ニュース
» 2017年07月24日 19時53分 UPDATE

スタイリッシュ&大音量 パナソニックが提案する新しいリビング向けスピーカー

[ITmedia]

 パナソニックは、六角柱の形をしたユニークなワイヤレススピーカー「SC-UA7」を9月8日に発売する。寝室や個室ではなくリビングルームへの設置を想定したもの。広いスペースでも快適に音楽を楽しむため、計10個のユニットと1100W出力のアンプを搭載した「大音量」(同社)のスピーカーだ。

「SC-UA7」

 Bluetoothでスマートフォンなどから音楽を再生できるのはもちろん、ワイドFM対応のFMラジオチューナー、光デジタル入力、USB端子に接続したストレージなど多彩に音楽ソースに対応する。さらに本体に4GBのフラッシュメモリを内蔵しており、約1000曲を保存可能(128kbps、1曲4分の場合)。好きな曲を連続再生するジュークボックス機能も備えている。

 さらに光デジタル入力でテレビと接続すればサウンドバー代わりに使用可能。マイク端子を使えばカラオケも楽しめるという。

背面

 サイズは260(幅)×744(高さ)×295(奥行き)mm。中高域を担当するツイーターなどを前方の3面に配置し、180°に広がるサウンドを実現した。ユニット構成は6cmツイーター4基、8cmのミッドレンジウーファーが4基、そして対向配置された16cmスーパーウーファー2基。キャビネットへの振動を抑えつつクリアな低音を再生するという。

指向性のある中高域を上部にまとめ、3面に配置。180°に広がるサウンドを実現した

 またスーパーウーファーの上下に独自のポート「Airquake Bass」4本を搭載しており、「空気圧を漏らさずに前方に押し出し、低域を体で感じられるレベルに増幅する」(同社)としている。

スピーカーユニットは計10個
付属のリモコン。音声モードは「ミュージック」「BGM」「シネマ」「ナイト」「スポーツ」「TV」「スタンダード」の7種

 同社では「昨今、音楽の楽しみ方の多様化に伴いオーディオ機器(ミニコン)を寝室や個室でなくリビングルームに設置する方が増えている」と指摘。ミニコンポよりもリビングのインテリアに合ったスタイリッシュなスピーカーとして提案する構えだ。「普段の生活でのBGMとしてだけでなく、ホームパーティの大音量再生にも最適」(同社)

 SC-UA7の価格はオープンプライス。同社の公式オンライン販売サイト「Panasonic Store」では7万9880円(税別)で予約を受け付けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう