ニュース
» 2015年11月17日 19時27分 UPDATE

“Astell&Kern”のスタイリッシュな一体型サウンドシステム「AK T1」

アユートは、“Astell&Kern”ブランドのハイレゾ対応オーディオシステム「AK T1」の取り扱いを12月1日から開始する。スタイリッシュなT字型デザインが特徴の一体型サウンドシステム。

[板東太郎,ITmedia]

 アユートは11月17日、同社が取り扱うオーディオブランド“Astell&Kern(アステルアンドケルン)”のハイレゾ対応一体型サウンドシステム「AK T1」を販売すると発表した。直販サイト「アキハバラe市場」、全国の家電量販店、オーディオ専門店で、12月1日から受注を開始する。直販価格は、44万4000円(税込)。

AK T1 AK T1(ブラックモデル)

 AK T1は、スタイリッシュなT字型デザインが特徴の一体型サウンドシステム。USBストレージやmicroSD、光デジタル入力、ネットワーク経由(DLNA 1.0)でのハイレゾ音源再生が可能だ。DACチップはシーラスロジックの「CS4398」をデュアル構成で採用し、最大192kHz/24bitのPCM音源、および5.6MHzまでのDSDネイティブ再生が可能。またBluetooth(apt-X対応)やインターネットラジオにも対応している。

AK T1 AK T1(シルバーモデル)

 スピーカー部は、19ミリ径のツイーターと50ミリ径のミッドレンジ、165ミリ径ウーファーによる3way構成。アンプ部は、ツイーターにアナログアンプ、ウーファーとミッドレンジにデジタルアンプを採用したユニークなハイブリッド構成となっている。「アナログとデジタル双方の特性を生かし、それぞれの周波数帯域に最適化したハイブリッドアンプが、優れたサウンドバランスを実現する」(同社)。出力は180ワット(90ワット×2)。

AK T1 写真左からAK T1の正面、側面、背面。正面の上部中央にはTFTタッチディスプレイがある

 各種操作は4型のTFTタッチディスプレイ(480×800ピクセル)と、ディスプレイの横にあるタッチセンサーを通じて行う。また無料で提供される「AK Connect」アプリを使えば、スマートフォンやタブレットから、同一ネットワーク内にある再生機器をコントロールしてストリーミング再生をすることなども可能だ。

 外形寸法は約700(幅)×998(高さ)×404(奥行き)ミリで、重量は約20キロ。付属品は、専用ACアダプター、Tレンチ、ベース台固定ビスなど。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.