ニュース
» 2017年12月06日 19時56分 公開

8Kモニターで写真がうまくなる!? プロカメラマン西尾豪氏の提案

デル主催のセミナーにプロカメラマンの西尾豪氏が登壇し、8Kモニター「UP3218K」の使い勝手を紹介した。あまりに精細で、アップを表示するとモデルさんに嫌がられるという。

[ITmedia]

 デルが12月6日に主催したセミナーにプロカメラマンの西尾豪氏が登壇し、今年7月発売の8Kモニター「UP3218K」の使い方を紹介した。西尾氏は広告撮影を中心に肖像写真を手掛け、「普段はもっぱら女性のポートレートを撮影している」。カメラ雑誌への寄稿や各種カメラセミナーの講師など活動範囲は幅広い。

プロカメラマンの西尾豪氏と8Kモニター「UP3218K」。価格は49万8800円(税別、送料込み)

 デルが今年7月に発売した「UP3218K」は、31.5インチでフルHDの16倍となる8K解像度(7680×4320ピクセル)を実現した液晶モニターだ。高画素化が進んだデジタルカメラの写真を実解像度に近い状態で表示できる数少ないデバイスで、西尾氏によると作業効率が大幅に向上したという。「今までのモニターでは全体像と一部の拡大を繰り返して確認作業を進めていたが、8Kモニターでは拡大が必要ないことも多い。作業効率は上がり、作業ミスは減った」(西尾氏)

4200万画素(42Mピクセル)のカメラで撮影した写真(7952×5304ピクセル)も実際に近い解像度で表示できる

 また画素密度が280ppi(インチあたりのピクセル数)と15インチ4Kディスプレイを搭載したノートPCに近く、普段同クラスのPCを使っている人なら違和感なく使えることもポイントだ。色域は、職業カメラマンにとっては必須となるAdobe RGBやsRGBを100%カバー。画面を回転することもできるため、縦位置で撮影した写真も大きく表示できる。

縦位置の写真を表示したところ

 インタフェースは、8K/60Hz伝送に対応したDisplayPort 1.4が2端子。不可逆圧縮のDSC(Display Stream Compression) 1.2を伴うため、伝送後のデータは元画像と完全に同じではないものの、作業上の問題はないという。むしろ「写真をアップにすると化粧くずれや肌荒れまで見えてしまい、モデルさんに不評。そこは気を付けて」

DisplayPort 1.4を2つ装備
化粧くずれや肌荒れまで見えてしまい、モデルさんに嫌がられたこともあるという

 西尾氏は、「カメラ好きはカメラやレンズには投資するが、PC環境への投資も大事。プロカメラマンはもちろん、ハイアマチュアの方も、カメラの画質や解像力を知る上で必要な設備だと思う」と指摘。「8Kモニターで写真を編集、鑑賞することで、改善するべき点も自然に分かる。写真がうまくなるポイントではないか」と話していた。

関連キーワード

カメラ | 8K | 写真 | カメラマン | 画素数 | DisplayPort | Adobe RGB | sRGB


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう