ニュース
» 2015年10月15日 15時35分 UPDATE

サウンドバーだけで天井スピーカーも再現――ヤマハ、Dolby AtmosやDTS:Xに対応した「YSP-5600」

ヤマハは「デジタル・サウンド・プロジェクター」の新製品「YSP-5600」を11月下旬に発売する。Dolby AtmosやDTS:Xをサポートしたフラグシップモデルだ。

[ITmedia]

 ヤマハは10月15日、「デジタル・サウンド・プロジェクター」(YSPシリーズ)の新製品「YSP-5600」を発表した。最新のサラウンドフォーマットであるDolby AtmosやDTS:Xをサポートしたフラグシップモデル。11月下旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では17万5000円前後(税別)になる見込みだ。

ts_5600ysp01.jpg Dolby AtmosやDTS:XをサポートしたYSPシリーズの新しいフラグシップモデル「YSP-5600」。

 YSPシリーズは、複数の小型スピーカーで指向性の高い“音のビーム”を作り出し、壁面に反射させることでサラウンド効果を得るというもの。今回は3列32個の水平ビーム用アレイスピーカーに加え、ハイトチャンネルに必要な垂直方向のピームを作り出すユニットを新たに左右6個ずつ搭載。2つのウーファーを加えた「YSP史上最多」(同社)の44+2のユニット構成により、天井スピーカーまで再現し、Dolby Atmosの7.1.2chに相当するリアル3Dサラウン再生が行えるという。

ts_5600ysp02.jpg 垂直方向のピームを作り出すユニットを新たに搭載した

 またYSPシリーズとして初めて同社の「シネマDSP<3Dモード>」に対応したこともトピックの1つ。さらにハイトチャンネル信号を含まない従来のサラウンドコンテンツについても内蔵デコーダーで擬似的にハイトチャンネル信号を作り出し、音場を立体的にスケールアップする「アップミックス機能」も備えた。なお、DTS:Xについては後日のファームウェアアップデートで対応することになっている。

 背面端子は、HDCP2.2と4K/60p伝送に対応したHDMI端子が4入力、1出力。ほかに光デジタル2と同軸デジタル1、アナログ入力を備える。またサブウーファー出力は有線と無線の両方に対応しており、オプションの受信ユニット「SWK-W16」(別売、税別1万5000円前後)をアクティブサブウーファーに接続すればワイヤレスで重低音が楽しめる。

 Wi-FiやBluetoothも内蔵。vTunerやradiko.jpを活用するネットラジオをはじめ、DLNA 1.5準拠のネットワークオーディオ機能、AppleのAirPlay、Miracast、独自のマルチルーム再生機能「MusicCast」など豊富なネットワーク機能に対応した。専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」をスマートフォンやタブレット端末に導入すれば、手軽に楽曲再生や各種操作が行える。

ts_5600ysp03.jpg 壁掛け設置のイメージ

 本体サイズは、1100(幅)×216(高さ)×93(奥行き)ミリ(スタンドあり)。重量は11.7キログラム。専用壁掛け金具「SPM-K30」(別売、税別5000円)を利用すれば、壁掛け設置も可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.