ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「A5526K」最新記事一覧

「W44K II」「A5526K」開発陣インタビュー:
“スリムなau端末”を担う京セラのベストスリムゾーン戦術
人気の薄型端末「W44K」のマイナーチェンジモデル「W44K II」と、そのコンセプトを継承した1X端末の「A5526K」。薄さと使いやすさを併せ持ち、幅広い層に支持がある両端末について、開発背景を担当者に聞いた。(2007/9/11)

「W44K II」「A5526K」、新規価格は1万円前後
auの京セラ製スリムケータイ「W44K II」と「A5526K」が都内量販店の店頭に並んだ。新規価格はW44K IIが9240円、A5526Kが1万290円でどちらも1万円前後となっている。(2007/6/1)

KDDI、京セラ製「W44K II」「A5526K」を5月末から順次発売
KDDIは、京セラ製WIN端末「W44K II」を5月30日から、同1X端末「A5526K」を5月31日から順次発売すると発表した。(2007/5/30)

厚さ14.7ミリ、スリムなフレンドリーケータイ──「A5526K」
“簡単”“安心”“使いやすい”がコンセプトのスリムケータイ「A5526K」。スリムなボディに8つの“でか”機能を搭載した。(2007/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。