ニュース
» 2016年05月27日 18時03分 UPDATE

賃貸アパートでも!――お手頃ホームセキュリティ「セキュアル」登場

Secual(セキュアル)は、自分で導入できるホームセキュリティサービス「Secual」の本格販売を開始した。センサー、ゲートウェイ、専用アプリで構成されるシンプルなシステムだ。

[ITmedia]

 Secual(セキュアル)は、自分で導入できるホームセキュリティサービス「Secual」の本格販売を開始した。初期費用と月額料金を抑え、一人暮らしの賃貸アパートでも導入できるセキュリティーサービスを目指した。

ゲートウェイ(SCL-BGW-A01)。サイズは70(幅)×53(奥行き)×25(高さ)mm。無線LAN(2.4GHz帯のみ)で宅内ネットワークに接続する(無線ルータ、インターネット接続環境が必要)
センサーは70mm角で厚さ7mm。35gと軽量で、窓やドアにはるだけで設置できる。電源はCR3032×2個

 同社のホームセキュリティシステムは、センサー、ゲートウェイ、専用アプリで構成されるシンプルなシステムだ。窓やドアのセンサーが振動や衝撃、開閉を検知すると、Bluetooth Low Energyでゲートウェイに通知。ゲートウェイの内蔵スピーカーから警戒アラームが鳴り響いて侵入者を威嚇するとともに、同社サーバを介してユーザーのスマートフォンにアラートが届く仕組み。通知先は、ユーザー本人を含め10件までをグループとして登録できる。

 初期導入コストは、センサーが1つ3500円、専用ゲートウェイは5500円、専用アプリは無料。ほかに月額利用料として、ゲートウェイ1台あたり980円(いずれも税別)が必要だ。なお、1台のゲートウェイで10個までのセンサーを管理可能で、ゲートウェイの台数に制約はないスケーラブルなシステムとなっている。

専用アプリの画面。アプリはiOS 8以上/Android 4.0以上に対応する。近日公開予定

 セキュアルは、昨年夏にクラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて資金調達に成功したスタートアップ企業。同社では、「日本ではホームセキュリティが一種の“高級品”になってしまっている」と指摘。スマートフォンを活用した低コストのセキュリティツールを提供することで、1人暮らしの賃貸アパートや小規模店舗でも手軽に導入できる環境を目指すという。なお、Makuakeでは目標額の600%に達する支援を得ることに成功した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう