ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モーションキャプチャ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モーションキャプチャ」に関する情報が集まったページです。

「王様戦隊キングオージャー」終幕 “無謀だった”という制作の舞台裏、上堀内監督に聞いた
「王様戦隊キングオージャー」が最終回を迎えた。2023年3月から約1年にわたって放送された特撮作品だが、綿密なストーリー展開に加え、最新テクノロジーをふんだんに取り入れたことで「背景CGのクオリティーが高すぎ」「予算は大丈夫なのか?」など、X(旧Twitter)で話題になったことも記憶に新しい。(2024/2/25)

森山未來が『化け猫』に! 日仏合作アニメ「化け猫あんずちゃん」2024年7月公開決定
「森山の造形はほぼ跡形もなくなるんだな」(2024/2/22)

「ちゃぶ台返しはしない」 シン・エヴァ制作進行が見た“マネジャー庵野秀明”の姿(後編)
「庵野さんは“ちゃぶ台返し”はしない」。シン・エヴァの「Avant2パート」「Aパート」で制作進行を担当した成田和優氏は言う。成田氏へのインタビューから、マネジャーとしての庵野秀明をひもといていく。(2023/12/30)

VRニュース:
XRヘッドセット向けトラッカーを発売、優れたフルボディートラッキングが可能
HTC NIPPONは、XRヘッドセット「VIVE XR Elite」向け「VIVEトラッカー(Ultimate)」の販売を開始した。ヘッドセット1台当たり最大5台のトラッカーを接続でき、優れたフルボディートラッキングを可能にする。(2023/12/12)

ツーショットを撮ろうとしたら、愛馬が突然口を開き…… 奇妙なハプニングに「笑った」「かみちぎろうとしてる」【米】
おいしそうだったのかな。(2023/11/20)

美少女かと思ったらぁあああ!? 温水洋一、VTuber“ぬくみん”としてデビュー「みんなにキュンキュンさせる魔法をかけるよ」
温水さん「「多分あと半日ぐらいやっていたら、もう美少女になりきっていたと思います(笑)」(2023/11/1)

導入事例(ウシオライティング):
PR:プロジェクション型VRシステムの可能性を広げる高性能ワークステーションの存在
プロジェクション型VRシステム「HoloStage」のデモ環境を構成するワークステーションを刷新し、新たにデル・テクノロジーズの「Dell Precision 7920 Tower」を採用したウシオライティングに導入の背景と決め手になったポイントを聞いた。(2023/10/19)

ハイなクマが大暴れ! 映画「コカイン・ベア」レビュー 実話の先に待ち受けていたのはまさかの優しさでした
クスリ、ダメ絶対(反面教師的な学び)(2023/9/29)

東京ゲームショウ2023:
ポータブルゲーミングPCの展示即売会も! 活気あふれる東京ゲームショウに行ってきた
9月24日まで、幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2023」。広い会場に埋め尽くすほど、大小さまざまなブースで各企業が出展している。その中でもひときわ巨大なブースを出していたclusterをはじめ、PCを中心に熱気あふれる様子をリポートする。(2023/9/23)

ウェアラブルニュース:
スマートシューズランニングアプリケーションに足背装着モードを追加
ORPHEは、同社の専用センサー「ORPHE CORE」を用いたスマートシューズランニングアプリケーション「ORPHE TRACK Run」に、足背装着モードを追加した。同アプリは無料でダウンロードできる。(2023/9/7)

Innovative Tech:
ライブ配信者の“平手打ち”や“頭突き”を感じられるシステム 電通大が開発 スマホを握る手に電気刺激
電気通信大学の梶本研究室に所属する研究者らは、ライブ配信者が反応した際の触覚をスマートフォンを介して提示する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/8/9)

施工:
山岳トンネル工事の吹付厚さをリアルタイムに計測管理する技術を開発
戸田建設、エフティーエス、清水建設、西松建設、前田建設工業は共同で、山岳トンネルの「吹付ナビゲーションシステム」を開発した。エフティーエスは同システムを搭載した新型吹付機「ヘラクレス-Navigator」の普及を図る。(2023/8/3)

違和感ない……! 実写映像の人物に3Dモデルを合成したアクション動画が驚きの完成度
夢が広がる。(2023/7/31)

総額27億円!? 「ホロライブ」のカバーが新設した“国内最大級スタジオ”を見学したら豪華すぎた
メンバーのサインもたくさん!(2023/6/21)

映画『スーパーマリオ』の大ヒットが予感させるゲーム映画の黄金時代
映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の大ヒットが続いている。この作品は単なるヒット映画の一つとしてではなく、ゲーム映画の黄金時代の扉を開いた映画として歴史に名を残す可能性が高い。(2023/6/16)

インタビュー:
さらば、そして…… 「ULTRAMAN」FINALシーズン、神山健治×荒牧伸志が紡いだ「ウルトラマン信仰」の行方
シリーズを締めることの難しさを「ある意味不可能」と回顧した神山監督。(2023/5/13)

「ホロライブ」のカバーが総工費27億円の新スタジオ モーションキャプチャー用カメラ200台超を導入
「ホロライブ」を運営するカバーがモーションキャプチャーや音楽収録、クロマキー撮影が可能な新スタジオを設立。総工費は約27億円という。(2023/5/11)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
AIは著作権を持てるか……中国でバーチャルヒューマンの「権利」を巡る初の判決
ChatGPTなどの生成AI技術に注目が集まるなか、AIを巡る知的財産権の法的枠組みの整備も急務となっている。AIを活用したバーチャルヒューマンの普及が進む中国では、バーチャルヒューマンの権利侵害を巡る訴訟で国内初の判決が下された。しかし、今回の判決では解決できない問題も残る。(2023/5/11)

「Surface」シリーズは膨大な研究と実験の成果を「シンプルさ」に集約させたデバイスだ 日本マイクロソフトのツアーで感じたこと
日本マイクロソフトが、本社から開発チームを招き同社のSurfaceシリーズについてのこだわりや、設計プロセスなどについて語る「Surface ラボツアー」をメディア関係者に行った。(2023/5/5)

スクエニの“武器庫”、特別に入れてもらった アイテムの数々、何に使う?
一般の人は入れないスクエニの「武器庫」に入れてもらった。武器の使い道は?(2023/4/27)

NEC、「デジタルヒューマン協議会」設立 社会実装の加速目指す
NECは25日、AIと3D CGなどを組み合わせたAIアバター、デジタルヒューマンの社会実装を目指す「デジタルヒューマン協議会」を設立すると発表した。(2023/4/25)

孫悟空やクリリンたちのフィギュアを使ったストップモーション・アニメがすごい! 演舞やプロレス、甘酸っぱい恋まで
ラストはキュンと来たぜ。(2023/4/13)

「バイオハザード RE:4」エイダ役声優、ゲーム発売後の“批判”に言及 「アジア人女性の居場所を作るべきです」
批判は「パフォーマンスに対するもの」との声も。(2023/4/11)

「カクレンジャー」鶴姫役の広瀬仁美にインタビュー 俳優引退からアーティスト転身、30周年目前のサプライズ全員集合の裏側も聞いてみた
スーパー戦隊シリーズ第17作。 (2023/4/9)

「ホロライブ」兎田ぺこら、4月1日に超美麗3Dのモデルさんを披露 「まるで実写」「オチが最高」と好評
これが世界のぺこーらってわけよ。(2023/4/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「ホロライブ」運営のカバー、上場で時価総額1000億円超えの可能性も? “UUUM化”回避がカギ
「ホロライブ」のカバーが3月27日に上場する。先に上場した同業のエニーカラーは、上場以降も順調に株価を高めて時価総額は1400億円以上にも達している。順調に見えるVTuberビジネスだが、「死角」はないのか。(2023/2/24)

来たぞ、われらの、マリー!! 「ULTRAMAN」FINALシーズンのティーザーPV公開、女性キャラが熱い
バルキュアがなまめかしい。(2023/2/3)

“2億画素”はダテじゃない 普段見えていないものまで撮れるXiaomi「12T Pro」
「神充電」というキャッチフレーズで登場した中国Xiaomiの「12T Pro」。今回はそれを主に写真目的としてテストしました。この2億画素のカメラを搭載したXiaomiの12T Proは伊達ではありませんでした。(2023/1/28)

結局VRゴーグルはどれを買えばいいのか 手を出したいけど増えすぎて選べない人のための超絶詳しい“分類マップ&解説”
値段と目的に合った物を選ぼう!(2023/1/19)

医療機器ニュース:
定量的に歩行分析する医療向けソリューションを発売
ORPHEは、最短2分で歩容を定量的に解析する医療機関向けソリューション「ORPHE ANALYTICS MEDICAL」を発売する。小型センサーを靴に取り付けた状態で6〜10m定常歩行すると、歩容を定量的に計測し、レポートを出力する。(2023/1/16)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
2回観たけどまだ観たい! 劇場版「スラムダンク」にドハマりしたマンガ家の感想
大人気漫画「SLAM DUNK」(スラムダンク)の最新劇場版「THE FIRST SLAM DUNK」が公開されて1カ月半。ボクも公開直後に観に行ったのですが見事にドハマりしてしまい、先日ふたたび映画館に足を運んでしまいました。(2023/1/15)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(24):
人に合わせる「人間工学電卓」、カシオはレガシーな製品をどう進化させたのか
カシオ計算機が「人間工学電卓」という電卓を新たに開発した。操作面に3度の傾斜を付けており、キーも階段状に配置がなされている。PC用キーボードでは人間工学的視点を取り入れた製品は少なくないが、電卓に適用するのは盲点だった。開発の背景を担当者に伺った。(2023/1/12)

CES 2023:
32型の大画面を備えた一体型PC「Yoga AIO 9i Desktop」登場 「単体でモーションキャプチャーできるPC」のコンセプトモデルも披露
Lenovoが、コンシューマー向けのディスプレイ一体型デスクトップPC「Yoga AIO 9i Desktop」を発表した。合わせて、特別なデバイス抜きでモーションキャプチャーが可能なPCの構想「Project Chronos」も披露した。(2023/1/6)

「アバター」新作の衝撃シーンをサム・ワーシントンが語る「親になったことで恐怖を感じるように」 ネタバレ来日インタビュー
ちょびっとネタバレあり。(2022/12/23)

ソニー新製品「mocopi」が買えない! 予約開始直後に混雑で「時間をおいて再アクセスを」
ソニーが、モーションキャプチャーデバイス「mocopi」の予約販売を始めた。しかし予約開始直後から販売サイトが混雑し、購入できない人も出始めている。(2022/12/22)

アニメ映画「BLUE GIANT」、大役は山田裕貴 雪祈役に間宮祥太朗、玉田役に岡山天音 演奏シーンも公開
公開まで2カ月……!(2022/12/16)

ウェアラブルニュース:
小型センサーとスマホでデータを制作できるモバイルモーションキャプチャー
ソニーは、モバイルモーションキャプチャー「mocopi」を発売する。小型かつ軽量なセンサーで全身の動きを捉え、スマートフォンの専用アプリケーションでモーションデータを制作できる。(2022/12/14)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済の「地域限定キャンペーン」も広がってきましたね
最近、スマートフォンを使った決済サービスにおいて、特定の自治体にある加盟店に限定した還元キャンペーンが増えています。従来、自治体が「オリジナル商品券」で対応していた消費喚起策をコード決済に切り替えたようです。(2022/12/10)

ソニーのモーションキャプチャー「mocopi」は何が新しいのか? スマホ活用の新たな可能性
ソニーが、スマートフォンと連携してモーションキャプチャーを可能にするデバイス「mocopi(モコピ)」を2023年1月下旬に発売する。頭、手足、腰に装着してスマートフォンと連携すると、モーションデータを取得できるようになる。SDKを活用することで外部サービスと連携可能になり、取得したモーションデータをリアルタイムに配信することもできる。(2022/12/4)

ソニー、スマホでモーションキャプチャー可能な小型センサー「mocopi」発売 4万9500円
ソニーは、2023年1月下旬にモバイルモーションキャプチャー「mocopi」を発売。小型で軽量なセンサーと専用アプリで、モーションキャプチャーやVRへのモーション入力を可能とする。ソニーストアの販売価格は4万9500円(税込み)。(2022/11/29)

医療技術ニュース:
生命科学の匠の技をAIとロボットで伝承、産業化の促進を目指す
エピストラは神戸市役所(兵庫県神戸市)及びオンラインで記者会見を開き、ロボットやAIを活用した再生医療の実験効率化の成果について報告した。(2022/11/1)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(22):
スマートシューズのその先へ、全身をかなり手軽に解析できる「ORPHE ANALYTICS」
ランニングなどの最中にスマートウォッチで記録を取っている人は多いだろう。今回テストした「ORPHE CORE」というセンサーは、シューズに取り付けるだけで、全身情報を細かく測定できる。計測の手軽さから、大学や企業の研究、開発分野でも大きく注目されているという。(2022/10/31)

イノベーションのレシピ:
打ちやすさの秘密は3度の傾き、人間工学を生かしたカシオの最新電卓
カシオ計算機は2022年10月6日、操作面に傾斜を付けるなどで使いやすさを向上させた「人間工学電卓 JE-12D/DE-12D」を、同月21日からオープン価格で発売すると発表した。人間工学的な観点からキーを打ち込みやすいようなデザインを採用している。(2022/10/13)

Marketing Dive:
電通肝いりの「バーチャルインフルエンサー」誕生、メタバースでどう稼ぐ?
「Dentsu VI」は、メタバースやゲーム環境において使用できるフルカスタマイズ可能なバーチャルアイデンティティーを作成するサービスだ。(2022/10/12)

カシオ、「3度」傾いた「人間工学電卓」を開発 右手での打ちやすさを追究した構造に
手になじんで打ちやすそう。(2022/10/6)

「中身おっさんじゃなかった」「人間がやってたんだ」 ウマ娘の人気曲「ユメヲカケル」踊る“中の人”初公開 モーションキャプチャー収録風景を解説
さすが中の人、動きがキレキレ。(2022/10/3)

動いてる……! 故・松田優作、デジタルヒューマンとして現代によみがえる “ハードボイルド”全開ショートムービーが公開
優作さんがスマホさわってるよ……。(2022/9/21)

医療技術ニュース:
アンドロイドの顔の表現を厳密に評価する新手法を開発
大阪大学は、アンドロイドロボットの顔の表現性能を厳密に評価する、新しい手法を発表した。皮膚の各部が運動し得る空間範囲を「顔の表現力」の数値指標として採用している。(2022/9/7)

ゲームのキャラみたい! 銃を指でクルクルしながら納刀する“ガンプレイ”がカッコイイ
練習すればできるそうですよ。(2022/8/26)

「アイマス」楽曲、サブスク解禁か 「ファン以外にも魅力を届けたい」
バンダイナムコエンターテインメントは26日、「アイドルマスター 」シリーズの楽曲を音楽ストリーミングサービスで配信すると発表した。(2022/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。