ニュース
» 2017年08月21日 17時26分 UPDATE

“DIATONE”からブックシェルフ型スピーカーが登場――1本60万円

DIATONEブランドから家庭用のブックシェルフ型スピーカー「DS-4NB70」登場した。新しいカーボンナノチューブ振動板をウーファーとツイーターの両方に採用している。

[ITmedia]

 三菱電機エンジニアリングと三菱電機ライフネットワークは、DIATONEブランドのスピーカーシステム「DS-4NB70」を発表した。9月29日から家電量販店やオーディオ専門店で販売する。価格は1本60万円(税別)。

「DS-4NB70」

 2016年にDIATONEブランドが70周年を迎えたことを機に開発を進めてきた家庭用のブックシェルフ型スピーカー。三菱電機とGSIクレオスが共同開発した「NCV-R」の振動板をウーファーとツイーターの両方に採用しているのが特徴だ。

 NCV-Rは、GSIクレオスのカップ積層型カーボンナノチューブ「CSCNT」と数種類の樹脂を配合、成形したもの。樹脂素材でありながらチタンをもしのぐ高い伝搬速度と紙と同等の適度な内部損失を合わせ持ち、「低音域から高音域までの再生周波数帯全般でかつてないほどのハイスピードかつレスポンスに優れた音楽再生を実現する」(同社)という。

 ウーファーの磁気回路には、新たに開発したECCT(Eddy Current Canceling Technology)を採用。磁気回路のプレートを内周から外周にかけてカットすることにより、渦電流が交流歪(ひずみ)に与える影響を効果的に低減した。またネオジウムマグネットででポールを挟み込む構造のMLCT(Magnetic Loop Canceling Technology)により低音域歪のエネルギーを約10分の1まで低減したという。再生周波数帯域は38〜8万Hz、インピーダンスは4Ω。

主な仕様

 エンクロージャーはバスレフ式。フロントバッフルには音の響きの良い厚さ36mmのフィンランドバーチ材を用い、塗装は「DS-10000B/DS-20000B」でも実績のあるカーボン含有ポリエステル樹脂によるピアノ塗装だ。「熟練した職人の手作業によるぜいたくな6層塗装とバフ研磨仕上げにより、適度な振動の拡散と吸音効果による高いS/Nを実現した」(同社)

 スピーカー1本の外形寸法は270(幅)×473(高さ)×289(奥行き)mm。重量は約17kg。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう