レビュー
» 2015年08月04日 21時23分 UPDATE

深夜の決闘!――話題の扇風機を夜のアキバでガチ比較 (1/5)

静かな扇風機は? 風を遠くまで届ける扇風機は? 深夜のヨドバシカメラ店内で大実験。バルミューダ、ダイソン、シャープ、東芝の最新型扇風機を横並びで比較してみた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 JR秋葉原駅前に位置するヨドバシカメラ「マルチメディアAkiba」。地上9階/地下6階、売り場総面積2万3800平方メートルという巨大な家電量販店は、常に多くの買い物客であふれ、店員さんたちの声が飛び交うにぎやかな場所だ。しかし、閉店時間の22時を過ぎれば店内は一変、昼間の喧噪が嘘のように閑散とした空間に変わる。

 巨大店舗に訪れた、つかの間の休息――それは朝まで続くはずだった。

ts_yodobashimidnight01.jpg 閉店後の店内。昼間の喧噪が嘘のようだ

 考えてみてほしい。これほど家電製品の試用に適した環境はほかにあるだろうか。製品は文字通り“売るほど”あり、広大な店内には長い通路や開けた場所も存在する。あらゆる場所にコンセントが用意され、いくら電気を使ってもブレーカーが落ちる心配はない。検証中に家族が乱入することもなく、必要なら売り場担当者から最新情報を仕入れることもできる。

 そこに気づいてしまったITmedia編集部は、ヨドバシカメラ販売本部のA氏(立川市在住、終電は0時18分)を巻き込み、大胆にも閉店後の店舗を借りて大実験を敢行することにした。――これは各社最新家電の真っ向勝負。そして終電との勝ち目のない競争に身を投じた熱いおっさん達の記録である。

ts_yodobashimidnight02.jpg 今回、対決する4製品。左からバルミューダ「GreenFan Japan」、シャープ「PF-HTC1」、東芝「F-DLT75」、ダイソン「PureCool」

 今回ピックアップしたのは、バルミューダの「GreenFan Japan」、ダイソン「PureCool」、シャープ“スリムファン”「PF-HTC1」、そして東芝「F-DLT75」。形状はバルミューダと東芝がスタンダードなタイプで、ダイソンとシャープは新しいスリム型だ。

ts_yodobashimidnight23.jpg 各製品のリモコンを見るだけで製品の方向性が見えて面白い。左から多機能なシャープ、シンプルなアイコン表示のバルミューダ、年配の方にも分かりやすい大きめボタン&日本語表記の東芝、そしてシンプルなダイソン。ダイソンのリモコンだけは展示用ケースから出すことができなかったのだが、本当は青一色のシンプルなデザインだ

メーカー バルミューダ ダイソン シャープ 東芝
製品名 GreenFan Japan PureCool PF-HTC1 F-DLT75
本体寸法(※) 330×320×871ミリ 196×196×1018(高さ)ミリ 260×270×830ミリ 352×350×815〜1092
重量 約4.1キログラム 3.58キログラム 約5.7キログラム 約3.7キログラム
風量設定 4段階(コードレス運転時は3段階) 10段階 11段階 連続5段階+ランダム風3段階
首振り角度 左右150度 あり 上約60度/下約40度、左右90度 左右90度
オンタイマー なし なし 1/2/4/6時間 2/4/6時間
オフタイマー 1/2/3/4時間 15/30/45分、1/2/3/4/5/6/7/8/9時間 1/2/4/6時間 1/2/4時間
付加機能 別売バッテリーなど 空気清浄機能 みはり機能、プラズマクラスター25000 温度センサー
実売価格(※2) 3万7800円 5万7500円 2万2200円 1万6280円
※:幅×奥行き×高さ ※2:ヨドバシ.comの販売価格(8月4日現在)

20時30分:どのユーザー層に人気? 各製品の使い勝手と販売状況

 まずは店舗の営業時間中に各製品の下調べ。扇風機売り場担当コンシェルジュ・森田貴之氏のコメントを交えつつ、各製品の概要を紹介していこう。

バルミューダ「GreenFan Japan」(グリーンファン・ジャパン)

 デザイン性の高い加湿器やDC扇風機の先駆けとして人気の高いバルミューダが満を持して投入した“純国産”の新型扇風機。製造から組み立てまでをすべて国内工場で行い、そのこだわりを示すため製品名に「Japan」の文字を加えた。“心地良い自然の風”を作り出すという2重の羽根に込められた技術国内工場ならではの製造技術については別記事に詳しいが、店頭でも「指名買いが多いのも事実ですが、そうではない方にも説明すると売れる商品です」(森田氏)。

ts_yodobashimidnight03.jpg 前面カバーは少し回すだけで簡単に外れる

 ボディーはマットな質感で、シンプルなデザインと合わせて“大人の扇風機”といった趣だ。しかも本体から中間ポールを外すと高さ50センチほどの卓上扇風機に早変わり。さらにオプションの専用バッテリーパックと充電ドックを使ってコードレス扇風機になったりとユニークな機能を備えている。バッテリー駆動時間は最大12時間と一晩中使っても問題ない。

ts_yodobashimidnight04.jpg 中間ポールを外すと卓上扇風機に早変わり

 スタイルは昔ながらの扇風機だが、メンテナンス性もいい。前面カバーは回すだけで着脱でき、掃除に困ってしまいそうな複雑な形状の羽根は水でじゃぶじゃぶと丸洗いすることができる。ただ、フレームがあまりに簡単に外せてしまうため、逆にチャイルドロックなどは欲しかったところか。プラグ部はACアダプターになっているためコンセントの場所を選ぶかもしれないが、プラグ部分の方向を変えられるなど細かい配慮もあった。

ts_yodobashimidnight05.jpg 付属のACアダプター。このプラグ部分を外して向きを変えられるのだ
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.