ニュース
» 2015年05月16日 18時57分 UPDATE

特性イヤーチップをプレゼント:あなたの好みの“ちょんまげ”はどっち? ヘッドフォン祭で聴き比べ

ヘッドフォン祭の音茶楽ブースで、“ちょんまげ”デザインのカナル型イヤフォンを試聴できる。

[村上万純,ITmedia]

 5月16〜17日に東京・中野で開催中の「春のヘッドフォン祭2015」。初日となった16日はすっきりしない天気ではあったが、多くのポータブルオーディオファンで朝からにぎわいを見せていた。そんな中、思わず2度見してしまうようなインパクトのある名前のカナル型イヤフォンを展示していたのが音茶楽ブースだ。

photo 音茶楽ブース

 その名も「ちょんまげ1号」と「ちょんまげ2号」。既報の通り、ダイナミック型ドライバーを使って音漏れ特性と遮音性を大幅に改善する「ちょんまげプロジェクト」の一環として今回プロトタイプを参考展示している。

photo ちょんまげ1号
photo 同じく2号。テレビアニメ「WHITE ALBUM2」より、ハイレゾ音源の「SOUND OF DESTINY Live at Campus Fes (TVanime ver.)」で聴き比べした結果、筆者は2号に投票
photo ちょんまげっぽい外観が特徴

 ハウジング部をちょんまげのようなデザインにしたことが名前の由来だという。ちょんまげ1号と2号は外観、本体サイズ、重量などは同じだが、内部構造がやや異なる。まだ開発段階であるため製品の詳細は明かされなかったが、音茶楽 代表取締役 山岸亮氏は「今回1号と2号をいろんな方に試聴していただいて、ぜひご意見を聞きたい。どちらの音が好みか、価格帯はどの辺りが妥当かなどのアンケートを取り、それを踏まえて今後の開発に生かします」とコメントした。ハイレゾ対応については「まだ何も決まっていませんが、弊社の製品は構造的にハイレゾ対応しやすくなっているため、検討はします」と回答。

photo アンケート結果を今後の開発に生かしていく

 国内では音茶楽とTTRが独占販売しているイヤーチップ「SpinFit」は、耳の形に合わせて根元が曲がるため、高音が抜けていくのが特徴だという。音茶楽ブースでアンケートに答えた人は、SpinFit(4個入り)がもらえる。数量限定なので、ゲットしたい人は早めに足を運んでみるといいだろう。

photo 高音が抜けていきやすいというイヤーチップ「SpinFit」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう