ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アプリ内課金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプリ内課金」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

クローズドイノベーションとオープンイノベーションの事例に学ぶ:
「PDF」のアイデアは当初、ダメ出しを食らった? イノベーションの在り方を“失敗”から考える
いまや誰もが知る「PDF」のアイデアが生まれたとき、それを却下した米国企業がある。このクローズドイノベーションの“悪い事例”を切り口に、オープンイノベーションの意義を考えていく。(2022/5/12)

デジタル市場におけるビジネスチャンスを可視化:
data.ai(旧App Annie)が「App IQ」と「アプリ内課金SKU」を提供
デジタル市場におけるビジネス機会を見つける新機能を提供。(2022/4/6)

Marketing Dive:
Appleが握るアプリの“生殺与奪” 得したのは?
AppleがiOSに導入したATTの影響でマーケティング投資が抑えられた結果、iOS版ゲームのインストール数は低迷し、アプリ内課金は全世界で35%減少した。マーケターと消費者がプライバシーへの関心の高まりに順応するにつれて、ゲームアプリのマネタイズはますます難しくなっている。(2022/3/18)

2人に1人が小学生でスマホデビュー スマホ購入時期の低年齢化進む MMD調査
小学生のころに、子どもに初めてスマートフォンを持たせた──そう答えた親の割合が51.6%で過半数を占めるとする調査結果をMMD研究所が発表した。2019年の調査結果と比較すると11.5ポイント増えており、購入時期の低年齢化が進んでいることが分かった。(2022/2/4)

スマホデビュー最多は小学6年生、低年齢化が進む MMD調査
MMD研究所は、2月4日に「2022年1月初めてスマートフォンを持つ子どもと親のスマートフォン意識調査」の結果を発表。小中高のスマホデビューは小学生が51.6%で最多となり、低年齢化の傾向にある。(2022/2/4)

PR:2022年からApp Store外からの決済が可能に コンテンツビジネスに及ぼす影響は?
2022年初頭から、電子書籍や音楽などのコンテンツは、App Store以外からの決済ができるようになる。コンテンツ提供者が自社サイトで決済可能にすることで、どのようなメリットがあるのか。また、どんな決済手段を導入すべきなのか。(2022/1/25)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
雑誌・書籍読み放題からソフトサブスク、クリエイターパトロンまで、何使ってる?
映像系、音楽系に続く、サブスクに関する状況をまとめるシリーズ第3弾は「その他」。(2022/1/19)

筑波山に特化した登山アプリ「Mount Tsukuba」登場 登頂記念フラッグが出現する「ARカメラ」付き
デザイン会社のターバンがiOS用の登山アプリ「Mount Tsukuba」の配信を始めた。登頂記念フラッグ(旗)を掲げて記念撮影できる「ARカメラ」機能もある。(2021/11/17)

Google、韓国で代替アプリ内課金システム提示を可能に 「反Google法」成立を受け
Googleは韓国の公式Androidアプリストアで、Google Play以外の代替アプリ内課金システムを追加できるようにする。9月に成立したいわゆる「反Google法」を受けての改定だ。(2021/11/5)

Apple、アプリ内課金以外の方法の紹介を条件付きで許可する規約改定
Appleは「App Store Reviewガイドライン」を改定した。7月の集団訴訟の和解を反映し、アプリ開発者がユーザーにメールなどでアプリ外での支払い方法を紹介できるようになった。(2021/10/25)

AppleがAndroidのマルウェアの実態を報告 「サイドローディングが元凶」と指摘
Appleが「Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps」と題したホワイトペーパーを公開し、「サイドローディングがマルウェアを成立させている元凶」と指摘した。その意図を林信行氏が解説する。(2021/10/14)

生演奏の機会を奪われたアーティスト、DXする ライブ配信を追求したらつながった新たな仕事
(2021/9/30)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
テンキーで超簡単に弾けるギターっぽい楽器「インスタコード」 「僕にも弾けた」系ガジェットへの挑戦は続く
コード弾きをとても簡単にできるようになる、ギターライクな楽器。アプリもある。(2021/9/30)

Epic裁判の判決で認められたApp Store/アプリ内課金の合法性
App StoreにおけるEpic Gamesの「Fortnite」を巡る裁判の判決が下され、Epic Gamesが控訴を申し立てた。現時点の情報をまとめた。(2021/9/13)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Appleが「App Store」の手数料改正にやっと着手――現状どれだけ“抜かれている”のか、まとめてみた
Appleが、開発者の強い反発を受けてきた課金体系を見直しました。今後のアプリ開発の発展につながるかが期待されます。(2021/9/10)

App Store、公正取引委員会の調査結果を受けリーダーアプリから外部リンクが可能に
日本の公正取引委員会が行っていた競争阻害行為の有無について調査が終了し、Appleと合意に達した。今回の決定は日本だけでなく世界中の開発者に適用される。(2021/9/2)

韓国議会、AppleとGoogleのアプリストア手数料を規制する法案承認
韓国議会は、アプリストア運営企業が開発者に独自決済システムのみ使用するよう強制することを規制する法案を承認した。大統領が署名して法制化されれば、AppleとGoogleは韓国で開発者によるアプリストア外での課金を認めざるを得なくなる。(2021/9/1)

Rakuten Music、「楽天カード」会員限定の新料金プラン提供開始
 楽天グループは定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」において、8月26日より「楽天カード」会員限定の新料金プランの提供開始を発表した。また、提供開始を記念し、キャンペーンを実施する。(2021/8/29)

Appleが開発者との集団訴訟で和解 App Store以外での支払いを容認
Appleが8月27日、2019年に起きた米国の複数の開発者による集団訴訟について和解したと発表。その内容を日本語で公開した。中小開発者への支援や検索機能の維持、審査レポートの公開など、開発者にとっては見逃せない声明だ。(2021/8/27)

AppleがiOSアプリ外での決済方法を提供 App Store小規模開発者と7つの方針で合意
Appleが8月26日、米国での小規模開発者らによる集団訴訟の解決と、中小のアプリ開発者を支援する方針を発表した。(2021/8/27)

音楽番組の“民主化”をかなえてくれたSpotify「Music + Talk」 で、Appleはどう出る?
Spotify「Music + Talk」が実現した、「ポッドキャストで商用音楽を流す」の登場を15年間待った筆者が、これまでの歴史を振り返る。(2021/8/23)

Spotify、Podcastの有料サブスクサービス発表 手数料2年間無料(Appleは1年目30%徴収)
SpotifyがPodcastの有料サブスクサービスの開始を発表した。2023年までは手数料無料で、その後は5%。傘下のAnchorのツールでエピソードを簡単に有料化できる。(2021/4/28)

Apple Arcadeの挑戦:
Appleはゲーム文化を再興できるか?
Appleのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」。オリジナルのタイトルを着実に増やし、今では配信本数が180本を超えるまでに至った。その取り組みを林信行氏がまとめた。(2021/4/6)

Googleもアプリストアの手数料を年間100万ドルまで15%に Appleと違い全開発者対象
「Apple税」で批判され、アプリストアの手数料を条件付きで半減させたAppleにGoogleも追随する。Appleと異なり、Googleは年間100万ドルまで15%でそれを超えたら30%と、全開発者が対象だ。(2021/3/17)

「OTT」「サブスク」「iOS 14」他の影響は?:
2020年のモバイルアプリにおける変革と2021年の最重要課題
Adjust日本ゼネラルマネージャーが占う2021年のアプリマーケティングの動向とは。(2020/12/28)

PR:ファンサイトサービス「Fensi」に1on1トーク機能が実装 アイドルとファンとの対話がアプリだけで可能に
便利!(2021/1/13)

石野純也のMobile Eye:
AppleがApp Storeの手数料を“半額”に下げる狙い アプリ開発者に与える影響は?
Appleは、11月19日に「App Store Small Business Program」を発表した。2021年1月から、手数料を引いた分の収益が100万ドル(約1億400万円)に満たない小規模事業者の手数料を15%にする。複数のデベロッパーに話を聞きながら、今後の展開を占った。(2020/11/21)

好みに合った献立をアプリが提案 ニチレイ「conomeal kitchen」が目指す世界とは
ニチレイが、iOS向けアプリ「conomeal kitchen(このみるきっちん)」を11月18日に提供開始した。conomeal kitchenは、ユーザーの食の好みに応じて作り置き献立を提案するアプリ。「家庭で料理をする人」をターゲットにしており、6つの質問やその時々の気分をベースに献立を決める。(2020/11/19)

Google Play、アプリ内課金手数料30%を導入すると明記 手数料の回避を防ぐ規約改定
9月28日にAndroidデベロッパー向けに発表されました。(2020/9/29)

Google、公式Androidアプリストアでの課金システム利用(=30%手数料支払)義務付けを明確化
Apple税が話題になる中、GoogleがAndroidアプリストア(Google Play Store)のポリシーを明確にした。NetflixやSpotifyなど、これまでアプリ内課金システムを使っていなかったサービスにもシステム利用を義務付ける。(2020/9/29)

Apple、アプリレビュープロセス更新 ガイドライン違反でもバグ修正だけなら更新可能に
Appleが、アプリストアのレビュープロセスを更新し、ガイドライン違反審査中のアプリでも、バグ修正のアップデートは可能にした。また、レビューチームに対し、ガイドライン改善を提案できるようにした。(2020/9/1)

WordPressの開発者、「Appleがアプリ内課金機能追加しなくてもOKにしてくれた」
WordPressの開発者に対し、Appleは当初、iOSアプリのロック解除の条件としてアプリ内課金機能の追加を求めていたが、方針を変え、アプリからサービスオプションの表示を削除するだけでOKにした。(2020/8/24)

WordPressの開発者、「AppleからアプリにApp内課金機能を追加しないとアプデさせないと通告された」
無料ブログサービス「WordPress.com」には有料プランもあることから、Appleが開発者にiOSアプリにアプリ内課金機能を追加しないとガイドライン違反だと通告。追加するまでアプリの更新をロックするとしたが、開発者がアプリ内の購入オプションに関する記述を削除したことで問題を解決した。(2020/8/23)

本田雅一の時事想々:
本当にAppleは“悪者”なのか 「フォートナイト」開発元の”宣戦布告”に覚える違和感
Epic GamesとAppleの争いは、「AppleがUnreal EngineごとEpic Gamesを自社プラットフォームから排除しようとしている」という話が出るほど、拗れてきた。問題の本質は……?(2020/8/19)

ファーウェイは“第3の道”で成功するか 「Tizen」「Firefox OS」……過去の失敗から可能性を探る
米国の制裁によってスマートフォンでGMS(Google Mobile Service)の利用ができなくなった中国ファーウェイが、“第3の道”を模索している。Googleの各種APIを自社の「HMS」に置き換えたスマホを販売している。そんな第3の道は、本当に成功するのか。可能性を考察した。(2020/7/3)

欧州委員会、Appleを独禁法違反の疑いで調査開始 App StoreとApple Pay
App StoreとApple Payの2つがそれぞれ調査される。(2020/6/17)

アニメ「鬼滅の刃」、スマホとPS4でゲーム化 アプリは年内配信へ
アニプレックスがテレビアニメ「鬼滅の刃」のスマートフォンアプリとPlayStation 4用タイトルを開発中と発表した。アプリは年内に、PS4タイトルは2021年に発売する。(2020/3/16)

立ちどまるよふりむくよ:
もう逢えないあの人に瞳AFした Reminiの魔法で合焦
数十年前の、甘いフォーカスの写真も、最新式カメラの瞳オートフォーカスのように合焦する。そんなアプリがある。(2020/2/27)

イオンモバイル、60歳以上限定で月額980円の新プラン発表 「業界最安級」うたうキャンペーンも
イオンモバイルが、専用ブラウザ不要でフィルタリングができる「イオンモバイルセキュリティPlus」を発表。60歳以上を対象にした「やさしいプランmini.」も発表。「3年学割」や「4周年キャンペーン」も実施する。(2020/2/6)

進むApple Watchスタンドアロン化 watchOS 6.2以降からwatchOSアプリ内課金が利用可能に
iPhoneでの操作を必要としない、Apple Watchのスタンドアロン化が進んでいる。(2020/2/6)

Appleが「Best of 2019」を発表 ベストiPhoneアプリは「Spectreカメラ」
Appleは12月3日、「Best of 2019」を発表。1年間に世界のエンターテインメントとカルチャーに影響を与えたアプリケーションやゲームなどを紹介する内容。ベストiPhoneアプリには「Spectreカメラ」が選ばれた。(2019/12/3)

日本文芸社が初のマンガアプリ「マンガTOP」 『ミナミの帝王』『白竜』など配信
1日最大9話を無料で閲覧できます。(2019/11/16)

「手数料を一方的に値上げ」「検索結果の基準が不透明」 デジタルプラットフォーマーの取引実態、公取委が報告書
公取委が「デジタルプラットフォーマー」の取引慣行の実態を調査した報告書を公開。オンラインモールとアプリストアを運営するデジタルプラットフォーマーと、利用事業者に聞き取り調査した。(2019/10/31)

Apple、増税でApp Storeも値上げ 課金者の財布を直撃
痛い。(2019/9/26)

マネーフォワード、ナビタイムなどがiPhoneで交通系ICカードの残高確認に対応 iOS 13で
iOS 13からの新機能により、サードパーティ製アプリのFeliCa読み込みが可能になった。対応アプリを紹介しよう。(2019/9/26)

ローランド、DAWに再参入 米企業買収でiOS、AndroidからMac、PCまで対応するZenbeats投入
基本無料の音楽制作アプリをローランドが公開。4つのOSに対応する。(2019/9/18)

0.01ドルに気付かされた新製品の価値:
言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質
9月11日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントで数多くの製品が登場した。発表会の情報だけでは分からない、iPhone 11シリーズと新型Apple Watchの魅力に迫る。(2019/9/12)

Appleの定額ゲームサービス「Apple Arcade」は9月19日から! 月額600円で新作100タイトル以上を提供へ
コナミやカプコンといった日本のゲームメーカーも参加。(2019/9/11)

「MIFES」のメガソフト、iOS用高機能テキストエディタ「LiquidLogic」発表
LiquidLogicは、iPhoneで原稿を書くとき、常に難題だった「全角スペース入力問題」が解決されている。(2019/5/29)

200m先からでも読み取れる「XPANDコード」 iOS向けリーダーアプリが登場
XPANDは、4月4日からQRコード、XPANDコード、JANコードが読めるiOSアプリを提供開始した。XPANDコードは、主に公共交通や公共空間などで活用されている横長の読み取りコード。埼玉スタジアム2002では遠距離からXPANDコードを読み取る試験を実施した。(2019/4/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。