ニュース
» 2016年04月28日 17時26分 UPDATE

ビエラのエントリーモデル「D300シリーズ」にパーソナルサイズの19V型が登場

パナソニックは、液晶テレビ“VIERA”(ビエラ)のシンプルモデル「D300」に19V型を追加する。市場価格は3万7000円(税別)前後。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パナソニックは4月28日、19V型液晶テレビ”VIERA”(ビエラ)「TH-19D300」を発表した。価格はオープンプライス。市場想定価格は3万7000円前後(税別)で5月20日に発売する。これにより、ビエラの「D300シリーズ」は、5機種(49V型、43V型、32V型、24V型、19V型)のラインアップとなる。

 IPSパネル(1366×768ピクセル)を採用したシングルチューナーモデル。別売のUSB外付けHDDを接続すると留守録が可能だ。また有線LANでDLNA機能の「お部屋ジャンプリンク」をサポート。別の部屋ににあるディーガやビエラ(サーバ機能搭載モデル)の録画番組をネットワーク経由で再生することができる。

「お部屋ジャンプリンク」イメージ

 背面にHDMI入力を2系統備えており、うち1系統はARC(オーディオリターンチャンネル)に対応する。ほかにUSB×1、ビデオ入力×1、LAN端子、イヤフォン端子など。

 スタンドを含む本体サイズは、440(幅)×163(奥行き)×322(高さ)mm、重量は約3kg。

関連キーワード

VIERA | IPS方式 | パナソニック | 液晶テレビ | DIGA | 録画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう