ニュース
» 2016年07月07日 17時09分 UPDATE

低音強化の「SOLID BASS」シリーズ:ワイヤレスでも重低音! オーテクがSOLID BASSのBluetoothイヤフォン2種類を発売

オーディオテクニカは、SOLID BASSシリーズのBluetooth搭載ワイヤレスイヤフォン「ATH-CKS990BT」と「ATH-CKS550BT」を7月22日に発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 オーディオテクニカは7月7日、SOLID BASSシリーズにBluetooth搭載ワイヤレスイヤフォン2機種を追加すると発表した。価格はいずれもオープン。市場想定価格は、13mm径ダイナミックドライバー搭載の「ATH-CKS990BT」が2万円前後、9.8mm径ドライバー搭載の「ATH-CKS550BT」が1万円前後でどちらも7月22日に発売予定。装着時の一体感にこだわった新形状ウェアラブルネックバンドを採用し、リモコンスイッチやマイクを装備するなど装着感や操作性を高めたモデルだ。

「ATH-CKS990BT」

「ATH-CKS990BT」カラーはブラックのみ
ブラック基調だが、ワンポイントにレッドをあしらったデザイン

 SOLID BASS専用の13mm径「デュアルマグネティックフィールド・ドライバー」を搭載した上位モデル。「向かい合う2つのマグネットが磁力を最大化させる磁界の融合点を創出し、高まる磁力で大口径ドライバーの力強く精密な駆動を導き、締まりある豊かな低域を表現する」(同社)という。

 エンクロージャーには切削無垢アルミニウム、振動板にはマルチトランジションDLCを採用。筐体(きょうたい)内部の空気ばね特性をコントロールする独自の”デュアルエアフローベース・ベンティングシステム”によって、低音の出力を効率的に高めながら、レスポンスに優れた再生音を目指した。

 ネックバンド部には、電源のON/OFFや再生や停止、ボリューム調整や通話などの操作ができるリモコンを左右に装備。ボタンを見ずに指先だけで操作可能としている。また、全指向性のエレクトレットコンデンサー型マイクを搭載し、ハンズフリー通話にも対応する。

 再生周波数帯域は5〜2万8000Hz、出力音圧レベルは109dB/mW、インピーダンスは17Ω。Bluetooth 4.1に準拠し、A2DP/AVRCP/HFP/HSPのプロファイル、SBCとaptX、AACコーデックに対応する。また、SCMS-Tでコンテンツ保護された音声にも対応する。

 内蔵リチウムポリマー電池による最大連続使用時間は、音楽再生が約5時間、連続待受けが約200時間。コードを除く重量は約35g。USBケーブル、イヤーピース(XS/S/M/L)、ポーチなどが付属する。

「ATH-CKS550BT」

「ATH-CKS550BT」。ネックバンドの両端はリモコングリップ。左には音量などの操作スイッチ、右はON/OFFスイッチとマイクがレイアウト
ブラックゴールド
ホワイト

 SOLID BASS専用9.8mm径「デュアルマグネティックフィールド・ドライバー」を搭載したスタンダードモデル。重低音再生専用マルチトランジション振動板、エアフローベース・ベンティングシステムなど採用した。本体カラーはブラックゴールドとホワイトの2モデルをラインアップする。

 再生周波数帯域は5〜2万4000Hz、出力音圧レベルは105dB/mW、インピーダンスは16Ω。Bluetooth 4.1に準拠し、A2DP/AVRCP/HFP/HSPのプロファイル、SBCコーデックのみに対応する。また、SCMS-Tでコンテンツ保護された音声にも対応。全指向性のエレクトレットコンデンサー型マイクを搭載し、ハンズフリー通話も可能だ。

 内蔵リチウムポリマー電池による最大連続使用時間は、音楽再生が約5時間、連続待受けが約200時間。コードを除く重量は約32g。USBケーブル、イヤーピース(XS/S/M/L)などが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう