ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本玩具協会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本玩具協会」に関する情報が集まったページです。

21年度を境に反転:
売れ筋はサプライズトイ、玩具市場「女児」で復調
国内の玩具市場が、復調基調にある。市場規模は平成13年度から減少基調だったが、21年度を境に反転。30年度は女児向け玩具で、海外発の新ジャンル「サプライズトイ」が“誕生”したこともあり、前年度比5%増の8398億円だった。(2019/7/1)

エンジン音や振動をリアル再現「トミカ4D」 10月発売
タカラトミーは、エンジン音や振動を再現した「トミカ4D」(フォーディー)を10月に発売する。1600円(税別)。(2018/6/5)

マグネットボールの誤飲で幼児の内臓に穴があく事故 国民生活センターが販売者や行政に管理と指導を呼びかけ
磁力が強力なため、複数を誤飲した場合は体内で引き合って内臓を貫通するケースが。(2018/4/20)

2015年度の玩具市場規模、前年度比99%の8003億円 「妖怪ウォッチ」「アナ雪」反動減を乗り越え
日本玩具協会は6月7日、2015年度の玩具市場規模と市場動向調査を発表した。「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」ブームで好調だった前年度と比べて反動減となることが予想されていたが……。(2016/6/7)

日本おもちゃ大賞 2016:
2015年度に最も売れたおもちゃは「仮面ライダーゴースト」変身ベルト、特別賞に「ウルトラマン」
6月7日に日本おもちゃ大賞 2016授賞式が行われた。前年度ヒットセールス賞は「仮面ライダー」の変身ベルト、特別賞は「ウルトラマン」シリーズに贈られた。写真レポをお届けする。(2016/6/7)

東京おもちゃショー2015:
これは大人買い必至か!? 1/32「ナノドロイド R2-D2」をぐりぐりしてきた
「東京おもちゃショー2015」では、各所で「スター・ウォーズ」関連製品が展示され盛り上がっていたが、その中でも極小サイズといえるブツがこれだろう。(2015/6/19)

“ヒミツ”の内容はおもちゃショーで:
「妖怪ウォッチが業界をけん引」 日本おもちゃ大賞、タカラトミー「リニアライナー」など9製品が受賞
日本玩具協会が「日本おもちゃ大賞」受賞玩具を発表。「前年度ヒット・セールス賞」に輝いたバンダイの「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」は累計200万個以上を売り上げた。(2015/6/16)

一般公開は6月20〜21日:
「東京おもちゃショー2015」が6月18〜21日に開催 ビッグサイト西館で
「東京おもちゃショー2015」が、6月18〜21日に東京ビッグサイトで開催される。一般公開は20〜21日の2日間。(2015/5/7)

東京おもちゃショー2014:
やだ、かっこいい――新幹線「E5系」がロボットに変形!
“新幹線がロボットに変形する”という夢を具現化。おもちゃショーで初披露。(2014/6/12)

日本おもちゃ大賞、バンダイ「ハコビジョン」など9製品が受賞
日本玩具協会が「日本おもちゃ大賞」受賞作品を発表した。「イノベイティブ・トイ部門」の大賞にはバンダイ「ハコビジョン」が選出され、“食玩”として初の受賞となった。(2014/6/10)

アニメビジネスの今:
キッズ・ファミリー向けアニメが存在感、日本で一番価値のあるキャラクターは?
特にキッズ・ファミリー向けアニメのビジネスを展開する上で欠かせないのが、アニメキャラクターを使ったビジネス。キャラクタービジネスの中で、アニメキャラクターを使ったビジネスはどのくらいの規模となっているのだろうか。(2012/8/14)

気分は北欧:
オーロラとα波音楽でヒーリング効果大 家庭用プラネタリウム「HOMESTAR オーロラ」
セガトイズは家庭用プラネタリウムにヒーリング要素を追加した「HOMESTAR オーロラ」を発売する。(2012/6/12)

健全な大人のおもちゃを発見!:
自然にボディタッチができる 「にんげんがっき」は合コンの必須ガジェットだった
合コンで自然に女子にタッチできて、場が盛り上がる?――ならばそんな「にんげんがっき」を、実際に合コンで試してみよう。(2012/4/4)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
4分の1に縮小したジグソーパズル市場、老舗のサバイバル戦略は?
市場規模がピーク時の約500億円から、2008年にはその4分の1の125億円にまで落ち込んだジグソーパズル業界。業界をリードしてきた老舗はどのように生き残りを図っているのか。やのまんの矢野成一社長に話を聞いた。(2012/2/3)

自家発電ミニカーやタブレットも――おもちゃにも世相反映
今年の「日本おもちゃ大賞」は、自家発電ユニットを備えた“ハイブリッドミニカー”やタッチパネルを搭載したタブレット型おもちゃなど、世相を反映した商品の受賞が目立った。(2011/6/14)

東京おもちゃショー2011:
日本おもちゃ大賞、「にんげんがっき」など7製品が受賞
日本玩具協会が「日本おもちゃ大賞」を発表した。革新的な玩具を評価する「イノベイティブ・トイ部門」には、タカラトミーアーツの「にんげんがっき」が大賞に選ばれた。(2011/6/14)

東京おもちゃショー2010:
1/500スケール「東京スカイツリー」も登場、東京おもちゃショー開幕
東京ビッグサイトで「東京おもちゃショー2010」が開幕した。会場では、実物大の石川遼選手フィギュアや1/500スケール「東京スカイツリー」、ルービックキューブ9071個を使ったモザイクアートなどが注目を集めている。(2010/7/15)

東京おもちゃショー2010:
日本おもちゃ大賞、「オタマトーン」など7作品が受賞
日本玩具協会が「日本おもちゃ大賞」を発表した。大人も楽しめる「ハイ・ターゲット・トイ部門」では、キューブと明和電機の「オタマトーン」が大賞に選ばれた。(2010/7/13)

もちやパン、シュークリームもおもちゃで作る 多様化するクッキングトイ
もちつきやパン生地作りもおもちゃで――「おもちゃショー」にはさまざまなクッキングトイ出展され、注目を浴びている。(2009/7/17)

東京おもちゃショー2009:
日本おもちゃ大賞にエポック社「テレビ地球儀」など5作品
すぐれた玩具製品を表彰する「日本おもちゃ大賞2009」が発表された。「イノベーション・トイ部門」ではエポック社の「テレビ地球儀」、「トレンディ・トイ部門」では、タカラトミー「生キャラメルポット」が、それぞれ大賞を受賞。(2009/7/15)

東京おもちゃショー2008:
大人のための「東京おもちゃショー2008」見どころ案内
国内最大の玩具見本市「東京おもちゃショー2008」がいよいよ21日から一般公開。今まで以上に“大人向け”の玩具が増えたと言われるが、幅広い年齢層に訴求できるアイデア商品が多くなったように感じる。そんな製品をチェックしていこう。(2008/6/21)

またもや初体験:
TargetTVリポーター、綾奈千瑞が極秘で潜入! ――「東京おもちゃショー2008」
日本玩具協会主催の「東京おもちゃショー2008」が6月19日〜22日にかけて東京ビッグサイトで開催される。我が、アイティメディアの、動画取材班が、TargetTVリポーターの綾奈千瑞さんとともに潜入した。(2008/6/20)

東京おもちゃショー2008:
ゲームっぽいなにかを求めて「東京おもちゃショー」に行ってみた
6月19日から6月22日の期間、東京ビッグサイトで開催されている国内最大の玩具見本市に、“ゲームっぽいなにか”を探しに行ってきた。(2008/6/19)

「東京おもちゃショー2008」直前:
第1回「おもちゃ大賞」にバンダイ「∞にできるシリーズ」など5作品
日本玩具協会は、新たに創設した「第1回日本おもちゃ大賞」の受賞作5作品を表彰した。時代のキーワードをとらえたおもちゃを選出する「トレンディ・トイ」部門では、バンダイの「∞にできるシリーズ」が大賞を受賞。(2008/6/18)

LifeStyle Weekly Access Top10:
おもちゃショーで「カネゴン」に癒される
「お腹すいちゃったよぅ。もう動けないんだ」……思わずお金を差し出したくなる「カネゴン カウンターバンク」が登場。懐かしい特撮キャラクターがしゃべりまくる多機能貯金箱だ。(2007/7/2)

デザイン重視のシンプルシュレッダー“conof.”「CS56D」
シルバー精工はデザイン性の高い家庭用シュレッダー「CS56D」を発売する。シンプルデザインながらも十分な性能をもち、最新安全規格に準拠。(2007/3/7)

バンダイに聞く“インテリア玩具”の可能性
「大人向け玩具」が市場を広げる一方、ターゲットによる細分化も進んでいる。セガトイズの「グランドピアニスト」が団塊の世代向けなら、タカラトミーの「エアロソアラ」は団塊ジュニアが中心。そしてバンダイが取り組んでいるのが、女性を含む比較的若い層を狙った“インテリアトイ”だ。(2006/12/21)

コラム:
“キッダルト”って何だ
先日、有明の国際展示場で「東京おもちゃショー」が開催された。ありとあらゆる玩具が並ぶ中、ひときわ熱い視線を集めていたのが「キッダルト」と呼ばれる商品群だ。(2006/7/27)

東京おもちゃショー2006:
ドラえもんの道具で1番欲しかったアレ
日本玩具協会主催の「東京おもちゃショー2006」が東京ビッグサイトで開催された。一般公開は今週末だが、一足先に展示の一部を紹介しよう。(2006/7/13)

おもちゃ業界も“脳活性化”ブーム?――「東京おもちゃショー2005」開催
業界関係者を招いての、日本玩具協会主催による「東京おもちゃショー2005」が、東京ビックサイトにて開催された。カードやフィギュア、体感ゲームや脳活性化商品まで、多岐にわたるおもちゃを注目メーカーブースごとに紹介する。(2005/7/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。