ニュース
» 2015年12月03日 13時56分 UPDATE

デュアルチャンバーを採用:日立マクセル、ハイレゾ対応カナル型イヤフォンの新シリーズ――バランス駆動対応モデルも

デュアルチャンバー構造のハイレゾ対応カナル型イヤフォン「MXH-RF550」シリーズが日立マクセルから登場。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 日立マクセルは12月3日、デュアルチャンバー設計のカナル型ヘッドホン「MXH-RF550」シリーズ2モデルを発表した。価格はいずれもオープンプライス。市場想定価格は「MXH-RF550」が2万5000円前後、「MXH-RF550B」が3万円前後(どちらも税別)。12月10日に発売する。

hm_ma01.jpg MXH-RF550、ボディ下部の赤いラインがアクセント。MXH-RF550Bは青のアクセントとなる

 両モデルの基本仕様は共通。新開発の10ミリ径ダイナミックドライバーを搭載し、ハウジングにはデュアルチャンバー構造を採用した。振動系の軽量化と新設計拡散音場バランサーを備え、「抜けの良い引き締まった低域から、レスポンスの良い繊細な高域まで、バランスの良い広帯域を再生、豊かな音場を再生する周波数特性を実現する」(同社)としている。

hm_ma02.jpg 内部構造イメージ。高剛性アルミニウム合金とABS樹脂を組み合わせたハイブリッドボディ

 両モデルの違いはプラグ形状。MXH-RF550は通常の3.5ミリステレオミニプラグ(L型)で、MXH-RF550BはAKシリーズなどのバランス接続に対応する2.5ミリ4極ステレオミニ(L型)となっている。なお、MXH-RF550Bのみ2.5ミリ4極から3.5ミリ3極への変換プラグが付属する。

 再生周波数特性は10〜4万Hz、音圧感度は107db/mW、最大入力は150ミリワット、インピーダンスは32オーム。コードの長さは約1.2メートル(Y型)で、脱着できない仕様だ。コードを含む重量は約16グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.