ニュース
» 2014年04月11日 21時33分 UPDATE

倍速iPSパネルを搭載した新ミドルレンジ、ビエラ「AS650シリーズ」

パナソニックは、倍速駆動のIPSパネルを搭載した液晶ビエラ「AS650シリーズ」を発表した。フルHDのミドルレンジモデルと位置づけられる。

[ITmedia]

 パナソニックは4月11日、倍速駆動のIPSパネルを搭載した液晶ビエラ「AS650シリーズ」を発表した。5月中旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では55V型「TH-55AS650」が24万円前後、47V型「TH-47AS650」は19万円前後、42V型の「TH-42AS650」は15万5000円前後になる見込みだ(いずれも税別)。

ts_650as01.jpgts_650as02.jpg ビエラ「AS650」シリーズの47V型(左)と55V型(右)。スピーカーは下向きに配置されている

 視野角の広いIPSパネルを搭載。さらに倍速駆動(120Hz)とバックライトスキャンを組み合わせ、動画表示性能を改善した。フルHDのミドルレンジモデルと位置づけられる。

 搭載チューナーは2基で、USB外付けHDDを追加すれば放送を見ながらの“裏番組録画”が可能。上位機同様にスマート機能を充実させており、テレビ番組やYouTube動画などから横断的に“おすすめコンテンツ”を紹介するレコメンド機能「マイチャンネル」を搭載。またNexTV-F「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件 Ver1.0」に準拠したリモート視聴機能にも6月中旬のアップデートにより対応できる。対応アプリはiOS版が6月上旬、Android版も時期は未定ながら提供予定としている。

 HDMI入力は3系統。ほかに2系統のUSB端子、D4映像入力、SDカードスロットなどを備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.