ニュース
» 2014年05月20日 21時01分 UPDATE

4K元年:「Channel 4K」でサッカーW杯は放送されるのか?

次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が124/128度CS放送で実施する4K試験放送の概要を発表した。しかし、「2014 FIFAワールドカップ ブラジル」については言及していない。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は5月20日、スカパーJSATの124/128度CS放送インフラを使って実施する4K試験放送の概要を発表した。しかし放送番組の中には、6月に開幕するサッカー「2014 FIFAワールドカップ ブラジル」の文字はなかった。

ts_channel4k01.jpg 「Channel 4K」(ちゃんねるよんけい)のロゴ

 チャンネル名称は、「Channel 4K」(ちゃんねるよんけい)。6月2日(月)の13時に放送を開始し当初は13時から19時の1日6時間程度の放送となる。映像はHEVC(H.265)で圧縮した4K/60p(3840×2160ピクセル、60フレーム/秒)。現行のハイビジョン放送に比べて縦横2倍(画素数は4倍)。毎秒60フレームのプログレッシブ表示のため、動きもより滑らかになる(現行の地デジはインタレース)。

 試験放送は誰でも無料で視聴できるが、受信には124/128度CSデジタル放送対応アンテナや4K試験放送対応チューナー(5月20日現在、シャープ「TU-UD1000」のみ)、そして4K入力およびHDCP 2.2対応のHDMI端子を備えた4Kテレビが必要になる。また、著作権保護のためのスクランブル解除のため、次世代放送推進フォータムが設置するコールセンターに視聴申し込みを行う必要がある。

ts_nextvf02.jpg シャープが発表した4K試験放送対応チューナー搭載HDDレコーダー「TU-UD1000」と4Kテレビ“AQUOS”UD20シリーズ。6月25日に発売予定だ

 また、J:COMが6月2日に開始するRF(同軸ケーブル=ケーブルテレビ)とIP(IPネットワーク)による実験放送でも、同じコンテンツが放送される見通しだ。NexTV-Fでは「CATVやIPTV事業者からNexTV-Fに対して4K試験放送の同時再放送を希望する申請があれば、技術上、運用上の要件などを精査した上で再送信に同意する予定」としており、J:COMは既に申請済み。ただし、現時点では4K対応のSTBを一般家庭に販売(およびレンタル)する計画はなく、全国のショップやショールームなど20カ所で公開する予定だ。

ワールドカップは4Kで放送されるのか?

 

ts_jcom03.jpg 昨年の「CEATEC JAPAN」では各社が撮影した4Kコンテンツを展示していた

 「Channel 4K」で放送する番組について、NexTV-Fは「初期にはフォーラム加盟の放送局各社が制作した4K番組が中心」になるとしている。これは、2013年にNexTV-F加盟各社が補助金を使って撮影した4Kコンテンツ――NHKの富士山をテーマにしたドキュメンタリーや、TBS「世界遺産」、日本テレビのプロ野球、フジテレビの「フジサンケイクラシック」など15作品を指し、すべて放送することが決定している。ただし、それ以外のコンテンツは未定で、当初はリピート放送がメインになりそうだ。

 NexTV-Fのプレスリリースでは「受信器の普及に資するよう、段階的に編成・放送内容を拡充していく予定」としているが、6月12日に開幕する「2014 FIFAワールドカップ ブラジル」に関する記述はなし。直接問い合わせても「コメントできる立場にない」という回答だった。また、20日に4K試験放送対応のチューナーを発表したシャープも「ワールドカップについてはまだはっきりと聞いていない」(同社)と話していた。

 しかし、2014年を「4K元年」と位置づける業界各社は、ワールドカップの4K放送が実現できれば強力な普及の後押しになると見ている。今回のワールドカップは、日本のデジタル放送方式を採用したブラジルで開催されることもあってか、4K/8Kに関する検証や撮影実験が多く実施される。NHKは8K、ソニーは4KでFIFAと協力し、複数の試合を高解像度カメラで撮影する予定だ。

 具体的には、NHKはRio de Janeiro(リオデジャネイロ)で8K撮影を行い、その映像を国内4カ所(とブラジル国内)に設置するパブリックビューイングで公開する計画。一方のソニーは、Belo Horizonte(ベロオリゾンテ)およびリオデジャネイロで4K撮影の検証、およびFIFAオフィシャルの4K映像撮影に協力する。映像はスタジアム内のパブリックビューイングで公開されるほか、店頭の4K対応「ブラビア」でも2分ほどのダイジェスト版を視聴できるようになる。ただ、4K試験放送へのコンテンツ提供についてたずねると、やはり「コメントできる立場にない。FIFAに聞いてほしい」(ソニー広報)。

 しかし、日本国内にもコメントできる立場の人がいた。

 新藤義孝総務大臣は5月20日、閣議後に行われた記者会見で「6月から始まるサッカー・ワールドカップの試合について、4Kで放送ができるように今、関係者間で最終の調整中と聞いている」とコメントした。調整がつき次第、NexTV-Fから公表される見通しだという。

 「Channel 4K」放送初日の6月2日には、NexTV-F主催の記念式典が開催される。その場で明るい報告が聞けることを期待したい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.