ニュース
» 2017年08月23日 21時27分 公開

実物大ユニコーンガンダムは9月24日公開、夜になるとデストロイモードに

東京・お台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」に建設中の“実物大ユニコーンガンダム”が9月24日から公開される。

[ITmedia]

 東京・お台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」に建設中の“実物大ユニコーンガンダム”が9月24日から公開される。正式名称は「RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC」(TOKYO WATER FRONT CITY)。全高19.7m、重量49tで、メカニックデザイナーのカトキハジメ氏による新規デカールが追加される。

「RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC」の完成イメージ(c)創通・サンライズ
建設中の実物大ユニコーンガンダム立像(8月17日撮影)

 注目は夜間の演出。「ユニコーンモード」から「デストロイモード」への変形を「可能な限り再現」するという。全身50カ所以上の発光ギミックに加え、角の開閉、顔のモード変更、肩、腰、膝パーツの展開を予定している。なお、グランドオープン後は、ガンダム立像と壁面映像のコラボレーションで人気を集めた演出「Wall-G」も実施する。

 公開に先立ち、スマートフォン用のカメラアプリ「実物大ユニコーンガンダムMSカメラ」(iOS/Android)の配信がスタート。建設中の実物大ユニコーンガンダム立像前に設置されたマーカーなどにカメラをかざすと、AR機能で完成時のユニコーンガンダム立像が画面に出現するという。

「実物大ユニコーンガンダムMSカメラ」による完成時のイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう