ニュース
» 2016年05月24日 06時00分 UPDATE

中古デジタルカメラ販売ランキング(5月12日〜5月18日):キヤノンの旧フラグシップ「EOS-1D X」が1位、そしてなんと「X-Pro2」が初登場

マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノンのフラグシップフルサイズ一眼レフ「EOS-1D X」が前回から順位を伸ばし1位を獲得。そして2016年3月に発売されたばかりの富士フイルム「X-Pro2」が初登場10位。

[井上輝一,ITmedia]

 マップカメラでの販売実績を元にお届けする中古デジタルカメラの販売ランキング。キヤノンの「EOS-1D X」が1位を獲得した。

EOS-1D X キヤノン「EOS-1D X」

 前回3位だったEOS-1D Xだが、売れ行きが好調で今週は首位をさらっていった。EOS-1D Xはキヤノンの旧フラグシップ機だ。4月にEOS-1D X Mark IIが発売されたことで型落ちにはなったものの、高感度性能や連写性能の高さから依然として人気は高い。中古市場では30万〜40万円のレンジで販売されている。

 そして今回は10位に富士フイルムの「X-Pro2」が初登場した。X-Pro2は2016年3月に出たばかりのレンジファインダースタイルのフラグシップミラーレス一眼カメラであり、EOS-1D Xのように型落ちでもない。考えられるところでは、一眼レフ機スタイルのミラーレス一眼カメラ「X-T1」の後継機種が噂されているため、買い取り価格が下がる前に放出しようという動きなのかもしれない。

関連キーワード


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう