム実況コーナー「ゲーム動画」を立ち上げた。ストリーマーのための収益化プログラムも計画している。(2018/6/8)

UUUM、カプコンから著作物の利用許諾を受ける 「ゲーム実況」健全に
YouTuberのマネジメント事業を行うUUUMが、カプコンの著作物について包括的許諾を受けた。「健全なゲーム実況動画を作り出す」としている。(2018/6/1)

PR:女子野球部育成ゲーム「ハチナイ」を柳沢慎吾が独り芝居で応援 監督オレ投手オレ代打オレ実況オレとにかく「全部オレ」
ほぼ無音の球場に、柳沢さんの叫びがこだまする。(2018/3/20)

AmazonのTwitch Primeで毎月数本のゲームが無料の「Free Games with Prime」
Amazon傘下のゲーム実況サービスTwitchが、Amazonプライム会員であれば無料で使える「Twitch Prime」サービスで、毎年数本のゲームを無料でダウンロードできる「Free Games with Prime」プログラムを立ち上げた。(2018/3/14)

「パーフェクトボディー」「池谷」「跳び箱」 ケイン・コスギのゲーム実況がパワーワードだらけのカオス配信になってしまう
サブスク音が「パーフェクトボディー!」なのはズルい。(2018/3/11)

吉本興業「eスポーツ」参入 プロチーム発足、ゲーム実況配信、大会開催も
吉本興業がeスポーツ事業に本格参入。「よしもとゲーミング」としてプロチームを複数運営するほか、ゲーム実況に特化したタレントを育成。eスポーツイベントも主催する。(2018/3/8)

Microsoftのゲーム実況「Mixer」に実況中のゲームをその場で買える「Direct Purchase」
Microsoftのゲーム実況サービス「Mixer」で、実況者がストリーム画面でゲームやDLCを販売できるようになる。売り上げの5%が実況者の取り分になる。視聴者はストリーミングを見ながら関連コンテンツを購入できる。(2018/2/21)

Twitch、嫌がらせや性的コンテンツを規制する新ガイドラインを2月19日から実施
Amazon.com傘下のゲーム実況サービスTwitchが、コミュニティ内での嫌がらせや性的コンテンツ投稿を規制するため、「コミュニティガイドライン」を改定する。(2018/2/9)

サイコム、DeToNatorとコラボしたゲーム実況配信向けPC
2月19日まで5000円引き+送料無料。(2018/1/19)

AbemaTV、ゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」開設 来年1月に
AbemaTVにゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」が登場。2018年1月21日から人気ゲームの紹介番組や実況プレイを配信。(2017/12/21)

バーチャルYouTuberの草分け「キズナアイ」のチャンネル登録数が100万突破
ゲーム実況や「やってみた」など、一般的なYouTuberと同様のアプローチで活動しています。(2017/12/18)

Coffee Lake-S&安心設計&高コスパ:
PR:PUBGの実況が熱い! ゲーム配信したいなら「G-GEAR GA7J-J92/ZT」で決まり!
TSUKUMOのゲーミングPCブランド「G-GEAR」に「Coffee Lake-S」こと第8世代Coreプロセッサー搭載モデルが登場。ゲーム実況配信に最適なスペックと高い信頼性が特徴だ。(2017/11/29)

山梨県小菅村がなぜか「ホラー実況風」村おこし動画を公開 こういう実況プレイ動画見たことあるわ……!
実況主「はい、どーも、今日は「KOSUGEMURA OF THE DEAD』というゲームをしていきたいと思います」(2017/10/23)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン初のバルス祭り、Pawooはサーバリソース実況
既に対策を終えたPawooは、pixiv Sketch LIVEでサーバの負荷状況を実況する。(2017/9/29)

PR:ゼロから始めるゲーム実況!! 配信設定やパソコン選びのポイントを解説
ゲーム実況をしてみたい! でも何が必要? 配信方法をやさしく解説。(2017/9/22)

サイコム、ゲーム実況にも適した“DeToNator”コラボのRyzen搭載ゲーミングPC
サイコムは、ゲームの実況配信にも向くRyzen搭載ゲーミングデスクトップPC計2モデルの販売を開始した。(2017/9/12)

競走馬「ネコパンチ」がリードするたび本当の子ネコがネコパンチ JRA「異種実況」企画で馬よりネコを推す
ANZEN漫才や花澤香菜さんによる実況動画もあります。(2017/9/8)

ゲーム実況「Twitch」日本オフィス設立 日本に本格参入
Twitchが日本オフィスを東京に設立。日本市場を引き開拓するほか、ゲームを超えたさまざまなジャンルへの拡張を図る。(2017/9/6)

YouTube、iOSアプリでのゲーム実況他、新機能追加
YouTubeのiOSアプリでゲーム実況が可能になった他、ライブチャットのストレスを減らすための「超低遅延」オプションが追加され、ライブチャットの管理機能も改善された。(2017/9/6)

Microsoft、「Twitch」対抗「Mixer」のライブ配信可能なiOS/Androidアプリ公開
Microsoftがライブ実況サービス「Mixer」のiOS/Androidアプリ「Mixer Mobile」アプリを公開した。モバイルゲームの実況も、Periscopeのような普通のライブ実況も可能で、XboxやPCでの「Co-Streaming」にも参加できる。(2017/9/1)

パリーグ試合中に鳥の大群が襲来、ヒッチコック「鳥」状態 逃がすため球場を真っ暗にする珍事に
放送席も球場スタッフと鳥たちの攻防を実況。(2017/9/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。