ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アパート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アパート」に関する情報が集まったページです。

水曜インタビュー劇場(狭い公演):
「7畳の学生寮」に住む大学生が増えている、いくつかの理由
首都圏を中心に、「学生寮」がじわじわ増えていることをご存じだろうか。どんな間取りなのか気になって取材したところ、そこはとても「狭く」て……。(2020/2/19)

レオパレス問題はどうなる? 先行きは不透明
賃貸アパート大手のレオパレス21の大株主の「レノ」(東京)は28日、レオパレスの宮尾文也社長を含む全取締役の解任を求める株主提案を取り下げると発表した。(2020/1/29)

本当に老後に2000万円必要なのか
老後に必要な蓄えは、年金以外にどのくらい必要なのか。昨年、国民的議論を巻き起こした「2000万円問題」について、ちまたの高齢者に聞くと、「老後に2000万円なんて要らないよ」と、騒ぎをいぶかる声もある。(2020/1/27)

立ちどまるよふりむくよ:
故人の歌声合成を、当事者視点で考える 「AI美空ひばり」は冒とくなのか
故人の歌声合成を日常的に実践しているある意味「当事者」が、「AI美空ひばり」を考えてみた。(2020/1/22)

プロジェクト:
中京圏初となる木造とRC造を組み合わせた木質耐火構造の中層マンションを建設、清水建設
自治体による「公共建築物など木材利用促進法」の運用強化などを背景に、今後、仕上げ材や構造体に木材を用いる建築物の増加が見込まれるという。このため、大手建設各社は現在、中・大規模における耐火建築の構造体に適用することを想定した木質耐火部材の開発を競っている。こういった市場の状況を踏まえて、清水建設は中・大規模の耐火建築の発注者に対して木質構造の採用を提案している。(2020/1/12)

スピン経済の歩き方:
企業不祥事トレンドは「人口減少型」、2020年はどうなる?
2019年も、さまざまな企業不祥事があった。レオパレス21やセブン-イレブン、かんぽ生命など、そうそうたる大企業が次々にやらかしたわけだが、20年はどうなるのか。筆者の窪田氏が分析したところ……。(2019/12/31)

山市良のうぃんどうず日記(168):
わが家/筆者もようやく、ADSLとガラケーから卒業
前回は1人暮らしを始めた子どものために、筆者が準備した毎月の更新管理の簡素化と緊急時のリモート対応環境を紹介しました(もし子どもの方がPCが得意なら逆方向で)。この機会にわが家と筆者の通信環境も見直すことに。ADSLサービス終了の通知が来ているけどどうしようと考えている方の参考になればと思いレポートします。先に言っておくと、わが家のインターネット環境と筆者の携帯電話の具体的な月額料金が出てきますが、他の多くの方とは状況が大きく異なるだろうことは無視してください。(2019/12/18)

「インドの天才×日本のチーム」が描くデジタルトランスフォーメーション:
PR:大解剖! OYO LIFEが日本の不動産業界に巻き起こすイノベーションとは
(2019/12/13)

「ずっと探してる人がいるんです」 探している人と探されている人、2人の人生を4ページに凝縮した漫画が奥深い
お話に引き込まれます。(2019/12/9)

高畑充希「同期のサクラ」橋の夢は壊れ、じいちゃんを喪ったサクラ でも「正直者は報われない」のままでは終わらないはずだ
黒川(椎名桔平)の思惑が働いていた?(2019/12/4)

「心の底から笑顔になれた」「悩みとか吹っ飛んでいく」 阿佐ヶ谷姉妹の“モーニングルーティン動画”が200万回再生の大反響
ナイトルーティンも見たい。(2019/11/20)

『娘の友達』萩原あさ美インタビュー 「自分の反省の気持ちと、『わからない相手を知りたい』という欲求が合わさった作品」
自己を抑圧する現代人へ贈る、“ミドルエイジ・ミーツ・ガール”ストーリー。(2019/11/20)

運動不足自覚している全人類買っていいレベル 限界運動不足人間が「リングフィットアドベンチャー」を1週間継続してみた
スタンド化した腹筋で敵を殴るの楽しすぎる。(2019/10/31)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「ハイブリッド10倍」の望遠撮影が超強力! 「HUAWEI P30 Pro」のカメラを試す
「HUAWEI P30 Pro」は135mm相当の望遠カメラを搭載しており、10倍までのハイブリッドズームが可能。P30 Proの望遠性能を中心に見ていく。月の撮影も試してみた。(2019/10/30)

【モトカレマニア1話】マコチ(高良健吾)はメンヘラ製造機なのか? 妄想の元カレと現実の元カレのギャップに傷つく新木優子
休日は、元カレとの思い出の場所を聖地巡礼。(2019/10/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルの“告げ口”でサムスンに危機? 貿易戦争を揺るがす一声
米アップルのクックCEOが、トランプ大統領に“告げ口”をしている。対中関税制裁でアップルは大きな影響を受けるが、競合の韓国・サムスンは対象にならないからだ。アップルとトランプの関係は深く、今後のサムスンのビジネスに影響を及ぼすかもしれない。(2019/10/17)

台風19号水害〜「水は時間差でやって来る」重要な上流域の確認
「上流域の状態」「自宅付近がかつて水があった場所か」──2つの視点。(2019/10/16)

新連載「ロスジェネ女子の就職サバイバル」:
36歳ロスジェネ女子がはまった“やりがい搾取”に見る日本企業の闇
不景気と男社会の悪影響を受けたロスジェネ世代の女性。働き方改革やセクハラ対策も浸透していない時代で就職したためだ。仕事への「やりがい」に搾取された1人の女性のキャリアを追う。(2019/10/11)

どうかしているゲームの世界:
「moon」だけじゃないラブデリックの名作、「UFO -A day in the life-」を今こそレスキューしてほしい
「moon」に続くラブデリック第2作として1999年に発売されました。(2019/10/9)

「伝説の生物かな?」「お餅みたい」 カーペットの上でとろける“ツチネコ”があらわれた
気持ちよさそうですねぇ(2019/10/6)

病を抱えた野良ネコの家族を路上生活から無事に保護 悲しい知らせがあったものの、残りの猫たちは元気に
保護されなければ、子猫たち全員の命も危なかったかもしれません。(2019/10/2)

「Salesforce World Tour Tokyo 2019」レポート:
Salesforce共同創業者が語る「Customer 360」と業界別クラウド製品の新潮流
「Salesforce World Tour Tokyo 2019」の基調講演の内容を、製品アップデートを軸に紹介する。(2019/10/1)

Weekly Memo:
CXを起点にDX支援へ――進化するSalesforceの攻めどころ
CRMのクラウドサービスからスタートしたセールスフォース・ドットコムが、DX支援ベンダーへと進化している。同社の日本法人が先頃開いたイベントから、その進化の姿を浮き彫りにしてみたい。(2019/9/30)

これからのAIの話をしよう(データリテラシー編):
“Amazonで実験を続けた男”は好奇心の塊だった 元幹部が語る「データの価値」
ジェフ・ベゾス氏らと共に、米Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。企業や個人がどのようにデータを向き合っていけばいいのか、話を聞いた。(2019/9/27)

終わって淋しい「凪のお暇」 号泣しなかった慎二と涙を見せたゴン、どっちも選ばなかった凪が大正解最終回
凪と慎二の関係は一貫して慎二の片想いだった。(2019/9/24)

「聖☆おにいさん 第II紀」がNHKで放送決定! キリスト・松山ケンイチ&ブッダ・染谷将太の“最聖”コンビ再び
製作総指揮は山田孝之さんが担当しています。(2019/9/19)

「どうしたの?」「何があったんですか」 野沢直子、突然の泣き顔写真にファンざわつく
投稿したのは長女でした。(2019/9/16)

黒木華「凪のお暇」凪の勝利を信じたゴン(中村倫也)、凪の敗北を見抜いていた慎二(高橋一生) ゴンの苛立ちにグッときた
かつて好きだったストレートヘアの凪を見て「負け」を確信した慎二。(2019/9/13)

エスパー少女が唯一伝えられない感情 「好き」を思わぬ形で言ってしまう漫画がカワイイ
大切なことは直接。(2019/9/12)

ワケあり物件に美少年が越してきたら? 地縛霊を圧倒的美しさで無自覚に退散させる漫画に成仏待ったなし
霊感は一切ないのにどんどん除霊されていくとか、歩くパワースポットみたいですね。(2019/8/31)

黒木華「凪のお暇」6話で完全に立場逆転した凪とゴン「今度は自分が壊れる番ね」 今夜からは完全オリジナル展開へ
龍子「白い恋人食べながら泣いてましたよね?」慎二「俺じゃない!!!」。(2019/8/30)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本企業は「セコい不正」をやらかすのか
日本企業のセコい不正が後を絶たない。品質検査データをイジったり、燃費データを補正したり、最近はそのセコい手口が消費者まで拡大されている。その背景に何があるのか。スゴ腕弁護士が分析したところ……。(2019/8/27)

“もはや心霊スポットな実家”から出たいと思わなかったワケ エッセイ漫画「霊感一家のふしぎな実話」インタビュー
信じるか信じないかはあなた次第です……けど、怖くないのか気になる。(2019/9/11)

まるで大きなネコちゃん! ペットとして飼われているピューマのしぐさが愛らしくてたまらない
幸せな居場所を手に入れたのです。(2019/8/25)

椅子に座ったまま、布団に寝たまま、ペットを残したまま…… いつ誰に起きるかわからない「孤独死」の現場を再現したミニチュアが壮絶
孤独死はひとごとではありません。(2019/8/22)

いわくつき物件に幽霊が…… 憑かれるどころか“お憑き合い”してしまう漫画に「うらめしや ちがう うらやましい」
ホラー風ラブコメ百合漫画。(2019/8/22)

中3で上京して1人暮らし 西村知美、デビュー直前「布団があるのみの畳の生活」だったころの1枚がキラッキラ
輝いてる。(2019/8/18)

黒木華「凪のお暇」はぐれたイワシに憧れた凪と慎二のすさまじいすれ違い 凪を受け止めるのは「メンヘラ製造機」?
凪は「慎二の肩書きに惹かれていた」。(2019/8/9)

山田涼介「セミオトコ」2話ラストシーンの謎 寝ているセミオにおかゆが「許可を得ない」キスをしてしまったのはなぜなんだ?
「お仕事ってなんですか?」「仕事とは、生きることだ」。(2019/8/9)

温泉がそのままお土産に! 別府市が「温泉のデリバリー事業」を開始
全国各地の浴槽へ温泉をお届け。(2019/8/8)

辞書マニアが語る“『新明解国語辞典』第4版を43冊持っている理由” 繰り返しますが「第4版だけで43冊」です
同じじゃないんだな、これが。(2019/9/7)

今日のリサーチ:
データは眠らない――Domoが毎分生成されるデータ量からオンラインの消費者行動を分析
データ生成の勢いは当面失速することはなさそうです。(2019/8/5)

「セミオトコ」まさかの“セミ役”でコメディ俳優としての才能を発揮する山田涼介 「消えてしまいたい」限界女子に笑顔が刺さる
危うく死にかけた由香と、危うく死にかけたセミ。(2019/8/2)

「凪のお暇」実は似た者同士、凪と慎二の“すれ違い”を検証してみた 慎二はこのドラマの“裏主役”だ
職場の憧れ、我聞慎二(高橋一生)の行動が小学生レベルに見える。(2019/8/2)

軍艦島上陸ツアーが一時停止に アスベスト検出の疑いで
本当にアスベストかは1週間〜10日でわかる予定。(2019/7/31)

黒木華「凪のお暇」キャスティングを不安視していてごめんなさい 開始15分で引き込まれた“リアルな重さ”
サイコパス化した高橋一生は原作よりも怖い。(2019/7/26)

来場者が激増:
月に数人→3カ月で1万5000人になった沖縄の新観光地、課題に直面
約28メートルの高さから流れ落ちる名護市数久田の県指定名勝「轟の滝」。「轟の滝公園」として本格的にオープンして以降、来場者が増え続け、本年度は4〜6月の3カ月間で1万5000人を超えた。うれしい悲鳴が上がる一方……(2019/7/20)

今夜スタート「凪のお暇」 自分がない主人公とモラハラ男とメンヘラ製造機、予想外のキャスティングはどうなる?
実は結構重い話なんです。(2019/7/19)

映画「先生から」10月4日に公開 キャストは2.5次元舞台で活躍する赤澤遼太郎、北川尚弥ら
赤澤さんは今作が映画初出演&初主演作品。(2019/7/18)

初めて話す女子が自分の名前も住所も知ってた 怖がるどころか喜ぶ男子の漫画に読者の方がハラハラ
鈍感であることの大切さ。(2019/7/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。