ニュース
» 2015年09月02日 11時41分 UPDATE

音声コマンドにスマホ連携:六角レンチ1本で組み立てる人型ロボット――タカラトミーが「メカノイド」を発売

タカラトミーは、組み立て式の人型ロボット「MECCANOID」(メカノイド)2機種を11月に発売する。34種の音声コマンドを認識し、約900種の音声フレーズと動作を組み合わせてコミカルな反応をしてくれるエンターテインメントロボットだ。

[ITmedia]

 タカラトミーは9月2日、組み立て式の人型ロボット「MECCANOID」(メカノイド)を発表した。六角レンチ1本でイチから組み立てるエンターテインメントロボット。全高61センチの「G15」と全高1.2メートルの「G15KS」の2機種があり、いずれも11月7日に発売する予定だ。価格はG15が3万円、G15KSは5万円(いずれも税別)。

ts_meccanoid01.jpg 「MECCANOID」(メカノイド)(c)TOMY

 カナダの玩具会社、スピンマスターが開発した組み立て式ロボット。34種の音声コマンドを認識し、約900種の音声フレーズと動作を組み合わせてコミカルな反応をしてくれる。組み立ては六角レンチ1本で可能。パッケージには、「G15」で約620種、「G15KS」では約1200種のパーツやボルトが入っており、組み立て時間の目安はG15で3〜4時間という。

 「1つひとつのパーツを組み立て、完成したロボットが心を持ったように動き出し、話かけてくれる瞬間の喜びを日本でも体験してほしいと思い、日本で初めて発売することを決定した」(タカラトミー)。日本発売にあたり、全てのセリフやコマンド、機能を日本仕様にしたという。

ts_meccanoid02.jpg パーツ

ts_meccanoid06.jpg 組み立てイメージ

音声コマンドやアプリ連携、モーションキャプチャーも

 電池を入れると、大きな目や関節など各所のLEDが光り、手足をぎこちなく動かしながら「起動中、起動中。環境をスキャン中……生命体を人間と認識」などと言い出す。さらに「君の名前が知りたいな」と話し、ユーザーが名前を教えてると「はじめまして○○。君が僕を作ってくれたんだね!」とあいさつする。

 メカノイドは、目覚まし機能や時間を教えてくれる機能のほか、音声コマンドでさまざまな指示が可能。一緒に歩いたり、冗談を言ったり……放っておくと暇をもてあまして口笛を吹いたりもする。

ts_meccanoid05.jpg 無料の専用アプリ

 無料の専用アプリでスマートフォンとBluetooth接続すれば、手足の動きやLEDの光り方、音声を憶えさせることができる。そのままスマホをクレードルにセットすると、ユーザーの動きを真似させるモーションキャプチャーにも対応した。電源はG15が単二形アルカリ乾電池4本、G15KSにはニッケル水素充電池が付属している。

ts_meccanoid03.jpg スマホ連携

ts_meccanoid04.jpg モーションキャプチャー

 メカノイドの対象年齢は15歳以上。主なターゲットは30代から40代の男性で、どこかノスタルジックな外観と最新のテクノロジーが楽しめるという。なお、タカラトミーでは今後、USBケーブルでメカノイドとPCを接続してインターネット経由で音声プログラムの更新などを可能にする予定だ。

ts_meccanoid08.jpgts_meccanoid07.jpg 「MECCANOID G15」(左)と「MECCANOID G15KS」(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.