ニュース
» 2016年01月22日 14時45分 UPDATE

赤ちゃんの泣き声で感情が分かるスマートマイク「リスナー」、cerevoが発売

cerevo(セレボ)がスマートマイク「Listnr」(リスナー)を発売した。クラウド上の音声認識システムと連携し、乳児の声から「泣く」「笑う」などの感情を認識できるという。

[ITmedia]

 cerevoは1月22日、乳児の声で感情が分かるスマートマイク「Listnr」(リスナー)を発売した。直販価格は1万6900円(税別)。

ts_cerevo02.jpg 「Listnr」(リスナー)
ts_cerevo03.jpg アプリ画面

 無線LANとマイクを搭載した小型のIoT(Internet of Things)デバイス。付近の音を集め、リアルタイムにクラウドにアップロード。専用サーバで音を解析する仕組みだ。パナソニックが提供した技術を元に開発した音声認識システム「xauris」(ゾウリス)を使い、乳児の声から「泣く」「笑う」など4つの感情を認識できるという。

 認識結果は本体のLEDイルミネーションとスマートフォンアプリ(Android用、)で親に知らせる。例えば仕事に出ている家族が子どもの発声状況や感情を知ることができる。また通知情報をほかのアプリに共有する連携機能も搭載。例えば実家の両親に孫の様子を伝えるといった使い方ができるとしている。

ts_cerevo04.jpg

 本体サイズは123.5×96.5×76.5mm。重量は約190グラム。Micro USBによる給電もしくは単三形乾電池2本で動作する。

 なお、cerevoでは今後、開発者向けにAPIを公開し、音を活用したサービスやアプリを自由に開発できるようにするという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.