ニュース
» 2013年12月20日 18時22分 UPDATE

スティック型USB-DACが進化、「DragonFly v1.2」登場

ディーアンドエムホールディングスは、Audioquestブランドの新製品「DragonFly v1.2」を12月25日に発売する。PC/MacのUSB端子に直接さし込める、スティック型USB-DACのバージョンアップ版だ。

[ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは12月20日、Audioquestブランドの新製品として、「DragonFly v1.2」を発表した。PC/MacのUSB端子に直接さし込めるスティック型USB-DACのバージョンアップ版。価格は2万7500円で、12月25日に発売する。

ts_dragon01.jpg 「DragonFly v1.2」

ts_dragon02.jpg 接続イメージ

 外観は従来機とほぼ変わらない。内部のDACチップとアナログ出力ステージ間の回路が刷新され、「よりダイレクトな信号パスが作られ、音の透明感や臨場感がさらに向上する」という。またDACの電源も強化した。

 DACチップは、ESS Technologyの「ES9023」。最大96kHz/24bitのPCM音源に対応し、非同期転送モードも備えている。サイズは19(幅)×12(奥行き)×60(長さ)ミリ。重量は23グラム。持ち運び用のポーチが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう