ニュース
» 2015年08月06日 11時00分 UPDATE

安定感のある長身ボディ:「COOLでソリッドなデザイン」 ケンウッドがカナル型イヤフォン「KH-CRZ700/500」を8月29日に発売

JVCケンウッドがカナル型イヤフォン2機種を発表した。ケンウッドブランドをイメージした赤い逆三角マークをあしらっている。

[村上万純,ITmedia]

 JVCケンウッドは8月6日、カナル型イヤフォン「KH-CRZ700」「KH-CRZ500」を発表した。8月29日に発売する。価格はKH-KZ3000が7980円、KH-KZ1000が4980円(いずれも税込)。直販サイトの「ビクターエンタテインメントオンラインショップ」で販売する。

photo 左から下位モデル「KH-CRZ500」と上位モデル「KH−CRZ700」
photo ケンウッドブランドを象徴する赤い逆三角をあしらった

 同日発表したハイレゾ対応ヘッドフォン「KH-KZ3000」「KH-KZ1000」と同じく、8月29日〜30日に三重県鈴鹿市で開催する「SUPER GT」、9月11日〜13日(販売・試聴機設置は12日、13日)に栃木県芳賀郡で開催する「WTCC ツインリンクもてぎ」では、会場で販売・試聴機設置を実施する(ユーロスポーツブース)。

 オーディオのボリュームをイメージしたリング状のハウジングカバーを採用するほか、ケンウッドブランドの赤い逆三角をあしらったのも特徴だ。スタビライザーの造形を長くして装着時の安定感を向上させている。

photo 両モデルの特徴
photo オーディオのボリュームをイメージしたリング状のハウジングカバー

 上位モデルは10ミリダブルネオジウムマグネットドライバーを備え、バスポートと合わせてライブ感に優れた重低音を再生するという。マイクとボタンを備え、音楽再生や電話などのスマホ操作もできる。

photo 上位モデルの構造
photo マイクとボタンを備え、ハンズフリー通話ができる

 上位モデルの再生周波数特性は7〜2万Hz、インピーダンスは16オーム、感度は105dB。上位モデルのみコードクリップが付属する。

KH-CRZ700/500の主な仕様
型番 KH-CRZ700 KH-CRZ500
ドライバーユニット 10ミリダブルネオジウムマグネット 10ミリシングルネオジウムマグネット
音響技術 バスポート、高密度ハウジング、アンチバイブレーションSUSリング バスポート、高密度ハウジング
感度 105dB
再生周波数特性 7〜2万Hz 8〜2万Hz
インピーダンス 16オーム
最大許容入力 200ミリワット
ケーブル 1.2メートルOFC(Y字)
重量(ケーブル除く) 8グラム 7.5グラム
付属品 シリコンイヤーピース(S/M/L)、低反発イヤーピース(M)、キャリングケース、コードクリップ シリコンイヤーピース(S/M/L)、低反発イヤーピース(M)、キャリングケース

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.