ニュース
» 2014年01月30日 20時51分 UPDATE

ホワイトも:ヤマハ、Bluetooth対応の「YAS-103」などサウンドバー2機種を発表

ヤマハは、「YASシリーズ」の新製品として、サウンドバータイプの「YAS-103」「YAS-93」を2月下旬に発売する。

[ITmedia]

 ヤマハは1月30日、フロントサラウンドシステム「YASシリーズ」の新製品として、サウンドバータイプの「YAS-103」「YAS-93」を発表した。上位機のYAS-103はBluetoothを内蔵し、カラーバリエーションとして光沢ホワイトもラインアップする。価格はオープン。2月下旬から販売を開始する予定だ。

ts_yas02.jpgts_yas01.jpg グロッシーなブラックとホワイト(YAS-103のみ)を用意しており、明るいインテリアとのコーディネートにも適している

 L/Rのスピーカーとサブウーファー、アンプをスリムなワンボディーに収めた2.1ch仕様のサウンドバー。大型のマグネットとボイスコイルを採用した真円形のユニットに、バスレフ構造の大容量のキャビネットを組み合わせた。また独自のバーチャルサラウンド技術「AIR SURROUND XTREME」を搭載。広がりと定位感にすぐれた7.1ch相当のサラウンド音場が再現できるという。内蔵アンプの出力はL/Rが各30ワット、サブウーファーは60ワット。

ts_yas03.jpg サブウーファーは下向きに2基を配置している

 テレビとは光デジタルケーブル1本で接続するだけ。信号処理で人の声の帯域のみ音量アップすることで、セリフやナレーションが聞き取りやすくなる「クリアボイス」、テレビのリモコン信号を転送する「テレビリモコンリピーター」を装備。さらにテレビのリモコンを使ってYAS-103/93の音量調整や電源オン/オフが可能になる「テレビリモコン学習機能」も備えた。

 またYAS-103は、内蔵Bluetoothを利用してスマートフォンやタブレット、PCなどから手軽に音楽再生が行えるのも特長だ。コーデックはSBC/AACをサポートしており、対応するiOS端末との組み合わせでは、従来よりクリアな音を楽しめる。またBluetooth端末と電源が連動する「Bluetoothスタンバイモード」も用意。手元のスマートフォンからBluetooth接続すると本体の電源もオンになり、接続を切断すればオフになる仕組みだ。

 専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」(iOS/Android版)を使えば、音量調節や入力切替、5つのサラウンドプログラム(映画・音楽・スポーツ・ゲーム・テレビ番組)の切替も可能だ。ホーム画面には入力機器や選択しているサラウンドモードがアイコン表示されるため、本体の状態が容易に把握できる。

 本体サイズは両機種共通で、890(幅)×109(高さ)×121(奥行き)ミリ(スタンド、ブラケット有り)。重量は4キログラムとなっている。リモコン、光デジタルケーブルなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう