ニュース
» 2015年01月06日 14時57分 UPDATE

2015 CES:ソニーがAndroid TV採用の4KテレビをCESで披露――新たに「4KプロセッサX1」搭載

ソニービジュアルプロダクツは、「ブラビア」の商品力強化を目指し、Android TVを採用した4Kテレビを2015年に順次投入する。

[ITmedia]

 ソニービジュアルプロダクツ(SVP)は1月6日、液晶テレビ「ブラビア」の商品力強化を目指し、Android TVを採用した4Kテレビを2015年に順次投入すると発表した。新プラットフォームのブラビアは、1月6日(米国時間)から開催される「2015 International CES」で展示される。

ts_03cessony02.jpg 「2015 International CES」開幕前日に行われたプレスカンファレンスの様子

 SVPでは、高画質を実現する三大要素を、高精細、広色域、高コントラストと位置づけ、これらを大幅に向上させるという“画質エンハンスプロセッサ”「4KプロセッサX1」を新たに導入する。

ts_03cessony03.jpg 開幕前日のプレスカンファレンスで披露された「4KプロセッサX1」の概要

 4K画像に対しては、新たに搭載したソニー独自の4K用データベースを用いた処理により精細感を実現。4Kアップコンバート時には超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を強化してノイズ低減など図った。このほか、輝度ピークを向上させる「X-tended Dynamic Range」や、色域を広げる「トリルミナスディスプレイ」を採用する。

 4K画像に対しては、新たに搭載しンバート時には超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を強化してノイズ低減など図った。このほか、輝度ピークを向上させる「X-tended Dynamic Range」や、色域を広げる「トリルミナスディスプレイ」を採用する。

 OSには米GoogleのAndroid TVを採用。音声入力・検索などAndroidスマートフォンの使い勝手でブラビアを操作できるという。またモバイル機器のコンテンツを大画面のブラビアに映し出して楽しめる「Google Cast」、モバイル機器と同じIDを使ってブラビアからAndroidアプリのマーケット「Google Play」へアクセスし、ゲームやアプリをダウンロードして大画面で遊べる。なお同社では、Android TVをすべての4Kテレビに加え、フルHDモデルの一部にも採用する予定だ。

ts_03cessony04.jpg

 またタッチパッドリモコンのフリック操作で多様なコンテンツにアクセスできる独自ユーザーインタフェース「ワンフリックエンタテインメント」もAndroid TVと組み合わせて進化。コンテンツバーにアプリ一覧を新たに設けたほか、リモコン上にアクションボタンを設け、画音質設定や番組関連SNS情報のシェアなど、コンテンツを楽しむ機能への入り口を一箇所にまとめた。「テレビとモバイル機器のこれまでにないシームレスな連携を実現する」(同社)。

ts_03cessony05.jpg 超薄型の薄型テレビも登場

 なお同社は、CES開幕前日のプレスカンファレンスで北米向けブラビアの新製品として、最薄部で約4.9ミリを実現したシリーズや、ハイレゾ対応スピーカーを搭載したシリーズなど、計3シリーズ11機種を発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.