ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CSR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「脱炭素」は製造業の新たな飯の種になるのか
自社の省エネだけではなく新たなビジネスを立ち上げられる可能性があります。(2021/10/7)

戦略とデザインで実現するサステナビリティ
ビジネスにおけるサステナビリティを実現するためには、社会課題やサプライチェーン全体を考慮した経営戦略と、エンドユーザーへの理解やお客さま目線でのコミュニケーションデザインの両軸をしっかりと考える必要がある。(2021/9/13)

人工知能ニュース:
企業が「責任あるAI」を実現するための4つのアプローチ
アクセンチュアは2021年8月25日、AI設計や活用において企業の社会的責任をいかにして実現するかという、「責任あるAI」をテーマとしたセミナーを開催した。セミナーでは企業が社会的責任を実現するための、4つの具体的なアプローチ方法を紹介した。(2021/8/31)

野口健、“異物混入の疑い”ワクチンに「ビンゴ」 開き直って「中々の確率で当たった」「宝くじを買いますか!」
タフネス……!(2021/8/26)

いまさら聞けない自動車業界用語(16):
CO2排出削減だけじゃない、環境のためにやるべきこと
今回は近年、非常に注目されていて、自動車関連企業の各社が積極的に取り組んでいる「環境」について説明します。(2021/8/23)

米お騒がせモデル、彼氏のメダルかけたドヤ顔ショットに総ツッコミ「メダルとったのあなたじゃないから!」
なおパパも金メダリスト。(2021/8/19)

「サンモニ」張本勲の“謝罪コメント”、出演者からも疑問の声「再発防止にはつながりえない」
張本さんより先に、唐橋ユミアナが謝罪。(2021/8/15)

メカ設計メルマガ 編集後記:
東京五輪開催中にもう一度振り返っておきたい「みんなの●●プロジェクト」
違う視点で表彰式をご覧いただきたく。(2021/8/3)

SDGsと「ラバブル」な企業【第3回】:
経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。(2021/7/28)

大阪府が取り組む“子供の居場所づくり” プログラミング教育やeスポーツの場としても活用
子供が未来をつかむきっかけを提供しようと、大阪府門真市が子供のための施設「子どもLOBBY」をオープンさせた。子供の貧困や孤立が問題となり、安心して食事や宿題ができ、遊べる居場所をつくる動きが全国で進むが、ここでは30もの民間企業や団体がプログラミング教育などで協力するのが特徴だ。(2021/7/16)

総務のための「オフィス」再考:
総務も勝手にジョブ型化 “何でも屋”ではなく適所適材で「成果を出す」方法
前回の記事「総務も“勝手にジョブ型”を実践する」の続編として「総務をジョブ型化する具体的な手順と効果」を紹介します。記事後半には、勝手にジョブ型化の実践例を、A社の総務本人に書いていただいたものを掲載します。(2021/7/8)

総務のための「オフィス」再考:
総務も“勝手にジョブ型”を実践する 「リモートワークに向いていない」からの卒業
社内で“何でも屋”といわれる総務。「どの部門にも当てはまらない業務が回ってくる」上に、業務内容もさまざま。結果的に「出社してしまったほうがいい。頑張っていることも伝わるし、成果も見えやすい」となりがちです。どうすればいいのでしょうか。(2021/6/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ソフトバンクGの好決算、利益が売上を上回ったのはナゼ?
ソフトバンクグループの好決算が市場の話題を席巻している。同社における2021年3月期の連結純利益は4兆9880億円だ。しかし決算書をのぞくと違和感が生まれる。なぜなら、ソフトバンクGの税引前利益は、同社の売上高を超えているからだ。(2021/5/14)

バンダイ、一部商品の取扱説明書を完全電子化 “紙”同梱せず SNSで賛否
バンダイは一部商品の取扱説明書を完全電子化する。4月以降に発売する通称“DX商品”には紙の説明書を同梱しない。(2021/4/22)

通信を守るものとしての使命とは:
PR:日本で、日本のために――ファーウェイ・ジャパン代表に聞く、“貢献”のかたち
約15年間通信インフラ事業などを手掛けているファーウェイ・ジャパン。代表の陳浩氏に、通信インフラを、日本自体をどう捉えているのかインタビューした。(2021/4/20)

再エネ活用が企業価値につながる時代:
PR:企業が注目すべき「太陽光発電の自家消費」、そのメリットとシステム選びのポイントとは?
再エネを求める企業の動きが加速し、大きな注目を集めはじめている太陽光発電の自家消費。そのコトスだけにとどまらないメリット、そしてその実現を支えるシステム選びのポイントとは、どのようなものなのか。太陽光発電のプロフェッショナルである華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)に聞いた。(2021/4/19)

社会貢献型通販モール運営のWakeAi 福利厚生とCSR活動を同時に実現するプランをリリース
社会貢献型通販モールを運営するWakeAiは、企業内で福利厚生とCSR活動を同時に実現するプラン「WakeAiウェルフェア」をリリースした。(2021/4/2)

Q&Aで学ぶマイコン講座(60):
CORDICって何?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。60回目は、初級者の方からよく質問される「CORDICって何?」についてです。(2021/4/1)

太陽光:
多様化する「PPA」が再エネ導入を加速、自家消費を支える「蓄電池」にも新しい動き
2050年カーボンニュートラルに向けて、再生可能エネルギーへの関心が高まっている。一方で、再エネ業界にはFIT依存からの脱却が求められ、新たなビジネスモデルの確立が急がれている。「スマートエネルギーWeek2021」に、再エネビジネスの新トレンドを探った。(2021/3/23)

今日のリサーチ:
「ウェルビーイング」がなぜCX(顧客体験)とEX(従業員体験)に重要なのか? Qualtrics調査から考察する
Qualtricsの調査によると、コロナ禍で従業員エンゲージメントが世界でも日本でも向上。従業員エンゲージメントの水準を左右する要因も変化しているようです。(2021/3/1)

働き方の「今」を知る:
リモートワークは絶対正義か 非リモート企業への「ブラック」批判が的外れなワケ
リモートワーク企業が増えているが、その一方で非リモートワーク企業への風当たりも強くなっている。中には「リモートワークできるのに、させてもらえない企業はブラック」という批判も耳にする。しかし、それは本当に正しいのか。(2021/2/24)

スピン経済の歩き方:
なぜ会社は森喜朗氏のような「調整老人」がいないと、仕事が進まないのか
女性蔑視発言で国際的なバッシングを受け、引退に追い込まれていた森喜朗氏。周囲からの「辞めないでコール」によって不死鳥のごとくカムバックを果たしたが、なぜ会社や組織のトップに彼のような「調整老人」がたくさんいるのか。その背景を分析してみると……。(2021/2/9)

Boseのサプライチェーン強化【中編】
音響大手Boseに聞く、サプライチェーンの混乱をいち早く察知する4つの要素とは
音響メーカーBoseはサプライチェーン強化に向けてシステム構築を進める際、サプライチェーンの混乱を察知し迅速に対処するために、幾つかの要素を重視したという。何を重視しているのだろうか。(2021/2/2)

CSRと何が違うのか:
企業がSDGsに取り組まなければいけない、これだけの理由
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)という言葉を経営者などから聞く機会も増えてきた。一方で、その本質については、まだ十分に理解されていないように思う。本稿では、企業がSDGsに取り組む意義について考えていきたい。(2021/1/27)

オフィス全面改装:
固定席廃止でも、社員の“戸惑い”を払拭できたワケ フリーアドレス前提へシフトする企業に聞く
「AJINOMOTO」ブランドの食用油で知られるJ-オイルミルズが、本社管理部門を対象に、大胆なオフィスリニューアルを敢行。フリーアドレス化した。あえて固定席へのこだわりが強い管理部門から着手した結果は……?(2021/1/27)

産業動向:
長谷工が現場の木くずをバイオマス発電の燃料に、取得した電力は建設作業所で活用
長谷工グループでは、2020年からスタートした中期経営計画「HASEKO Next Stage Plan」で、CSR経営の確立を基本方針の1つに掲げた。CSRに関するテーマの1つである「大切にしたい風景」の実現に向けて、建設作業所から発生する木くずを燃料に使用した電力を建設作業所で利用する取り組みを開始した。(2021/1/21)

CES 2021:
お古のGalaxyスマホを「赤ちゃんモニター」などに再利用 サムスンの環境保護プログラム
韓国Samsung Electronicsは、買い替え後不要になったスマートフォンを新たなスマートホーム機器として再利用できるようにするプログラム「Galaxy Upcycling at Home」を発表した。2021年中にGalaxyスマホの機能として導入するとしている。(2021/1/15)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

「SOCIAL IMPACT」でデル・テクノロジーズが手がける教育サポートとは?
「デジラボ琉球新報 こどもIT・プログラミング発表会 沖縄地区代表選考会」において、デル・テクノロジーズが教育事業とCSRを通じた地域サポートについて言及した。(2021/1/11)

企業情報サイト調査、2位はトヨタ 2年連続トップは?
企業情報サイトのユーザー評価ランキング上位20位は?(2020/12/23)

App Storeのプライバシーラベルに見るプラットフォーマーの責任
12月15日、AppleはiOS、iPadOS、macOS、tvOSなど同社が提供する4つのOS用のApp Storeで、アプリの説明表示の方法を新しく刷新した。同社がここ数年重視しているユーザープライバシー保護を、さらに一歩押し進めるための変更だ。IT系企業のみならず、公的機関なども含むデジタル時代の大企業が、どのような社会的責任を負うべきか、改めて考えさせられる。(2020/12/15)

パスワード付ZIPメール:
「Pマーク取得に必要だから」は都市伝説? “PPAP”をめぐる謎を、名付け親に聞いた
霞が関で廃止の方針が固まった「PPAP」。多くの企業で「プライバシーマークの取得やISMS認証に必要だから」といった理由から横行してきた、といわれていますが、なぜPPAPは筋がよくないのか。名付け親に聞きました。(2020/12/17)

「簡単」「楽しい」「続けたくなる」:
そこまでやるか!? 本気すぎる“タニタ式”健康経営 社員証と活動量計を一体化
ヘルスメーターで有名なタニタは、自社の健康経営にも熱心。例えば、社員証と一体化した活動量計を全社員に持たせていて、身に付けないで出勤した社員は社屋に入れない。そこまで徹底するのはなぜか。(2020/12/4)

いまさら聞けない自動車業界用語(8):
ご安全に! 製造業で「安全」が最優先されるのはなぜ?
今回のテーマは工場運営で1番優先される「安全」です。一見総合職の方には関係ないように思える「安全」ですが、製造業に勤める人、全員が覚えておくべき非常に重要な業務です。(2020/11/30)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(4):
【第4回】なぜ減価償却の減少が、大修繕工事の資金準備を妨げるのか?
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。第4回は、減価償却が減少することが、なぜ大規模修繕工事の資金準備を妨げるのかを解説する。(2020/10/28)

企業と映像制作者のWin-Winへ:
経済産業省に聞く ブランデッドコンテンツ制作になぜ政府の補助金が出るのか?
日本のコンテンツの海外展開とコンテンツ産業支援を目的とした「コンテンツグローバル需要創出促進・基盤整備事業費補助金(J-LOD)」の一環として「ブランデッドコンテンツ」の制作支援制度があるのをご存じだろうか。(2020/10/7)

本社機能を分散:
「島流し」は誤解? パソナ1200人の淡路島移転、副社長に疑問をぶつけた
パソナグループが、東京にある本社機能の一部を淡路島に移す。移転の目的は? 従業員の反応は? 島への経済効果は? 副社長に疑問をぶつけた。(2020/9/17)

新連載・総務プロの「攻めと守り」:
コロナ時代の「オフィス再構築」が、ただ「縮小」では終わらない理由 総務にとってチャンスか、ピンチか
2001年前後のITバブル、08年のリーマンショックなど、環境変化が起きると必ずといっていいほど、オフィスの再構築が起きてきた。新型コロナが引き起こした「オフィスの再構築」も定番の流れといえるが、特殊な側面もある。(2020/9/15)

Citrix Overseas Report:
2020年代、人工知能は「働く」体験をどれだけ変えるのか?
「良い顧客体験」だけが注目される時代は終わりました。企業が高い成果を出して顧客満足度を上げ、成長につなげるためには、従業員が気持ちよく働ける環境を用意できるかが重要です。そこで鍵を握る技術こそAIですが、具体的にどのような可能性を秘めているのでしょうか?(2020/9/17)

アパレル業界の最新事例:
ダイナミックプライシング導入で「衣服ロス」削減へ ディノス・セシールの挑戦
ディノス・セシールとブレインパッドが、アパレル商品におけるダイナミックプライシングの実用化を進めている。これにより利益の最大化や「衣服ロス」の削減が期待されるが、一方でアパレルならではの難しさもあるようだ。現在の進捗や課題、今後の可能性を聞いた。(2020/9/9)

いまさら聞けない自動車業界用語(5):
品質やコストにも関わる物流、トヨタは東海地方のミルクランで大変革
知っておきたい自動車業界用語、今回は「物流」です。できた物を運ぶだけじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、製品の品質確保、コスト削減や環境負荷低減にもつながる非常に重要な仕事です。実際にどのような業務が行われ、今後どのように変わっていくのか。用語の解説も併せて覚え、ぜひとも実務に活用してください。(2020/9/7)

軽井沢に新施設もオープン:
ワーケーションのポータルサイト、三菱地所が開設 施設予約や旅程づくりに対応
三菱地所は、ワーケーションの情報を発信するポータルサイトを開設した。施設予約ができるほか、現地での活動を組み込んだ旅程を作成して発注できる。自社運営の2施設に加え、今後は他の施設や自治体の情報も掲載していく。(2020/7/28)

21世紀企業に啓示を与える100ページ超の報告書:
Appleが“地球の未来を変える2030年までのロードマップ”を公開、ゼロを掲げる理由
Appleが突如発表した、「2020年度進捗報告書」とは何なのか。その詳細を林信行氏がリポートする。(2020/7/22)

視点:
サステナビリティ経営を4類型で捉える〜気候変動が企業戦略に突き付ける不可逆進化〜
気候変動は、確実に2020年代のCEOアジェンダである。(2020/7/13)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(1):
【新連載】サステナビリティと循環型社会形成は会計・税務では不可能!建設業の打開策を説く
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。(2020/7/6)

視点:
COVID-19後に押し寄せる3つの大波〜物流・人流・金流の進化を読み解く〜
グローバル化とローカル化、効率追求とリスク対応。二律背反の中庸を探るのでなく、二律背反を打破しよう。過去へ回帰するのでなく、未来を創造しよう。(2020/6/15)

今日のリサーチ:
コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える人は9割を超えました。(2020/5/25)

今こそ求められる法整備:
日本からスポーツが消えた日――コロナ禍で露呈したスポーツビジネスの法的リスクと課題
新型コロナウィルスによって甚大な被害を受けているスポーツ界。国民がプロスポーツを安心して観戦できる場所は、いまの日本には存在しない。唯一無二のプロダクトである試合が開催できない今、スポーツ団体はこの事態にどのように対処していけばいいのだろうか。収入の大きな柱の1つである「広告料収入」にスポットを当て、試合が中止となった場合の広告主とスポーツ団体間の契約の行方を推察する。(2020/5/8)

業界動向:
丹青社が仏エコバディスのCSR審査で、5.5万社のうち上位16%の「シルバー」評価
丹青社は、環境的かつ社会的パフォーマンスの企業評価を行っているフランスの機関「EcoVadis」のCSR(社会的責任)評価で、上位25%の企業に与えられる「シルバー」評価を取得した。(2020/4/28)

「自社で脆弱性診断」をかなえられる
「脆弱性診断をしたくてもできない」予算や専門家不足はどうすれば解消できる?
Webアプリケーションのセキュリティ対策はますます需要が高まっており、最近では提供側が「脆弱性診断実施の有無」を問われることも少なくない。客観的基準に即した説明体制を、限られた予算と人材の中で実現する方法とは。(2020/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。