ニュース
» 2016年01月25日 15時57分 UPDATE

ヒビノからAKG製モニターヘッドフォン「K182」が登場――快適な着け心地を重視

AKG製モニターヘッドフォン「K182」が2月9日発売になる。着け心地を重視し、長時間のモニタリングでも疲れない”快適な着け心地”を目指した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ヒビノは1月25日、AKG製のプロフェッショナル向けモニターヘッドフォン「K182」を発表した。価格はオープンプライス。市場想定価格は1万2000円前後(税別)で2月9日に発売する予定だ。

hm_ak01.jpg AKG製モニターヘッドフォン「K182」
hm_ak02.jpg

 K182は、50ミリ径ドライバーを搭載した密閉型ヘッドフォン。厚みがあり、クッション性が高いアラウンドイヤータイプのイヤーパッド(着脱可)を採用しており、「長時間のモニタリングでも快適な着け心地を実現する」(同社)という。

 ハウジング部は、同社のヘッドフォン「K267 TIESTO」などにも採用されている独自の「3D-Axisメカニズム」を継続して採用、上下左右に自在に回転できる。持ち歩き時には折りたためるほか、片耳でのモニタリングにも対応している。

 再生周波数帯域は10〜2万8000Hz、インピーダンスは32オーム、感度は92dbで最大許容入力は500ミリワット、本体重量は255g。

 ケーブルは取り外し可能な3mストレートで、プラグは3.5mmステレオ・ミニ。標準プラグ変換アダプターが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.