ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「公式サイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公式サイト」に関する情報が集まったページです。

幻冬舎、社長の部数公表ツイートを謝罪 「作家の信頼性を著しく損なう言動」
幻冬舎の公式サイトに謝罪文が掲載されました。(2019/5/23)

読売テレビ「ten.」の一部コーナー放送休止を発表 「人権に関して強く意識すべき放送局である当社がこのような事態を招いた」と謝罪
読売テレビの公式サイトトップにお詫び文を掲載。(2019/5/13)

「最後まで頑張りたい、負けたくない」 白血病と闘う池江璃花子、新設した公式Webサイトで約2カ月ぶりのメッセージを発信
3月13日を最後に、SNSの更新が止まっていました。(2019/5/8)

「神様ドォルズは我々組織が頂いた!」 旧作アニメの“ドメイン跡地”に不審な表示 問われる企業のリスク回避策
アニメの公式サイトに使われていたドメインの跡地に、不審なWebサイトが表示されている。4月に発生した「ラブライブ!」公式サイト乗っ取りと同じ手口だ。(2019/5/7)

「ラブライブ!」乗っ取りを“教訓”に ドメイン名の価値に見合った管理方法
人気アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが乗っ取られ、ページに「ラブライブは我々が頂いた!」と表示される事件が発生。ドメイン管理の“落とし穴”を狙った類似の手口は以前から起きていた。その手口は。(2019/4/11)

そういうアニメかよぉ!? 2019春アニメ「RobiHachi」1話が全視聴者ツッコミを入れざるをえない超絶展開
公式サイトにも何一つ記載のない展開が待っていました。(2019/4/14)

半径300メートルのIT:
あらゆる企業が学ぶべき? 「ラブライブ!」公式サイト乗っ取り事件が示す、セキュリティの教訓
2019年4月5日、人気アニメ「ラブライブ!」シリーズの公式サイトが乗っ取られる事件がありました。原因は明らかになっていませんが、この事件から、あらゆる企業にとって“対岸の火事”とはいえないリスクが浮かび上がっています。(2019/4/9)

ラブライブ!公式サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」の仕組みとは “10連休”に危険潜む?
サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」とは何か。関係各社に取材したところ、今回の手法に加え、新たな危険も見えてきた。(2019/4/5)

「ラブライブ!」公式サイト乗っ取り、ドメイン登録名義がサンライズに戻る
「ラブライブ!」シリーズの公式サイトで使われていたドメインの登録名義が、アニメ権利元のサンライズに戻っている。(2019/4/5)

アニメ「ラブライブ!」公式サイトが乗っ取られる 運営はむやみなアクセスは控えるよう注意喚起
4月5日未明から正常に表示されなくなっていました。(2019/4/5)

「ラブライブは我々が頂いた!」 人気アニメの公式サイト乗っ取りか 公式「原因究明中」 ドメイン移管された?
人気アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが乗っ取り被害にあっているようだ。(2019/4/5)

「堺筋線」を「Sakai Muscle line」と誤訳 大阪メトロ、外国語ページを非公開に
大阪メトロが、公式サイトの外国語ページを非公開に。「堺筋線」を「Sakai Muscle line」などと誤訳していた。自動翻訳ソフトの利用が原因という。(2019/3/19)

「スト5」アーケードエディション公式サイトが20世紀感あふれるデザインで人気に 「爆速」「阿部寛公式サイトか」
文字を流すな。(2019/3/14)

「いだてん」公式サイトからピエール瀧容疑者の写真が削除 NHK「逮捕を受けて」「対応は検討中」
主人公にランニング用の足袋を提供する役柄で出演。(2019/3/13)

ジャニーズが“禁断の果実”ネットに手を出したワケ 元SMAPにも触発か
ジャニーズ事務所が、ついに“禁断の果実”に手を出した。これまでネットメディアに対しては距離を取っていたジャニーズだが、ジャニーズJr.の公式サイトでライブの生配信を行うばかりか、バーチャルアイドルまでスタートさせたのだ。これもプロデューサーの滝沢秀明氏による思惑があるのだろうか。(2019/3/13)

LINEのスマートディスプレイ「Clova Desk」が新登場 「ねぇClova」の一言で簡単にビデオ通話が可能
公式サイトでは漫画で使い方を紹介。(2019/3/12)

LINEの「Clova Desk」は3月19日発売で税込2万7540円 家庭のハブとなる画面付きスマートスピーカー
3月12日、LINEが画面付きスマートスピーカー「LINE Desk」を3月19日にLINE公式サイトを通じて発売すると発表、価格は税込2万7540円でホワイトとブラックの2色が用意される。(2019/3/12)

テニスのプレイデータで、指導メソッドの高度化や観戦体験の価値向上へ――慶大と日本IBM、「横浜慶應チャレンジャー」で共同検討を開始
慶應義塾大学と日本IBMは、テニスプレイ時のデータ収集、活用と指導メソッドに関する共同検討を開始。2019年2月25日から開催される国際テニス大会「横浜慶應チャレンジャー」でデータ収集、分析を行い、大会会場や公式サイトでスタッツデータの公開も行う。(2019/2/28)

「偽トロキャプチャ」販売のケイティが破産手続きを開始 東京商工リサーチが発表
1月頃から公式サイトがつながらなくなっていました。(2019/2/27)

ポケGO「スペシャルウィークエンド」4月に開催 参加券はどこでゲットできる?
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」で「Special Weekend」イベントが開催。公式サイトで日程や参加券の入手方法が案内されている。(2019/2/26)

「確定申告」偽サイト、ヤフーの検索連動広告に表示 Bingにも配信 ヤフーが対策
「『Yahoo!検索』や『Bing』で『確定申告』と検索すると、確定申告の公式サイトをかたる偽サイトが表示される」――こんな指摘が相次いだ。ヤフーによると、Yahoo!検索やBingの検索結果に表示されるリスティング広告「Yahoo!プロモーション広告」の審査が甘く、不適切なサイトの広告が表示されていたという。(2019/2/14)

映画「キャプテン・マーベル」公式サイトが古典的で懐かしい 「ロゴが虹グラデ」「過剰なGIFアニメ」
本編は1990年代が舞台。(2019/2/12)

「100億円還元」泉佐野市サイトにアクセス集中、災害モードに切り替わる事態に
大阪府泉佐野市の公式サイトにアクセスが集中している。ふるさと納税者に対して、寄付額の10〜20%のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを始めたことで閲覧者が急増したためで、「緊急災害情報用のトップページ」が表示される状態だ。(2019/2/9)

「うんこ漢字ドリル」が「うんこ学園」に進化 公式サイトオープン
うんこを通して学べるコンテンツを提供。(2019/2/8)

ハッピーラッキーみんなにと〜どけ! テレビアニメ「おジャ魔女どれみ」20周年記念で公式サイトがオープン
2月7日の放送開始時間に合わせて開設、限定ショップで記念グッズも発売。(2019/2/7)

TOHOシネマズ日本橋、突然の営業中止から5日 「設備点検のため」復旧めど立たず
営業再開のめどが分かり次第公式サイトで発表予定。【更新】(2019/1/30)

一正蒲鉾、NGT48起用のCM放映を中止 公式サイトからは当該CMが削除
同グループメンバーの荻野由佳さんや西潟茉莉奈さんらが出演。(2019/1/15)

アニメ「ハイキュー!!」新シリーズ制作決定! 熱いまなざしを送る日向と影山のビジュアルも公開
公式サイトでは告知PVも解禁。(2018/12/22)

愛知県清須市「図書館だより」に鳥山明先生のインタビュー掲載 公式サイトで無料公開中
「今月のこのひと」のコーナーに鳥山明先生が登場しています。(2018/12/21)

PayPayが謝罪、クレカ不正利用などの問題で 「再発防止徹底する」
モバイル決済サービス「PayPay」でクレジットカードの不正利用や二重決済の問題などが起きていることを受け、PayPay社が公式サイトで謝罪した。再発防止を徹底し、順次改善策を講ずるという。(2018/12/19)

ブ、ブ、ブ「VTECターボ」だとぉ!? ホンダのSUV「ヴェゼル」にかなり速そうな特別仕様新グレード
2019年1月末に発売予定、公式サイトで先行公開。(2018/12/17)

ZOZO新作、吸湿発熱インナー「ZOZOHEAT」が販売開始 公式サイトではヒートテックとの比較も
期間限定で価格が値下げされています。(2018/12/7)

公式Webサイトも閉鎖:
サークルK・サンクスの“文化遺産”はどう保存する? ファミマに聞いた
11月30日に国内全てのサークルK・サンクスが営業を終了し、公式Webサイトや公式SNSアカウントも12月1日から停止する。サークルK・サンクスの貴重なデータや資料はどのように保管していくのだろうか。(2018/11/30)

子ども世代を「スター・ウォーズ」に誘う公式サイトとYouTubeチャンネル「Star Wars Kids」
米Walt Disneyは、自分の子どもとスター・ウォーズの世界を楽しみたい親世代のために、子ども向けスター・ウォーズ入門サイト「StarWarsKids.com」とYouTubeチャンネル「Star Wars Kids YouTube」を開設した。11月30日に番組を公開する。(2018/11/29)

NASA、「Insight」火星着陸をライブ配信へ(日本時間27日午前4時から)
米航空宇宙局(NASA)が今年5月に打ち上げた火星探査機「Insight」がいよいよ日本時間の27日午前に着陸する。NASAは日本時間の午前4時から1時間半にわたって公式サイトやYouTubeで着陸の様子をライブ配信する計画だ。(2018/11/26)

クラウド勤怠管理システムの選び方
クラウド勤怠管理システム各社の特徴や得意分野を、公式情報から探るコツ
クラウド勤怠管理システムのベンダー各社は、公式Webサイトの情報を充実させている。複数のベンダーが「シェア1位」をうたうなど、判断に迷う情報があるのも事実だ。膨大な情報を効率良く読むコツを紹介する。(2018/11/21)

「誤解を招く表現があった」 日本テレビが「イッテQ!」やらせ報道に見解、疑惑は否定
公式サイト上で文書を発表しました。(2018/11/8)

「温かく見守って頂ければ幸いです」 小池徹平、永夏子との結婚を公式サイトで発表 ファンから祝福の声
末永くお幸せに!(2018/11/8)

RIP SLYME、公式サイトが10月末で閉鎖へ 突然の報告にファンからは心配の声「解散だけはやめて」
2018年2月に公式通販サイトの閉鎖も発表されていました。(2018/10/30)

「しゅげぇ」「かわいい」ヤマハのバイクをあみぐるみと羊毛フェルトで作ろう! 公式サイトでレシピ公開、第1弾はNIKEN
手のひらサイズのNIKENかわいい。(2018/10/27)

沢田研二、公演直前の中止を公式サイトで謝罪 会場入りしていたダイヤモンド☆ユカイ「ガーーーン。残念」
チケットの払い戻し方法などは決定次第速やかに案内するとのこと。(2018/10/18)

懐かしの音楽プレーヤー「Winamp」、公式サイトが突如復活 クラウドやストリーミングに対応の最新バージョンを2019年に提供
スキンに凝ったあのころが再び?(2018/10/16)

ムーミンの「ニョロニョロの正体を突き止めました」 そっくりな形状のキノコが発見される
公式サイトにも「細いキノコのよう」との記述が……!(2018/10/16)

4年ぶり復活:
ホンダ、新型「INSIGHT」を先行公開 上質な走り・デザインを追求
ホンダが、今冬発売予定の新型「INSIGHT」の情報を公式Webサイトで先行公開。4年ぶりの復活となり、「走り、デザイン、安全性能、すべてにおいて上質を追求した」としている。(2018/10/5)

サンリオピューロランドに電子チケット導入 公式サイトで10月から販売
サンリオピューロランドが10月から電子チケットを導入する。購入した電子チケットをスマートフォンで提示するだけで入場できるようになる。(2018/9/28)

「そうではない方はそれなりに」:
富士フイルム、樹木希林さん出演のテレビCMを期間限定で公開 
9月15日に死去した女優の樹木希林さんをしのび、富士フイルムは樹木さんが過去に出演した同社のテレビCMの一部を公式Webサイト上に公開。10月14日までの期間限定。(2018/9/28)

スピン経済の歩き方:
過熱する「加熱式たばこ」競争が、“個人情報争奪戦”になってしまう理由
加熱式たばこ「glo」「IQOS」「Ploom TECH」のCMを見たことがある人も多いかと思うが、ちょっと気になることがある。公式Webサイトに飛んで、情報を得ようとすると「個人情報」を求められるのだ。どういうことかというと……。(2018/9/18)

「iPhone XS」発表イベントの公式写真 ティム・クックCEOより先に登場する謎の日本人女性は誰?
Apple公式サイトのニュースでティム・クックCEOよりも上に登場している日本人女性がいる。この美女はいったい……。(2018/9/14)

「iPhone XS Max」512GBモデルは16万4800円(税別)
Apple公式サイトで「iPhone XS」「iPhone XS Max」の価格が確認できる。(2018/9/13)

「XS Max」?:
Apple、新型iPhone3機種か 公式サイトから情報漏えいとの報道
Appleは新型「iPhone」3機種を公表する見通しだ。(2018/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。