ニュース
» 2014年01月08日 17時11分 UPDATE

2014 International CES:オーテク、世界戦略モデル「SonicFuel」にアクティブなヘッドフォン3機種を追加

オーディオテクニカは、米ラスベガスで開催中の「2014 International CES」で世界戦略モデル「SonicFuelシリーズ」の新製品3機種を発表した。

[ITmedia]

 オーディオテクニカは、米ラスベガスで開催中の「2014 International CES」で「SonicFuelシリーズ」の新製品「ATH-AX5/5iS」「ATH-AX3/3iS」「ATH-AX1iS」を発表した。

ts_ax5_gunmetallic.jpgts_ax5_black.jpg 上位モデルの「ATH-AX5/5iS」はガンメタリックとブラックの2色

 SonicFuelは、先進的なデザインとライフスタイル提案をコンセプトとする同社の世界戦略モデル。昨年6月にリリースした「ATH-CKXシリーズ」を皮切りに、10月には同社初のアンプ内蔵ポータブルヘッドフォン「ATH-OX7AMP」など4製品を発表している。

 新製品はいずれもオーバーイヤータイプのヘッドフォンで、アクティブさを感じさせるしゃれたデザインが特長だ。日常の利用を想定したという。

 「ATH-AX5」は、アルミ製ハウジングに40ミリ径のドライバーを収めた上位モデル。スイーベル機構も搭載している。北米での価格は84.9ドル。一方の「ATH-AX5iS」はスマートフォンに対応したマイク&ボリューム調整付きで、価格は89.9ドルだ。

ax3_blue.jpgts_ax1_black.jpg 「ATH-AX3」のブルー(左)と「ATH-AX1iS」のブラック(右)

 ミドルレンジの「ATH-AX3/3iS」も40ミリ径ドライバーとスイーベル機構を搭載。北米での価格は、ATH-AX3が54.9ドル、リモコン付きのATH-AX3iSが59.9ドル。またスタンダードモデルの「ATH-AX1iS」は、スマートフォン対応モデルのみの展開となる。ドライバーは36ミリ径とひと回り小さく、価格も39.9ドルに抑えた。

 オーディオテクニカでは、同シリーズを北米のほか、欧州とアジアで販売する計画だ。ただし、国内での発売時期については未定となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.