ニュース
» 2014年07月11日 14時15分 UPDATE

DSDの直接再生もできます:マランツ、USB-DACを内蔵したプリメインアンプ「PM7005」

ハイレゾ音源のデータ販売を各社が始め、最近はパソコンで音楽を楽しむ人が増えている。ディーアンドエムホールディングスはパソコンと接続してハイレゾ音源を再生できるプリメインアンプを発表した。

[ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは2014年7月11日、マランツブランドのプリメインアンプの新製品「PM7005」を発表した。8月上旬から発売の予定。価格は10万円(税別)。

hs_marantz_PM7005_1.jpg マランツのUSB-DAC内蔵プリメインアンプ「PM7005」

 1つ目の特徴はUSB-DAC機能を内蔵していること。DSD(2.8/5.6MHz)とPCM(最大192kHz/24ビット)に対応する。ASIOドライバーを使うことでPCからDSD信号を直接転送して再生することができる。PCとはUSB 2.0で接続する。

hs_marantz_PM7005_2.jpg PM7005の背面。左上にPCと接続するためのUSB端子がある

 転送時はPCとクロック信号を同期せず、PM7005の高精度なクロック回路からの信号を利用することができる。PC側のクロック信号のブレに左右されることなく、精度の高い信号伝送が可能だ。DACチップは米Cirus Logic(シーラスロジック)の「CS4398」。

 2つ目の特徴は192kHz/24ビット対応の同軸デジタル/光デジタル入力端子を備えていること。テレビやApple TVを接続することができる。

 3つ目の特徴は、PCからのノイズを遮断する「デジタル・アイソレーション・システム」だ。アイソレーターICを利用してPCとPM7005のデジタル回路を電気的に絶縁し、ノイズを排除する。デジタル入力回路は周辺回路へのノイズの影響を防ぐため、専用のシールドケースに入れた。

 また、アナログ入力で音楽を再生するときに利用する「アナログモード」も搭載した。このモードを有効にすると、デジタル回路への電源供給を完全に止め、ノイズの発生を根源から抑える。

 プリアンプとパワーアンプにはフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を採用した。また、マランツオリジナルの高速アンプモジュール「HDAM SA2」「HDAM SA3」を採用し、スピーカー駆動力と音のスピード感を高めた。

主な仕様

モデル 「PM7005」
定格出力(20Hz〜20kHz両チャンネル同時駆動) 8オーム負荷 60ワット×2
4オーム負荷 80ワット×2
全高調波歪率(20Hz〜20kHz両チャンネル同時駆動、8オーム負荷) 0.02パーセント
出力帯域幅(8オーム負荷、0.06パーセント) 5〜60kHz
周波数特性(CD、1ワット、8オーム負荷) 5Hz〜100kHz ±3デシベル
ダンピングファクター(8オーム負荷、40 Hz〜20kHz) 100
入力感度/入力インピーダンス PHONO(MM) 2.0ミリボルト/47キロオーム
CD/LINE 200ミリボルト/20キロオーム
PHONO最大許容入力(1kHz)MM 100ミリボルト
RIAA偏差(20Hz〜20kHz) ±0.5デシベル
S/N比(IHF Aネットワーク、8オーム負荷) PHONO(MM) 85デシベル(5ミリボルト入力、1ワット出力)
CD/TUNER/NETWORK/RECORDER 104デシベル(2ボルト入力、定格出力)
デジタル入力部 フォーマット リニアPCM
COAXIAL 0.5Vp-p /75オーム
OPTICAL(波長) -27dBm以上(660nm)
トーンコントロール BASS(50Hz) ±10デシベル
TREBLE(15kHz) ±10デシベル
入出力端子 入力端子 デジタルオーディオ(USB-B、COAX.、OPT.各1)、アナログオーディオ×4、フォノ×1(MM)
出力端子 スピーカー×1、RECアウト×1、ヘッドフォン×1
その他入出力端子 USB(Type-B)×1、マランツリモートバス(RC-5)入出力×1
総合 消費電力 170ワット
待機電力 0.2W(スタンバイ時)
外形寸法 440(幅)×125(高さ)×379(奥行き)ミリ
重量 10キロ
付属品 かんたんスタートガイド、取扱説明書、リモコン( RC003PMSA)、単四形乾電池×2、電源コード

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう