ニュース
» 2015年09月28日 17時25分 UPDATE

パナソニック、6チューナー搭載のBDレコーダー「DIGA(ディーガ)BRG2010」など5機種を発表

パナソニックのエントリーからミドルレンジのBDレコーダーDIGA(ディーガ)5機種が一新する。市場想定価格は、5万円前後(税別)から。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パナソニックは9月28日、BDレコーダー「DIGA(ディーガ)」5機種を発表した。価格はすべてオープンプライス。発売は「BRG2010」「BRX1010」「BRW1010」「BRW510」の4機種が10月16日、エントリーモデル「BRS510」が11月13日。

 5モデル共通で新機能「新番組お知らせ」を搭載。「番組表」を表示中に新番組をポップアップで知らせたり、「新番組」ボタンを押すとすべての番組情報を一覧で表示したりできる。例えば、年に4回ある地デジのドラマ改編期には「地デジのドラマ」に絞り、まとめて新ドラマをチェックできて便利だ。

hm_pa02.jpg 「新番組お知らせ」機能

 「BRS510」を除く4機種は、4K撮影動画やハイレゾ音源などの音楽ファイルの保存/再生に対応する。具体的には、4Kダイレクトクロマアップコンバートで30p/24p、4K60p・30p動画/4K JPEGの保存再生、4K60p・30p動画/4K JPEGのBDへのバックアップができる。

6チューナー搭載「BRG2010」

 「BRG2010」の市場想定価格は10万円前後(税別)。6チューナー(地上デジタル×6、BS・110度CS×6)を搭載する。6番組同時録画に対応し、スカパー!とあわせて7番組同時録画もできる。

hm_pa01.jpg 「BRG2010」
hm_pa03.jpg 背面

 ハードディスク容量は2Tバイト。本体サイズは、430(幅)×179(奥行き)×44.5(高さ)ミリ、重量は約2.5キロ。

「BRZ1010」「BRW1010」「BRW510」

 市場想定価格は、3チューナー(地上デジタル×3、BS・110度CS×3)搭載モデル「BRZ1010」が8万円前後、2チューナー搭載モデル「BRW1010」が7万円前後、「BRW510」が6万円前後(すべて税別)。

hm_pa04.jpg 「BRZ1010」「BRW1010」「BRW510」

 ハードディスク容量は、BRZ1010、BRW1010が1Tバイト、BRW510が500Gバイト。

 本体サイズは3機種とも同じで、430(幅)×179(奥行き)×41.5(高さ)ミリ。重量はBRZ1010、BRW1010が約2.1キロ、BRW510が約1.8キロ。BRW510のみ無線LANモジュールを非搭載で有線LANとなる。

「BRS510」

 BRS510の市場想定価格は、5万円前後(税別)。1チューナー(地上デジタル×1、BS・110度CS×1)搭載モデル。ハードディスク容量は500Gバイト。

hm_pa05.jpg 「BRS510」

 4K撮影動画やハイレゾ音源などの音楽ファイルの保存/再生、音楽ファイルのDLNA配信は非対応だ。

 本体サイズは430(幅)×179(奥行き)×41.5(高さ)ミリ、重量は約1.8キロ。無線LANモジュールを非搭載で有線LANとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.