ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「YSP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「YSP」に関する情報が集まったページです。

【鹿でした】自分を志摩リンだと思いこんだオタクが「ビーノ」に乗って行く「ゆるキャン△」ガチ聖地巡礼レポート【後編】
うっかり素に戻ってしまうくらい夜の山道は怖かったそうです。(2019/7/13)

FAニュース:
段取り時間を3分の1に低減、段取り全自動化に対応したクリームはんだ印刷機
ヤマハ発動機は、段取り替えの全自動化に対応し世界最速レベルのサイクルタイムを実現したクリームはんだ印刷機のハイエンドモデルを発表した。初年度に50台の販売を目指す。(2019/1/15)

水曜インタビュー劇場(ブルンブルン公演):
バイクは事故が多いのに、なぜヤマハは「バイクレンタル」に挑むのか
ヤマハ発動機販売は10月1日、2輪車レンタル事業「バイクレンタル」をスタートした。国内2輪車メーカーがレンタル事業を始めるのは初めてのことだが、疑問がひとつある。バイクは事故が多いのに、事業を継続してやっていけるのだろうか。同社の担当者に話を聞いた。(2018/10/3)

ヤマハ、バイク公式レンタルサービス開始 ロードサービスや保険付きで4時間から利用可能
欲しかったあのバイクに乗れるかも(2018/9/23)

家中の音源を活用――ヤマハ独自のネットワークオーディオ技術「MusicCast」とは?
ヤマハが独自のネットワークオーディオ機能「MusicCast」(ミュージックキャスト)に対応する新製品4機種を発表した。多彩なタイプの機器をそろえ、さまざまな音楽をシェアできる新しいネットワークオーディオとして訴求する構えだ。(2016/7/28)

4K対応を強化、「MusicCast」にも対応したサウンドバー「YSP-2700」
ヤマハは、サウンドバーの新製品「YSP-2700」を発表した。音をビーム状に放出し、壁に反射させることでリアルサラウンドを実現する「デジタル・サウンド・プロジェクター」の最新モデルだ。(2016/7/28)

ヤマハ、DTS:XもサポートしたミドルクラスAVアンプ「RX-V781」「RX-A860」
ヤマハは、ミドルクラスAVアンプ2機種を8月上旬に発売する。Dolby AtmosやDTS:Xに対応した「RX-V781」および、その“AVENTAGE仕様”となる「RX-A860」だ。(2016/7/14)

ヤマハ製サウンドバー「YSP-5600」、世界初の「DTS:X」対応へ――ファームウェアアップデートを実施
ヤマハは、同社のAVアンプやサウンドバーなど計5機種に対して3月上旬以降順次ファームウェアアップデートを行い、「DTS:X」をサポートする。(2016/1/13)

サウンドバーだけで天井スピーカーも再現――ヤマハ、Dolby AtmosやDTS:Xに対応した「YSP-5600」
ヤマハは「デジタル・サウンド・プロジェクター」の新製品「YSP-5600」を11月下旬に発売する。Dolby AtmosやDTS:Xをサポートしたフラグシップモデルだ。(2015/10/15)

設置スタイルで選べる2つの“YSP”――ヤマハが「YSP-1600」と「SRT-1500」を発表
ヤマハはデジタル・サウンド・プロジェクターの新製品「YSP-1600」と台座型サラウンドシステム「SRT-1500」を9月上旬に発売する。Wi-Fiや新提案の「MusicCast」でネットワーク音楽再生がより便利になる。(2015/8/21)

インターネプコン:
汎用性に優れた高効率モジュラーや検査装置を出展
ヤマハ発動機は、エレクトロニクス製造・実装技術展「インターネプコン ジャパン」において、高効率モジュラーやハイエンド・ハイブリッド光学外観検査装置などの主力機種を出展した。(2015/1/23)

4KやBluetoothに対応――トレンドを取り込んだヤマハのシアターラック「ポリフォニー」新製品
ヤマハは、ラックシアターシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品2機種を発表した。(2014/8/28)

ロングセラーモデルが正統進化、ヤマハ「YSP-2500」登場
ヤマハは、「YSP-2200」の後継機となる“デジタル・サウンド・プロジェクター”の新製品「YSP-2500」を8月上旬に発売する。外観はあまり変わらないが、音質と使い勝手の両面が進化した。(2014/7/8)

実装ニュース:
ヤマハ発動機の新型はんだ印刷機「YCP10」、処理速度を12%高速化
ヤマハ発動機の小型クリームはんだ印刷機「YCP10」は、従来機の「YCPII」と比べて処理速度が12%高速化されている。(2014/4/16)

Bluetoothも搭載:
4万円前後の“お手頃YSP”、ヤマハ「YSP-1400」が登場
ヤマハはデジタル・サウンド・プロジェクターのエントリーモデルとして、サウンドバースタイルの「YSP-1400」を発売する。4万円前後というお手頃モデルだ。(2013/9/19)

“エースナンバー”を背負ったサウンドバー、ソニー「HT-ST7」
ソニーの「HT-ST7」は、同社製サラウンドシステムのプレミアムモデル。磁性流体スピーカーの採用をはじめ、バーチャルサラウンドの新しいアルゴリズムなど、「圧倒的なクオリティー」を求めた。(2013/8/8)

ヤマハの「YSP-4300」「YSP-3300」にシルバーが登場
ヤマハのデジタルサウンドプロジェクター「YSP-4300」および「YSP-3300」にシルバーモデルが追加された。シルバー系のベゼルやスタンドを採用したテレビにもマッチする。(2013/5/24)

東京と大阪で:
最新AVアンプやフロントサラウンドを体験、ヤマハが「NEWリビングオーディオ体験会」開催
ヤマハは、「NEWリビングオーディオ相談体験会2013」を5月11日と5月25日に実施する。「相談コーナー」も開設。(2013/5/1)

リビングにも音楽を:
良くできたカジュアルPCオーディオ、ヤマハ「YSP-4300」を徹底検証(後編)
前回、ヤマハ「YS-4300」のサラウンド機能を中心に紹介したが、今年のYSPシリーズにはもう1つ見逃せない点がある。それはワイヤレスオーディオ機器としての使い方だ。(2012/11/16)

薄型テレビの相棒が進化:
サウンドバーは同じじゃない、ヤマハ「YSP-4300」を徹底検証(前編)
“サウンドバースタイルのYSP”として人気を集めた「YSP-2200」の後継機「YSP-3300」「YSP-4300」がまもなく発売される。試作機をじっくり検証する機会を得たので、2回にわたって紹介していこう。(2012/11/9)

AirWiredトランスミッターも付属:
ヤマハ、ワイヤレスサブウーファー採用のフロントサラウンドシステム「YAS-201」
ヤマハはサウンドバータイプのフロントサラウンドシステム「YAS-201」を発表した。iPodなどのワイヤレス接続も可能。(2012/10/15)

iPhoneやPCともワイヤレス接続:
機能と音を磨いた新しい“YSP”、ヤマハ「YSP-4300/3300」
ヤマハはデジタル・サウンド・プロジェクターの新製品「YSP-4300」「YSP-3300」を11月に発売する。ワイヤレスサブウーファーを加えた新スタイル。AirWiredトランスミッターも付属する。(2012/9/27)

5月1日はサラウンドの日:
ヤマハ、「NEWリビングオーディオ体験会」を東京・大阪・名古屋で開催
ヤマハは、「ヤマハ NEW リビング・オーディオ相談体験会2012」を開催する。「YSPシリーズ」や最新AVアンプの視聴会も予定。(2012/4/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
時代が新しいデバイスを要求している――CES総括(後編)
スマートテレビを中心に取り上げた前編に続き、後編ではテレビメーカー各社の新戦略に見る“高級志向”という流れ、そして注目の新パネルについて、AV評論家・麻倉怜士氏に聞いていこう。(2012/1/30)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ用スピーカー、1万円台で選ぶなら
ネットの口コミからブレイクした“Olasonic”(オラソニック)のスピーカー。かくいう筆者も以前はまったく知らなかったが、知人があまりにも強く「一度、聴いてほしい」というので、それならばとたずねてみた。(2011/12/12)

薄型テレビに合うサウンドバーを比較できる試聴会、ヤマハが東京で開催
ヤマハは、省スペースに設置できるサウンドバータイプの新製品をまとめて体験できる視聴会「ヤマハ“サウンドバー”スタイルシアター視聴会」を東京で開催する。(2011/10/5)

新旧製品比較:
“見えないトコロ”が進化したラックシアター、ヤマハ「YRS-1100」
しゃれたルックスのシアターラック、ヤマハ「POLYPHONY」(ポリフォニー)シリーズに新ラインアップが登場した。デザインコンセプトを継承したため、一見して違いは分からない。しかし、実は見えにくい部分にさまざまな進歩があったようだ。(2010/10/29)

ヤマハ、「YSP-5100」を一体化したシアターラックシステム
ヤマハエレクトロニクスマーケティングは、デジタルサウンドプロジェクター「YSP-5100」を組み込んだラック型シアターシステム「YSP-LC5100」を10月上旬に発売する。65V型までの薄型テレビに対応。(2010/9/21)

初の2ユニット構成:
テレビの下に置けるリアル7.1チャンネル、ヤマハ「YSP-2200」登場
ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクターの新製品として、バータイプのセンターユニットとサブウーファーで構成される「YSP-2200」を発表した。手持ちのAVラックにも収まる新スタイル。(2010/9/1)

3Dパススルー対応:
ヤマハ、7.1チャンネル対応の新「POLYPHONY」3機種を発表
ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクターの技術を用いたシアターラックシステム“POLYPHONY”の新製品3機種を発表した。コーナー置き対応の小型サイズもラインアップ。(2010/8/31)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビの音を変える“サウンドバー”
日本ではいまひとつ定着していないが、“サウンドバー”と呼ばれる薄型テレビの下に置く一体型のスピーカーシステムが北米を中心に売れ始めている。その中には高価ではあるが、非常に心地良い音を提供してくれる製品がある。(2010/7/23)

ヤマハ、「YSP-4100」など4機種を3D対応にする新ファームウェア
ヤマハは、「YSP-4100」「YSP-5100」および「YHT-S350」「YHT-S400」に機能を追加する新ファームウェアを公開した。3D映像のパススルーなどに対応。(2010/7/12)

ツィーターも付いた:
ヤマハ、50V型以上のテレビに合うサウンドプロジェクター「YSP-5100」
ヤマハは、デジタル・サウンドプロジェクター「YSPシリーズ」の新製品「YSP-5100」を12月下旬に発売する。YSP-4100よりも幅を広げ、50V型以上のテレビに合うサイズとした。(2009/12/3)

バイヤーズガイド:
ハイクラスiPodオーディオで音楽を楽しむ
せっかくお気に入りの音楽を詰め込んだiPodなのだから、自宅ではゆったりスピーカーで楽しみたい。そんなミュージックライフを実現するハイクラスiPodオーディオをご紹介。(2009/12/3)

ヤマハ、「YSP-4100」の体験会を全国で開催
ヤマハは、11月下旬から12月中旬にかけて、サウンドプロジェクターの新製品「YSP-4100」の体験会を全国4都市で開催する。入場は無料。(2009/11/6)

HDオーディオ対応:
隙のない進化を果たしたヤマハ「YSP-4100」
ヤマハの「YSP-4100」は、HDオーディオ対応を果たした新世代のサウンドプロジェクターだ。手軽に設置できる一体型ボディーから出てくるリアルサラウンドは、従来の5.1chから7.1chへと進化。その音をじっくりと聴いてみた。(2009/11/6)

B-CASカード2枚挿し:
録画に強く、ゲームにも強い REGZA新「Zシリーズ」詳報
「見ながらW録」にUSB HDDの4台同時接続、遅延時間を短縮した「ゲームダイレクトモード」など、見どころの多いREGZAの「ZX9000/Z9000」シリーズ。製品企画および開発担当者のコメントを交えながら、強化ポイントを詳しく紹介したい。(2009/9/17)

ヤマハ、Blu-ray Discに対応したサウンドプロジェクター「YSP-4100」発表
ヤマハ、デジタル・サウンド・プロジェクターの新しいフラグシップモデル「YSP-4100」を11月に発売する。新たにBlu-ray DiscのHDオーディオをサポート。ビーム出力は7.1チャンネルになった。(2009/9/16)

ヤマハのホームシアター新製品、正体は「YSP」?
ヤマハが一週間前に掲載したティーザーサイトを更新した。待望のフルスペックマシンが9月16日に登場するという。(2009/9/10)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「HDMI CEC」――AV機器メーカーによる囲い込みポイント
最近目にする「×××リンク」対応をうたうAV機器。HDMI 1.2a以降でサポートされた「CEC」を利用し、テレビとビデオの連携といった相互接続を実現するのがウリだ。(2008/11/27)

デザインと機能の“協和”:
ヤマハ、シアターラックの新ブランド“POLYPHONY”を立ち上げ
ヤマハは、シアターラックシステムの新ブランド“POLYPHONY”(ポリフォニー)を立ち上げる。第1弾は、液晶テレビの“壁寄せ”設置も可能なYSP搭載のラックシアター「YRS-1000」。(2008/9/18)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
使い方とスペースで選ぶ低価格サラウンドシステム
今回の特集で紹介した7機種は、どのような環境やユーザーにとってベストな選択になるのか。最後にバイヤーズガイドとして総括していこう。また参考として、以前の特集で取り上げた一体型サラウンドシステムも取り上げる。(2008/8/13)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第7回:独特のレイアウトから確かなサラウンド、NIRO「NS-600」
“NIRO”「NS-600」は、ユニークなレイアウトを持つコンパクトサイズのフロントサラウンドシステム。今回取り上げた機種のなかでは唯一HDMI端子を持たないが、部屋のどこにいてもサラウンドが楽しめる独自システムを採用している。(2008/8/12)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第6回:スペック充実、ニアフィールドに強いオンキヨー“WAVIO”「GXW-2.1HD」
オンキヨー“WAVIO”「GXW-2.1HD」は、2.1チャンネルシステムながら、HDオーディオの再生にも対応するサラウンドシステム。スピーカーを追加するだけで5.1チャンネルシステムになる拡張性も魅力だ。(2008/8/11)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第5回:手軽さは一番、HDMIリンクも嬉しいヤマハ「YSP-600」
ヤマハの「YSP-600」は、同社が得意とする一体型サラウンドシステム「デジタルサウンドプロジェクター」シリーズの末弟。設置の手軽さでは群を抜く一体型だが、音の実力は?(2008/8/7)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第4回:部屋に合わせて形を変える、パイオニア「HTZ-373DV」
パイオニアの「HTZ-373DV」は、DVDプレーヤーと5.1チャンネルサラウンドシステムをセットにした製品。6本の小型スピーカーにより、バリエーション豊富な設置方法を実現している。(2008/8/6)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第3回:音を手軽にアップグレード、パナソニック「SC-HTR210-K」
8月8日の北京オリンピック開幕式まで、あと3日に迫った。そこで今回は、時間や手間をあまりかけたくないという人に最適なラックシアター、パナソニックの「SC-HTR210-K」を取り上げよう。(2008/8/5)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第2回:小粒なのにピリリ、“ゴルフボール大スピーカー”のソニー「HT-IS100」
五輪直前サラウンド企画の第2弾は、前回に続きソニー製品。ゴルフボール大のスピーカーで注目を集めた5.1チャンネルシステム「HT-IS100」を取り上げよう。(2008/8/4)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第1回:部屋いっぱいのサラウンド感――ソニー「HT-CT100」
直前に迫った北京オリンピック。競い合うアスリートの迫力、会場の高揚感を充分に感じとるためには、テレビ内蔵スピーカーでは物足りない。今回は、低価格でサラウンドを堪能できるスピーカーシステムをそろえてみた。(2008/8/1)

PS3をAV機器として評価する(後編):
本格AVシステムへも展開するPS3
前々、前回に続き、今回はPS3を「AVシステム」として発展させるプランを考えてみる。(2008/6/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。