ニュース
» 2016年12月13日 19時15分 UPDATE

エレコム、同社製ハイレゾイヤフォンの“原点”をブラッシュアップ

エレコムが2014年に発売したハイレゾ対応イヤフォンの初号機をブラッシュアップ。「ポタフェス2016 in 秋葉原」で披露する。

[ITmedia]

 エレコムは12月13日、ハイレゾ対応イヤフォンの新製品「EHP-CH2010A/CH1010A」シリーズを発表した。2014年に同社が初のハイレゾ対応モデルとして投入した「EHP-CH2000/CH1000」シリーズの正常進化版。2017年1月中旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭ではEHP-CH2010Aが9980円前後、EHP-CH1010Aは7980円前後になる見込みだ(税別)。

「EHP-CH2010A」のゴールド

 高剛性真ちゅう製のハウジングや、ドライバーとボールピース、マグネットを同軸上に配置する「Magnetic Turbo Axialy Port」構造といった特長は従来機から継承。ドライバーはEHP-CH2010Aが12.5mm径、EHP-CH1010Aは9.8mm径のダイナミック型をだ。

「EHP-CH1010A」のゴールド

 もっとも大きな進化は、振動板の前方に設置する“前置きマグネット”を大口径化したことだ。EHP-CH2010Aでは従来の6mm径から11mm径へ、EHP-CH1010Aでも4.8mm径から9.4mm径へと、いずれも2倍近いサイズに拡大している。

 「従来機のEHP-CH2000/CH1000シリーズは“意外といい音”といわれたが、やはり低域の解像感や高音のヌケが課題だった。前置きマグネットは、ボイスコイル部の磁束密度を高めて振動板の制動力を上げる。これを大きくしたことで、より力強い低音を再現することが可能になったほか、副次的なメリットとして音道がスムーズになって高音のヌケも良くなった」(同社)

 再生周波数帯域は両モデルとも5〜4万5000Hzで、インピーダンスは16Ω。感度はEHP-CH2010Aが106dB、EHP-CH1010Aは105dB。

「EHP-CH2010A」のホワイト

 なお、エレコムでは12月17日(土)と18日(日)に東京・秋葉原で開催されるオーディオイベント「ポタフェス2016 in 秋葉原」に出展し、EHP-CH2010A/CH1010Aシリーズも展示する予定。「来年の発売を前に、年内で唯一試聴できる機会になる」としている。

「EHP-CH2010A」の付属品

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう