ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W51S」最新記事一覧

auの「W51S」に、マナーモード中に音が鳴るなどの不具合──ソフト更新を実施
auのソニー・エリクソン製端末「W51S」に、GPS情報取得に失敗する、マナーモード中であっても音が鳴ってしまうなどの不具合が判明。6日からケータイアップデートを開始した。(2007/11/6)

「W51S」開発陣インタビュー:
猫好きなので“どらメニュー”を作りました──美しさ+ユニークさを持った「W51S」
スクエア形状の薄型ボディ、背面に浮かび上がるようなアイコンのイルミネーション──こんな装いで登場したのがソニエリの「W51S」。人気を博した「W43S」の後継機種として登場したこの端末は、どのような狙いで開発されたのか。コンセプトやディテールのこだわりについて開発陣に聞いた。(2007/3/22)

「W51S」の“ここ”が知りたい(1):
イルミの演出はどう変わったのか?──「W51S」
端末背面のLEDを利用したイルミネーションの演出が好評を博しているソニー・エリクソン・モバイル製のWIN端末「W51S」。その演出はどう変化したのか。(2007/3/13)

モバイルSuicaに、ドコモの「SH903iTV」「SO703i」、auの「W51S」が対応
JR東日本は、ドコモの「SH903iTV」「SO703i」と、auの「W51S」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/3/5)

エレガントケータイ「W51S」とローティーン向け端末「Sweets cute」発売──2月23日から
KDDIは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「W51S」と、ローティーンの女の子をターゲットにした三洋電機製の「Sweets cute」を、2月23日から順次発売する。(2007/2/22)

15人の沢尻エリカが“Be a Beauty”──「W51S」新CM発表会
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、auから発売される新端末「W51S」のプロモーションとして“Be a Beauty”キャンペーンを実施。これに伴い、沢尻エリカさんの出演する新CMの発表会を開催した。(2007/2/14)

写真で解説する「W51S」
「すべてのあなたに美しいケータイ」──ソニー・エリクソン・モバイル製の「W51S」は、シンプルでスクエア、スリムな筐体に美的なイメージと高画質・高音質を盛り込んだ、W43Sの後継機として登場する。(2007/1/18)

スリム&スクエアのエレガントケータイ──光りの演出も新しくなった「W51S」
「スリム、スクエア、おしゃれ」──それほど高機能は求めないが、所持する携帯のデザインにはこだわりたい。「W51S」そんなユーザーをターゲットにするエントリーモデルだ。(2007/1/16)

FOMA5機種・auのW5xシリーズなど、計9機種がJATE通過
ドコモの「FOMA D800iDS」や「FOMA UM01-F」、ソニエリ製の「SO703i」「W51S」、シャープ製「812SH/813SH」などがJATEを通過した。(2007/1/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。