ニュース
» 2014年12月10日 21時02分 UPDATE

Bluetooth/NFCも搭載:デノン、最新のDDFA採用フルデジタルプリメイン「PMA-50」――DSD 5.6MHz対応

デノンブランドが最大DSD 5.6MHzに対応するUSB DAC搭載の小型プリメインアンプ「PMA-50」を発表した。1月中旬に6万8000円(税別)で発売予定。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 デノンは2014年12月10日、USB DAC機能を搭載したコンパクトなフルデジタルプリメインアンプ「PMA-50」を発表した。価格は6万8000円(税別)で2015年1月中旬発売予定。カラーは、プレミアムシルバーのみ。

hm_de01.jpghm_de02.jpg ボディに3ミリ厚のアルミニウムを用いることで、剛性の向上と上品でプレミアムな質感を実現

 アンプ部に、高速かつ精度の高いデジタル・フィードバック・ループを用いて音質を向上させたクラスDアンプ、英CSRのDDFA(Direct Digital Feedback Amplifier)テクノロジーを採用。さらに、出力段と電源回路に独自のディスクリート回路を用いてサウンドチューニングを行った。同社は、デノンの理想とする「繊細さと力強さを両立したサウンド」を存分に楽しめるとしている。

 定格出力は、25ワット+25ワット(8オーム/1kHz/THD 0.1%)、50ワット+50ワット(4オーム/1kHz/THD 1%)。スピーカー出力用のパワーアンプとは別に専用アンプを搭載。電圧増段にハイスピード、ノイズを抑えた高速オペアンプ、出力バッファーにはディスクリート回路を採用。さらに3段階のゲイン切り替え機能を備え、ヘッドフォンのパフォーマンスを十分引き出せるような設計を目指した。

 音声入力端子は、USB(Type B)×1/光デジタル×2/同軸デジタル×1/アナログ×1を搭載。192kHz/24bitまでのリニアPCMに対応している(USBは5.6MHzまでのDSDも再生可能)。音声出力端子は、スピーカー端子(インピーダンス4〜16オーム)、6.3ミリ標準ヘッドフォン端子×1とサブウーファープリアウト×1を備える。

 また、Bluetooth 3.0とNFCを搭載。再生は1台のみだが対応する最大8台の機器とワンタッチでマルチペアリングできる。プロファイルはA2DP/AVRCP、コーデックはaptX Low Latency/AAC/SBCに対応する。

 本体は横置きと縦置きに対応し、向きに応じてディスプレイ表示が自動的に回転する。横置き時の本体サイズは、200(幅)×258(奥行き)×86(高さ)ミリで、重量は2.5キロ。かんたんスタートガイド、取扱説明書、リモコン、USBケーブル、キャップ×4、電源コードが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.