ニュース
» 2016年09月30日 20時16分 UPDATE

白くてシンプルなワイヤレススピーカー、アイリバーから

アユートは、アイリバーブランドのワイヤレススピーカー「LS150」を発売する。ホワイトのミニマルなデザインを採用。対応アプリを使ってマルチルーム再生にも対応する多機能モデルだ。

[ITmedia]

 アユートは9月30日、韓国iRiver(アイリバー)ブランドの新製品として、Wi-FiとBluetoothを内蔵したワイヤレススピーカー「LS150」を発表した。価格はオープンで、直販価格は1万9980円(税込)。10月7日に発売する予定だ。

ワイヤレススピーカー「LS150」
amazon

 ホワイトを基調としたミニマルなデザインの一体型オーディオ。DLNAとAirPlay、Bluetoothをサポートし、ネットワーク内にあるPCやNAS、スマートフォンなどから音楽ファイルを再生できる。対応ファイル形式はMP3、WMA、WAV、ALAC、APE、OGG、FLAC(最大192kHz/24bit)。FMラジオチューナーも内蔵している。

 スピーカー部は、ツイーターとミッドレンジを各2基、ウーファー1基の3Way5ユニット。さらにパッシブラジエーターで低域を補強した。再生周波数帯域は50〜2万Hz。

Bluetoothはver.2.1+EDR(コーデックはSBC)

 またスマートフォンに同社製アプリ「IRIVER Live Stream」を導入すると、vTuner、TuneInでインターネットラジオが楽しめる。さらに別々の部屋に置いたLS150で同時に同じ楽曲を再生する「マルチルーム」再生や、2台をLチャンネルとRチャンネルに振り分ける「ステレオモード」といった機能もある。

背面には3.5mmステレオミニのアナログ入力も装備

 外形寸法は、約350(幅)×117(高さ)×179(奥行き)mm。重量は約2.98kg。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう