ニュース
» 2016年11月15日 14時12分 UPDATE

ミニチュア高級コンポ? JVCとケンウッドが提案する小さな本格オーディオ

JVCケンウッドから幅11cmというコンパクトなアンプを中心にしたオーディオシステム2機種が登場。「Kseries」およびウッドコーンオーディオシステムの新製品として発売される。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは11月15日、幅11cmというコンパクトなアンプを中心にしたオーディオシステム2機種を発表した。JVCとケンウッドという2つのブランドを代表するシリーズからそれぞれ発売する。

ケンウッドの「KA-NA7」と「LS-NA7」。アンプ部のカラーはシルバー

 ケンウッドブランドからは、「Kseries」のエントリーモデルとして小型アンプ「KA-NA7」とスピーカーシステム「LS-NA7」が発売される。スピーカーは、5万Hzまで再生できるソフトドームツイーターと80mm径ウーファーによる2Way仕様で、ターミナルもバナナプラグ対応。それぞれ単品購入も可能だ。

 小型アンプのKA-NA7は、PCなどを接続できるUSB入力端子を備え、最大192kHz/24bitのハイレゾ音源を再生可能。アンプの出力は10W+10Wで、さらにヘッドフォン出力も最大40kHz/24bitまで対応しているという。このほかBluetooth(コーデックはSBC)やNFCもサポートし、スマートフォンやタブレットから手軽に楽曲をワイヤレスで再生できる。

 価格はオープン。店頭ではKA-NA7が3万8000円前後、LS-NA7は1万8000円前後(いずれも税別)になる見込みだ。11月下旬の発売を予定している。

名刺サイズのウッドコーンスピーカーとセット

JVCブランドの「EX-NW1」。アンプ部のカラーはシャンパンゴールドだ

 一方のJVCブランドからは、独自のウッドコーンスピーカーとセットにした「EX-NW1」が登場する。ウッドコーンスピーカーもエンクロージャー正面が「名刺サイズ」と非常にコンパクトなモデルで、30mm径のフルレンジユニットと背面のパッシブラジエーターにより、「木の暖かく美しい響きが楽しめる」という。

付属のスピーカーもコンパクト

 アンプ部は、ブランドロゴとカラーリングこそ異なるものの、仕様はほぼ共通。ただし、ウッドコーンスピーカーに合わせて専用チューニングを施している。具体的には、本体のボトム部やシャーシ部に銅メッキネジと異種金属ワッシャーを採用。内部には振動吸収部材を装着し、「広い音場空間表現と高解像度の音楽再生を可能にした」としている。小型アンプのサイズは110(幅)×50(高さ)×179(奥行き)mm。重量は430g。

 価格はオープン。店頭では6万5000円前後になる見込みだ。発売は12月上旬を予定している。

 なお、JVCケンウッドでは今回の新製品で入札制の「特別モニターキャンペーン」を実施する。詳細はキャンペーンページで確認してほしい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう