ニュース
» 2014年09月01日 18時28分 UPDATE

外出先のスマホやPS Vitaがテレビに――「nasne」がリモート視聴に対応

ネットワークレコーダー「nasne」がリモート視聴に対応する。iOS/Androidのスマートフォンやタブレット、PlayStation Vitaで外出先からでもテレビ番組が視聴できる。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントアジアは9月1日、ネットワークレコーダー「nasne」のシステムソフトウェアバージョンアップを発表した。新たにリモート視聴に対応し、外出先のスマートフォンやタブレット端末、PlayStation Vitaから放送中番組や録画済み番組を視聴できる。

ts_nasne10.jpg nasne

 新しいシステムソフトウェアは「バージョン2.50」。9月25日に公開する予定で、リモート視聴機能「Anytime TV」(エニイタイム ティービー)のほか、DLNAアップロード機能の追加、録画・再生状況の表示など「nasne HOME」の機能追加、FLACファイル配信機能のサポート、動作安定性の向上などが含まれる。

 あわせて、各種モバイル端末向けにリモート視聴アプリを提供する。Play Station Vita用の「torne PlayStation Vita」(823円、税込)は「バージョン2.00」となり、リモート視聴「Anytime TV」と「ニコニコ実況連携機能」「録画番組のキーワード検索機能」が追加される。

ts_torne01.jpg 「torne PlayStation Vita」の画面

 またAndroid端末向けの「nasne ACCESS バージョン1.50」では、リモート視聴機能のほか、リモートで視聴している番組をnasneで録画する「今すぐ録画」機能、外出先からウィジェット機能上でオートアップロードの状況やHDD残量、録画件数の上限を知らせるアラートなどを表示する機能も用意する。なお、「nasne ACCESS」はダウンロード無料だが、リモート視聴を利用する場合はアプリ内課金500円(税込み)が必要だ。

ts_torne02.jpg 「nasne ACCESS」の画面

 iOSデバイスでは、テレビ番組表アプリ「TV SideView」が利用できる。TV SideViewは既に同社製BDレコーダーからのリモート視聴に対応しており、nasneが新たに対応機器として追加されることになる。同じく9月25日に行われるアップデートで「AnyTime TV」に対応する予定だ。なお、iOS版ではアプリ内課金(500円、税込)が必要。Android版は「TV SideViewプレーヤープラグイン」(500円、税込)を導入する必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.