ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「A5526K」最新記事一覧

「W44K II」「A5526K」開発陣インタビュー:
“スリムなau端末”を担う京セラのベストスリムゾーン戦術
人気の薄型端末「W44K」のマイナーチェンジモデル「W44K II」と、そのコンセプトを継承した1X端末の「A5526K」。薄さと使いやすさを併せ持ち、幅広い層に支持がある両端末について、開発背景を担当者に聞いた。(2007/9/11)

「W44K II」「A5526K」、新規価格は1万円前後
auの京セラ製スリムケータイ「W44K II」と「A5526K」が都内量販店の店頭に並んだ。新規価格はW44K IIが9240円、A5526Kが1万290円でどちらも1万円前後となっている。(2007/6/1)

KDDI、京セラ製「W44K II」「A5526K」を5月末から順次発売
KDDIは、京セラ製WIN端末「W44K II」を5月30日から、同1X端末「A5526K」を5月31日から順次発売すると発表した。(2007/5/30)

厚さ14.7ミリ、スリムなフレンドリーケータイ──「A5526K」
“簡単”“安心”“使いやすい”がコンセプトのスリムケータイ「A5526K」。スリムなボディに8つの“でか”機能を搭載した。(2007/5/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。