ニュース
» 2014年06月12日 21時06分 UPDATE

東京おもちゃショー2014:やだ、かっこいい――新幹線「E5系」がロボットに変形!

“新幹線がロボットに変形する”という夢を具現化。おもちゃショーで初披露。

[ITmedia]

 6月12日に開幕した「東京おもちゃショー2014」の一角に全高1.8メートルほどのロボットが立っていた。JR東日本の新幹線「E5系」が変形して人型になった新キャラクターだ。

ts_projecte5_04.jpg 新幹線「E5系」?

 展示しているのは、JR東日本のグループ会社・ジェイアール東日本企画。車両をモチーフにしたキャラクタービジネスを始めるため「Project E5」という名称で企画を進めており、今回のおもちゃショーが初披露だという。さらに変形プロセスを解説する展示や、疾走する新幹線から変形するプロモーションビデオも用意するなど、やる気のほどがうかがえる。

ts_projecte5_02.jpgts_projecte5_03.jpg 変形プロセス(左)。プロモーションビデオ上映中(右)

 ロボットのデザイナーは、残念ながら非公表で、名前も決まっていない。ただし、車両にもどったときにはE5系の形にしっかりと“収まる”デザインになっており、ロボットにもあちこちに新幹線の面影があった。胸のあたりを見れば運転席周辺と分かるし、両足のかかとは明らかにパンタグラフだ。

ts_projecte5_06.jpg 名前はまだない

ts_projecte5_05.jpg かかとはパンタグラフ

 担当者によると、「これまで実写で車両を変形させるといった企画には許可が下りたことはなく、今回が初。まだコンセプトモデルだが、今後はキャラクタービジネスとして展開したい」という。なお、すでにブースを訪れた玩具メーカー数社からプラモ化などのオファーがあった模様だ。

ts_projecte5_01.jpg 「ちょっと待て」といっているように見えなくもない

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)
  10. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)