ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モーションキャプチャ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モーションキャプチャ」に関する情報が集まったページです。

獅子舞の動きをデジタルアーカイブ化 舞手がモーションキャプチャースーツ着用 DNPが鳥取で
DNPが、伝統芸能「麒麟獅子舞」の演舞をデジタルアーカイブとして記録する。撮影・計測の際は、舞手がモーションキャプチャースーツを着用する。取得したデータを、伝統芸能の継承や、教育、観光などに生かす予定。(2020/11/26)

実写のPVがエモい! 令和のフラガール描くアニメ映画「フラ・フラダンス」、2021年初夏に公開 主演に福原遥
2006年公開の映画「フラガール」に次ぐ良作になるかな。(2020/11/5)

モノづくりスタートアップ開発物語(4):
靴内センサーを小型化せよ、ベンチャーが挑む未経験のスマートシューズ作り
オープン6年目を迎えた東京・秋葉原の会員制モノづくり施設「DMM.make AKIBA」で社会課題を解決しようと奔走しているスタートアップを追いかける連載「モノづくりスタートアップ開発物語」。第4回はスマートシューズを開発しているno new folk studioのCEO 菊川裕也氏に、開発経緯などを聞いた。(2020/10/1)

Innovative Tech:
Webカメラ1台で多人数モーションキャプチャーする「XNect」 深度センサーも専用スーツも使わずリアルタイムで
安価なWebカメラで深度センサーや専用スーツを使ったモーションキャプチャーシステムを凌駕する。(2020/8/21)

狂気の映像兵器「がんばれいわ!!ロボコン」をきみは見たか コロナ禍で撮影された映画の新時代の幕開け
公開中の映画「がんばれいわ!!ロボコン」には狂気がギッチギチに詰まっていた(2020/8/4)

ゲームキャラの演技、表情はiPhoneで Epic GamesがUnreal Engine向けアプリ「Live Link Face」公開
iPhoneのTrueDepthカメラを活用し、表情をキャプチャーする。(2020/7/10)

アフターコロナの広告業界:
リモートワークで広告クリエイティブ制作の「3密」は変わるか monopoと東北新社が業務提携
東京発のグローバルクリエイティブエージェンシーmonopoと東北新社が遠隔で映像制作ができるサービス「STUDIO DISTANCE」を開始。コロナ禍への対処を超えた真の狙いとは。(2020/6/15)

USJが“完全リモート”で制作したダンス動画公開 技術力がすごいと称賛集まる
ソーシャルディスタンスを保てる振り付けを採用しています。(2020/6/7)

技能伝承:
日立建機が溶接ノウハウを定量的にデータ化、次世代への技能伝承を実現
日立建機は、建機製造における熟練技能者の溶接技能を若手に伝承するため、複雑な作業を定量的なデータで見える化する計測技術を開発した。今後、溶接現場で実証を行い、計測したデータを基に、若年技術者に技能を伝承する訓練システムの構築も進め、溶接技能の効果的な習得や習得レベルの個人差解消を目指す。(2020/5/11)

「攻殻機動隊 SAC_2045」とは何なのか 神山×荒牧両監督へのインタビューから浮かび上がった“攻殻機動隊”
保守派のハードファンである記者が数々の疑問を聞いたスペシャルインタビューです。(2020/4/23)

製造ITニュース:
溶接作業の技能レベルをデータで見える化、日立建機が新計測技術を開発
日立建機は溶接技能者の技量を定量的データで可視化する新たな計測技術を開発した。同計測技術を活用した新たな訓練システム開発に向けた実証実験も実施する予定。(2020/4/21)

スマートファクトリー:
デンソーがタイで取り組む製造現場のAI活用
「第4回 スマート工場 EXPO〜IoT/AI/FAによる製造革新展〜」の特別講演にデンソーインターナショナルアジアのバイスプレジデントである末松正夫氏が登壇し、「製造AIによる生産性向上」をテーマに、タイの製造現場におけるAIを活用した生産性向上の取り組みを紹介した。(2020/4/10)

Apple、LiDARスキャナーをサポートした「ARKit 3.5」公開
AppleのARプラットフォームが、新型iPad Proに搭載されたLiDARで大きく進化した。(2020/3/26)

Innovative Tech:
その空間だけボケさせる隠消現実メガネ 阪大「IlluminatedFocus」開発
Augmented Realityと対になるDiminished Reality。ボケを使ってそうした隠消現実を実現するデバイスが登場した。(2020/2/25)

青山学院大学 次世代ウェルビーイングプロジェクト:
PR:ウェアラブルが進化させる生活環境 最新研究のその先を見る
「すべての人々が身体的・精神的・社会的に良好な状態で生活できる社会的な枠組み」、これを次世代Well-beingと呼ぶ。青山学院大学では理工学部を中心に複数の学科と研究室が共同でこの研究を進めている。中心的な役割の一翼を担っている同学 理工学部 情報テクノロジー学科 ロペズ・ギヨーム准教授が率いる「ウェアラブル環境情報システム研究室」で、具体的な研究内容を聞いた。環境情報を取得するだけではなく、「溶け込む」ように、環境に働きかけたり、本人に行動を促したりすることがポイントだという。(2020/2/12)

Innovative Tech:
カメラ映像から複数人の動きを骨格・筋レベルで同時検出 東大とドコモがモーションキャプチャ技術発表
動きの激しい、多人数がプレイするスポーツでモーションキャプチャが可能な技術が開発された。(2020/1/30)

映像から複数人の激しい動きを解析、東大とドコモが技術開発 ディープラーニング活用
東京大学とNTTドコモが、ディープラーニングを活用し、カメラ映像から複数人のモーションキャプチャーを行う技術を開発。スポーツやエンターテインメント領域、介護・リハビリ現場などでの活用を目指す。(2020/1/17)

画像から人物の骨格を推定、ディープラーニング活用の無料サービス
画像から人物の骨格を自動で検出するAIツールを、ユーザーローカルが無償で公開。スポーツや医療、教育分野などでの活用を見込む。(2020/1/9)

まるで新体操のリボン 太田雄貴と日本企業が共同開発したフェンシング視覚化システム公開、東京五輪採用を目指す
実現してほしい。(2019/12/19)

人からロボットへ自然に手渡し、フェイントにも対応 ディズニーが技術開発
驚くほどスムーズな受け渡しが、人からロボットへ行われる。その仕組みとは……。(2019/11/29)

ゴジラ・フェス2019:
宝田明「ゴジラは世界の大ヒーロー」 「ゴジラ・フェス2019」がレジェンドの鏡割りで開幕、初ゴジのライブドローイングも
【画像】ライブドローイングが完成する様子&フェス限定グッズをご紹介!(2019/11/4)

躍進する高級車ブランド「LEXUS」:
レクサスインターナショナルの澤プレジデントが語る「ブランドにひもづいたデザイン」戦略
人から愛されるブランドをどのように作るか。高級車「LEXUS」を成功させたレクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデント(トヨタ執行役員)に話を聞いた。(2019/10/17)

CEATEC 2019:
カメラ1つで人の動きを自動検出する「骨紋」、不具合の分析期間を10分の1に減少
三菱電機は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)において、カメラ1台の映像から人の骨格情報を抽出し動作を自動検出する作業分析技術「骨紋」を披露した。(2019/10/16)

映像加工のピクチャーエレメントが破産 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」など手掛ける
映画やドラマなどの映像加工を手掛けるピクチャーエレメントが破産。直近では、8月に公開された映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」も手掛けていた。(2019/9/25)

Apple、「iPadOS 13.1 ソフトウェア・アップデート」を配布開始 大幅な機能強化
iPadに専用OSがやってきた。ホーム画面でウィジェットが使えるなど、大きな機能強化がされている。(2019/9/25)

デザインの力:
感覚を数値化した車いすレーサーの開発とその先の未来を見据えるRDSの挑戦
RDSは、東京都内でプロジェクト発表会を開催。ボーダーレスな未来を描く3つの最先端プロダクトとして、アスリート向け車いすレーサー「WF01TR」、最適なシーティングポジションの検討に役立つシミュレーター「SS01」、通信対戦が可能なVRレーサー「CYBER WHEEL X」を発表した。(2019/9/20)

トップアスリートの動きを解析、個人に合わせたトレーニング法提供 凸版と日体大が共同研究
トップアスリートの動作をモーションキャプチャして解析したデータを基に、個人に合わせた最適な動作トレーニング法を提供するシステムを、凸版印刷と日本体育大学が開発する。(2019/9/10)

iPhone 11は位置を正確につかむUWB対応「R1」コプロセッサ搭載?
A13プロセッサには位置情報をより正確につかめるUWBを搭載したコプロセッサが組み込まれているという。(2019/9/10)

VRニュース:
キャプチャー技術を活用したリアルタイム実写立体動画撮影システムを開発
メディア工房は、リアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を公開した。被写体を全方向から撮影し、立体映像を作成するため、視聴者は自由な視点で映像を鑑賞できる。(2019/7/29)

フル3DCGアニメ「ULTRAMAN」シーズン2の製作決定、荒牧監督「期待を超える物を見せたい」
神山監督「表現方法に縛られず、面白い物語を伝えられると確信」。(2019/6/12)

スマートファクトリー:
“人”の働きを自然に助ける“日本らしい”スマート工場へ、産総研が団体設立
産業技術総合研究所は2019年6月10日、「『人』が主役となるものづくり革新推進コンソーシアム(Consortium for Human-Centric Manufacturing Innovation、以下HCMIコンソーシアム)」の設立総会を開催し、同コンソーシアムでの取り組み内容を発表した。(2019/6/12)

macOS Catalina、今秋登場 iPadを液タブに使えるSidecar機能も
WWDC 2019で、macOS 10.15が発表された。(2019/6/4)

iPhoneだけで全身モーションキャプチャする無料アプリ
全身モーションキャプチャアプリ「ミチコン-VisionPose Single3D-」がリリースした。(2019/5/15)

ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散
ドワンゴとインフィニットループが設立した、VTuberコンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャストの初年度決算は1億5650万円の最終赤字だった。ドワンゴやKADOKAWAなど計5社が18年12月に創業したVTuber事業会社のリドも解散。「niconico」の有料会員が減少を続ける中、VR事業でも苦戦を強いられている。(2019/5/7)

ドワンゴ、3Dアニメ制作の新事業「TUNEDiD」始動 都内最大級のモーションキャプチャースタジオを開設
ドワンゴが、CG映像制作を行う新事業のブランド「TUNEDiD」を立ち上げ。都内最大級のモーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を開設した。(2019/4/22)

神山健治×荒牧伸志両監督に聞く、「ULTRAMAN」からにじみ出る“特撮感”と“オールドスクールなこだわり”
荒牧「3DCGでアニメーションを表現するときの方法論としては大きく2つあると思うんです――」。(2019/4/1)

作業のカイゼンで成果:
デンソーのアジア法人社長、生産現場におけるAI活用で「ワクワク、ドキドキ感が止まらない」理由
世界で有数の自動車部品メーカー、デンソーのアジア法人社長が自ら取り組んだAIによる作業カイゼン。「本社と同等か、その上をいくものになったかもしれない」とこの社長は話した。(2019/3/7)

これは熱いぞ! アニメ「ULTRAMAN」、SEVEN、ACEらそろい踏みの最新トレーラーが解禁
謎の異星人も多数登場、主題歌も初披露、Netflixで4月1日配信。(2019/3/5)

きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。おっさんなんだぜ。それで:
おじさんでも「美少女インスタ映え」 2019年はバーチャルでなりたい自分になれる「アバター元年」か
VTuberでもなく、ビジネス現場のVR利用でもない、“もう1つの人生”をアバターとして生きる人々。(2019/1/23)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【後編】:
私が「ドラクエ」から“Vチューバー”アイドルのプロデューサーになった理由
スクエニ取締役の齊藤陽介さんは「ドラクエX」のプロデューサーを引退し、現在は「Vチューバー」アイドルを手掛けている。なぜ、「ドラクエ」から「Vチューバー」のプロデューサーに転じたのか。(2018/12/25)

ドワンゴ、カラーなど5社がVTuber事業の新会社 VTuber起用したアニメも制作
ドワンゴ、KADOKAWA、カラー、インクストゥエンター、アソビシステムが、バーチャルYouTuber事業を行う新会社「リド」を設立。VTuberの育成やアニメの制作などを行う。(2018/12/19)

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
製造現場が抱える課題にVRはどう役立つのだろうか
まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年12月〜2019年1月のサブテーマは『中小企業におけるVR活用の現実と理想のカタチを模索する』です。(2018/12/19)

VTuber旋風、DCEXPOにも
InterBEE 2018と同時開催された「DIGITAL CONTENT EXPO 2018」ではVTuber支援システムが花盛り。(2018/11/19)

PR:「全てを保管しきれない」ことが前提――AI研究者の山田誠二教授が語るビッグデータ活用の課題
IoTなどから、多様で膨大なデータを収集し、AIでそれを処理するという時代が目前に迫ってきている。これは、企業が、今まで以上の勢いで増加するデータと格闘しなければならないことを意味する。長年にわたってAIに携わり続けてきた研究者は、これからの時代をどのように捉え、どんな課題を感じているのだろうか。(2018/11/16)

「ぱっと開く笑顔」「恐る恐る出す笑顔」など再現へ 子供型アンドロイド、“表情の幅”広がる
大阪大学が、より高い精度で表情の変化を作り分ける子供型アンドロイドロボットの頭部を開発。「ぱっと開く笑顔」「恐る恐る出す笑顔」など、ニュアンスを含んだ表情の再現が可能になるとしている。(2018/11/14)

単眼カメラで上半身の動きを反映できるVTuberアプリ AIの姿勢推定技術で実現 記者も試してきた
AIを活用して配信者の体の動きを検出し、バーチャルキャラクターに反映するライブ配信アプリが登場した。(2018/11/13)

「イベント会場は魔物」 ドワンゴが語る、バーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法とその注意点
ドワンゴで多くのイベントを演出したエンジニアがバーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法を解説した。(2018/8/27)

今日のリサーチ:
バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。(2018/8/14)

Morpho Pose Estimator:
AIを活用した姿勢推定ソフトウェア、一般のカメラ画像にも対応
モルフォらがディープラーニングを使って人体や動物などの姿勢を推定するソフトウェア「Morpho Pose Estimator」を開発、販売開始した。(2018/6/12)

今日のリサーチ:
データで知る、今更聞けない「VTuber」――ユーザーローカル調査
最近よく聞く「VTuber」。あなたは何だかご存じですか?(2018/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。