ニュース
» 2016年02月26日 13時00分 UPDATE

CSR、英PMC Ltdとの代理店契約を締結――3月下旬から国内販売を開始

CSRは、英PMCと日本販売代理店契約を締結。PMCの個人向けスピーカーの国内販売を3月下旬に開始する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 CSRは2月26日、英PMCの個人向けスピーカー製品を3月下旬より国内で販売すると発表した。取扱い製品は、SEシリーズ3モデル(BB5-SE/MB2-SE/IB2-SE)、twentyシリーズ5モデル(twenty21/22/23 /24/26)、faceシリーズ2モデル(fact.8/3)、DB1 GOLDの計11モデル。このうち「twenty26」は国内新規取り扱いモデルとなる。

hm_pm01.jpg 英PMCロゴ
hm_pm03.jpg 「SEシリーズ」3モデル。写真左より順に、MB2-SE/BB5-SE/IB2-SE
hm_pm02.jpg モニタースピーカー「tewnty」シリーズ

 「twenty26」は、トールボーイ型の3Wayモニタースピーカー。170mmウーファーに50mmのミッドレンジ、27mmのソフトドームツイーターを搭載しており、再生周波数特性は27〜2万5000Hz、インピーダンスは8オームとなっている。

 1本あたりのサイズと重量は、190(幅)×439(奥行き)×1062(高さ)mm、22.5kg。価格は120万円(税別、ペア)。

hm_pm04.jpg DB1 GOLD
hm_pm05.jpg faceシリーズ2モデル。写真左より、fact.3/8

 

 CSR(本社、神奈川県相模原市)は2004年6月に設立したメーカー。音響機器、カラオケ機器、業務用無線機などを中心に企画開発から生産、販売までを一貫して行っている。同社は「英PMCと販売戦略および音楽追求の姿勢が一致し、日本国内におけるコンシューマー販売の契約を締結することなった」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう